« 朝も夜も、記憶の抽斗 | トップページ | 時代に逆行 »

2009年2月26日 (木)

危なかった

昨日、録音したのを再修正してました。一度、自己校正して、修正済みのもの。2時間ぐらいの分量です。もう一度聞いたら、やはりまだ気になるところが何箇所ある。どうせ、校正でチェックが入るなら、できるだけ直しておこう。殊勝なことを考えて、やっていたら、3箇所目を修正したところで、あら、いつの間にか上書きモードになってて、以降の50分ぐらいが消えてしまいました。前に同じ失敗をして、校正する時は必ずパンチインに切り替えてやってたのに、どうしてだ?

パンチインで修正するときに、削除範囲を指定せずに「なし」でやってます。そのほうが、修正前・修正後の比較が出来る。1回でうまく行かない時は、そのまま続けて、何回か入れてます。あとで一気に削除するときに目印にマークを入れてる。どうも、マークのチェックのときに、間違えて、横にある「上書き・パンチイン」をマウスで触ったようです。エーン、エン。でも、大丈夫。この頃、作業を終える時は、外付けハードディスクに落とすようにしてます。おととい遅くなったので、面倒だなあと思ったんだけど、ちゃんと落としたんだよね。面倒がらずにやった自分をいい子いい子したい気分です。また同じ間違いをしてはいけない。これから。マーク・ページのチェックは、キーでやるようにします。いろいろ失敗もしてるけど、失敗を重ねて、だんだんそれに対応するようになってるなあ。いい子、いい子。

|

« 朝も夜も、記憶の抽斗 | トップページ | 時代に逆行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/44172285

この記事へのトラックバック一覧です: 危なかった:

« 朝も夜も、記憶の抽斗 | トップページ | 時代に逆行 »