« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

録音図書デビュー

先日仕上げた録音図書、昨日発送した利用者へのお知らせの中に紹介されてました。完成図書のお知らせ、今月は12冊でした。この本、テープ図書としては12月中旬過ぎに完成作業をしました。それで、利用者へのお知らせは2月末。結構、時間がかかってます。利用者へのお知らせは、テープ・CD揃ってからです。出来上がる蔵書が多いとデジタル化も順番待ちになるし、今回は正月休みも入ってるものね。デジタル化の作業もわかってきたので、納得してます。今の時点の広報は、地元の利用者のみ。何ヶ月かすると、国会図書館とか、ないーぶネットに載ることになる。12冊のラインナップを見ると、やはり、人気のあるのは時代物かな。

4月からデジタル録音スタート。校正の受付も始まります。これからは、CDのみと言う録音図書も出来ることになる。今まではテープのみ、テープ・CD両方あるものの2本立てだったんだけど、これからCDのみも加わって、3本立てになる。ややこしいなあ。でも、録音する側としては、いったん、デジタル録音をやると、もうテープ録音はやる気がしません。聞くほうも、CDのほうがテープより聞きやすいし、使いやすいと思う。いろいろお知らせしたり、説明会などももたれてるので、今よりもっと普及するといいんだけど(CDは、普通のデッキでは聞けません。デージー図書専用のもの。補助があるので、利用者の方たちは、格安に入手できます)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

時代に逆行

先日、所用を済ませて帰ってきた相方、待ち時間に日経新聞を読んでたとの事。私も、銀行の待ち時間、日経をパラパラとめくってます。今まで取ってた新聞、楽しみにしていた日曜版が薄っぺらになってしまったし、なんとなくつまらない。この際、替えようかということになりました。早速、新聞店に電話。話の成り行きで、2月いっぱいは2紙入れてくれることになり、1週間ほどになります。最近は、ニュースはテレビやネットで十分、新聞を取らない家も増えてると聞くけど、我家は時代に逆行して、今のところ、2紙に目を通してます。

世の中でおこってることはひとつだと思うのに、新聞によって、記事の大小、内容、違ってくるものですね。なんか、それぞれ違う世界のニュースのようです。2紙見てるとそれなりに面白い。3月から日経だけになると、地元のニュースがわからなくなるかな。2紙とってもいいんだけど、古新聞、あっという間にたまるし、しばるのは私の役目だしなあ。日経だけで不都合があったら、どうするか考えることにしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

危なかった

昨日、録音したのを再修正してました。一度、自己校正して、修正済みのもの。2時間ぐらいの分量です。もう一度聞いたら、やはりまだ気になるところが何箇所ある。どうせ、校正でチェックが入るなら、できるだけ直しておこう。殊勝なことを考えて、やっていたら、3箇所目を修正したところで、あら、いつの間にか上書きモードになってて、以降の50分ぐらいが消えてしまいました。前に同じ失敗をして、校正する時は必ずパンチインに切り替えてやってたのに、どうしてだ?

パンチインで修正するときに、削除範囲を指定せずに「なし」でやってます。そのほうが、修正前・修正後の比較が出来る。1回でうまく行かない時は、そのまま続けて、何回か入れてます。あとで一気に削除するときに目印にマークを入れてる。どうも、マークのチェックのときに、間違えて、横にある「上書き・パンチイン」をマウスで触ったようです。エーン、エン。でも、大丈夫。この頃、作業を終える時は、外付けハードディスクに落とすようにしてます。おととい遅くなったので、面倒だなあと思ったんだけど、ちゃんと落としたんだよね。面倒がらずにやった自分をいい子いい子したい気分です。また同じ間違いをしてはいけない。これから。マーク・ページのチェックは、キーでやるようにします。いろいろ失敗もしてるけど、失敗を重ねて、だんだんそれに対応するようになってるなあ。いい子、いい子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

朝も夜も、記憶の抽斗

「おくりびと」、いろいろ話題になってます。ワイドショーでは枝葉末節まで、事細かに伝えてます。昨日の朝、ご飯を食べながら、そんなことを話してたら、「寿司食いねえを歌ってたんだよね」と、話はそっちに行きました。なんていうグループだっけと聞かれたけど、何だっけ。思い出せません。気になって仕方がない。頭の中で、アイウエオと五十音を並べていけばどこかで行き当たるはずなのに、かすりもしない。ウ~ン、何だっけ。しばらく、考えていたら、そうだ、シブガキ隊だ。思い出しました。スッキリしました。

夜は、途中から、「どろろ」を見てました。たまたまチャンネルをあわせただけのいい加減な見方です。主演クラスの俳優さんは大体わかる。最後のほうで出てきた多宝丸を演じた俳優さん、見覚えがあるのに誰だかわからない。この人、誰だっけと気になって仕方がない。映画はあまり見に行かないし、このところテレビドラマもそんなにみてません。ウ~ン、この人は・・・頭の隅でひっかかかりながら見てました。結局わからない。エンドロール見てたら、瑛太と名前が出てきました。そこでやっとわかりました。篤姫で、小松帯刀をやった人だ(他にも活躍されてるんでしょうが、私の中では小松帯刀)。昨日はダブルヘッダーで、記憶の抽斗の中で探し物をしてました。これからダブルヘッダーどころか、日に何回もということになるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

2年連続・惜しい

面倒なことは出来るだけ先送りしたい性分です。でも、そんなことを言ってると、締め切り間際にバタバタする事になる。今週中に、確定申告の書類を作ることにします。家庭内受注で、毎年、この時期、やることになります。

医療費の領収書、ドサッとあります。医療機関ごとに仕分けて、小計を出してまとめてみれば、計99.170円也。確か、去年は98.000円ぐらいだったような気がする。2年連続で、もう少しというところだなあ。医療費控除、10万以上が対象で、10万越した分の1割が安くなるだけだから、そんなに口惜しがることもないんだけど。11万で、千円。101.000円で、百円だなあ(我家は税金は1割負担です)。百円安くなるだけなら、集計の手間、領収書送る追加分の切手代を考えると間尺にあいません。今、盛んに、電子申告のPRをしてるけど、紙ベースOKの間は、このまま続けます。でも、年を重ねていって、自分でやるの面倒ということになったらどうするのかな。もっとも、その頃は年金からしっかり税金徴収するシステムになってて、申告する必要ないか。あるいは年金制度が崩壊して、申告すべき収入がないとか、イヤイヤ、日本そのものがなくなってるとか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

変な音

昨日、録音してたら、変な音がします。気のせいかと思ったけど、そうじゃない。パソコンの雑音かなと思って、ヘッドフォン外したら、さっきより音が聞こえる。それでも、かすかな音量です。どこから聞こえる音なんだ。パソコン本体に耳を近づけても聞こえない。ウ~ム、わからない。どっしりと座ったら、自分の後ろから聞こえてくる。音の発生源は、白湯を入れた小さな水筒でした。ふたをちょっと緩めたら、静かになりました。ちょっとの音でも気になるもんですね。

今朝のラジオで、短歌のコーナーがありました。アナウンサーが話してる合間に、選者の方が喉を気にして、何回かつばを飲む音が聞こえました。緊張するもんねえ。今まで気にならなかった音も聞こえるようになってるかも知れない。選者の方に物申すのもなんですが、読み方に癖があって、とても気になる方がいました。あら、今日はいつもの読みと違って気にならないと思ったんだけど、その方とは違う方なのかな。短歌にしても、俳句にしても、聞くほうの好き好きがあるものね。自分にピッタリと来る読みだとスンナリ聞けるんだけど、ちょっと気になるとダメです(前回の俳句王国の、美人の選者の方の読みは、私にはどうもでした)。でも、そんな事言ったら、本をまるまる1冊読む録音図書はどうなるんだ。気にしだすと、深みにはまるんでこのへんにしておこう。キュルキュルという変な雑音の正体はわかったので、その音だけは入らなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

プレシーズン・マッチ

昨日のジュビロ×エスパルス、2対1でエスパルス。後半44分から2点連取されたようです。ウ~ン、今年も去年と同じなのかな。嫌な予感(結果だけしか見てないので、ゲーム内容は全くわかりませんが)。Jリーグ開幕したら、どんな展開になるんでしょうか。それより、チーム便りで気になることがあります。去年も、今年も同じことを思いました。この時期より少し前の練習内容です。エスパルスは、山道を何本もダッシュしたり、ひたすら体力づくりをし、ジュビロはミニゲームをやってます。切れのいい試合をやってたエスパルスはしっかり体力づくりをしてます。ジュビロ、去年の試合、後半、ガタッと動きが落ちて、逆転されるというパターンが多かったんだけど、体力づくりをしなくていいのかしら。それとも、どこを切り取るかという取材陣の目線なのかしら。ジュビロはパワーアップしてるのか、去年と同じなのか、それともパワーダウンか?

でも、主力4人がケガで欠場と書いてあるけど、ジュビロの主力って一体誰なんだろ、浮かんできません。4人のうち、川口、駒野はわかるけど、あとの2人は誰だろ。こんないい加減なのが書いてます。もし、ジュビロ・サポーターの目にとまったら、読み過ごしてくださいな。もう、今年はいっそのこと、広島を応援しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

温度差

お日さま暖房の我家は、雨の日は意気地がありません。昨日の夜は冷え込んで、今年の冬でいちばん寒かったような気がする。それでも、暖房は小さなコタツひとつだけだけど。明けて今朝7時。外は2度でした。1階は12度、2階は14度。上と下で2度の差があるんだ。まだガスも何も使わない、そのままの温度です。外零度の朝もあったから、一番の冷え込みというわけでもないのね。この家を建てたころ、熱心に、温度を計ってた頃があるんだけど、この頃はもう気に留めなくなってます。今年の冬は一度もエアコン入れてないなあ。それだけ、温暖化してるということですかね。

特に予定のないお天気のいい日は、南側の窓辺に座るともう動けなくなる。ポカポカと気持ちがいい。窓辺にたって、ほんのちょっと本をペラペラめくってると、そのまま立ち読みなんてこともあります。それに比べるとパソコンは北側の部屋においてあるんでちょっと寒い。ノートパソコンだったら、南側で1日中過ごしてるだろうなあ。小さくて、家全体がワンルームみたいなつくりなんだけど、1階と2階、南と北では暖かさが違います。南側には何も置いてないから、寝そべって本を読んだり、背中にお日さまを受けてボーッとしてたりという仕儀になります。怠け者仕様の家かな。もっとも、そんなことをしてるのは私だけで、相方はいつも通り出かけていったから、怠け者は私ひとりなんだけど。今日はヌクヌク、のんびり日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

いろんなトラブル

デジタル録音を始めるべく、必要なものを揃えた人が増えてきて、いろいろ困ってる事例を耳にするようになりました。音声ガイドが出なかったり、音切れしたり、サウンドデバイスをかませたほうが反って雑音が出るなんて人もあるみたいです。詳しい人が相談に乗って、解決できたり、原因がまだわからないままだったりで、いろいろです。どうも、トラブル起きてるのは全部ビスタみたい。XPでは音訳ソフト他、動作確認十分してあるはずだものね。サウンドデバイスとパソコンとの相性もあるのかな。サウンドデバイス、貸出用が何種類かあるので、念のため、自分のパソコンで試してから買ってくださいといってました。

私、パソコン、買おうと思ってたんだよね。当然ビスタになるから、パソコン買ってたら今頃困ってだろうな。おかげさまで、トラブルなく、録音は進んでます。順調にと書けるといいんだけど、相変わらず、カメさんペース。語尾にチッと音が入らない読み方を試行錯誤してます。今。7割ぐらいOKかな。変なところに気を取られてるので、おかしな読み方になってるかも。しかし、一度、物にしちゃえば、雑音をカットする手間がなくなるわけだから、今のうちに何とかしよう。

昨日あった蔵書関連の部会では、デジタル部に入ってるのが、私と、もうひとり大先輩のふたりでした。質問というほどではないんだけど、あれこれ聞かれて、大先輩ではなく私が答えてました。何もわかってないのに、知ったかぶりして答えて、アタシャ、詐欺師の才能があるかも。(間違ったことは言ってないから、大丈夫と思うんだけど)。そもそも、私に聞くのが間違いよ。
2月22日付記
プレクストークのホームページに、PRS proの仕様の項で、ビスタ対応に関する情報が載ってますね。私、ビスタじゃないのに、好奇心を出して読んじゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

リスの死

出先の用事で銀行に出かける途中、敷地内の下水枡に何か浮いてました。こんなところに藻が発生すると詰まっちゃうとよくよく見たら、頭、胴体、尻尾、足があります。多分、リスだと思う。上には細かな格子がはまってます。ちょっと離れたところで犬に追い立てられて、下水パイプに入り込んで、出られなくなったのかな。死後、どのぐらい経ってるんだろう。銀行から帰って、そこのオクサマに、「あまりいい話じゃないんだけど」と報告しました。彼女、掃除の人に始末を頼んでました。

掃除のオバサン、「見つからないけど、どこ」と言ってます。発見した手前、出向きました。「ほら、ここ、ここ」と指差したら、「よく、こんな所の見つけたね」と感心されました。確かに、普通に歩いてたら、目をとめる所じゃない。どうして目が行ったんだろ。リスが何か発信してたのかしら。帰る時も、そのオバサンに、「あのままだとひどいことになってたから、見つけてくれてありがとね」とお礼を言われました。

自分ちの庭でネズミの死骸を見たことはあるけど、リスは初めて。大きな木の枝を飛び回ってるのを時々見たから、そのリスに違いない。2匹で追っかけっこしてるのを見たけど、何匹いるんだろう。リスの生態って、全然知らないけど、いつ頃、子供を生んで、何年ぐらい生きるんだろ。今日のリスは事故死だな。でも、野生の生き物で、寿命を全うするというのは難しい。みんな、事故死のような気がする。ともあれ、冥福を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

返せ!

昨日1日家に居たら、いろんな電話がかかってきました。よくかかってくる電話番号は登録してあります。誰かわからない電話は、セールスのことが多いんだけど、中にはちゃんとした用事の電話もあるから出ないわけには行かない。ネットの通信料が安くなるというのは定期的にかかってきます。「もう、お電話いただきませんように」と毎度断わってるんだけど、効果ないなあ。昨日も、その旨言ったら、「あ、わかる方がいらっしゃらないんですね」という返事。ハイ、我家にはわかるものはおりませんのよ。そのほかにもあれやこれやのセールス。中には必要な用件の電話もいくつかあり、しかるべく処理して、電話番みたいな日でした。

一段落したところで、また電話。今度はFAXです。どんな内容かと思ったら、チェーン店説明会のお知らせです。焼肉屋、しゃぶしゃぶ屋、介護施設の3つの元締めのようです。でも、自分の会社のPRをするのに、客筋の、FAX用紙を使うというのは筋違いじゃないんだろうか。かかってくる電話も時間が取られるんだけど、30センチ分のFAXを目にすると、この用紙を返せという気分になります。どの名簿から番号を拾ってるか知らないけど、こっちで資料くださいと頼んだわけじゃない。葉書なり手紙なりにして、ちゃんと費用はそっち持ちにしなさいよ。このFAX、さあ、録音態勢に入りました。やっといつものペースというところで入ったので、尚更、機嫌は悪いのです。焼肉屋、しゃぶしゃぶ屋、介護施設。どのチェーン店もやる気はないしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

雑音がひどい

デジタル録音を始めて何がいいといって、周りの雑音を拾わなくなった。その代わり、自分の出してる雑音がメチャクチャ気になります。語尾にからむ音がとにかく気になる。テープ録音のときも、同じだったんだろうな。語尾がスッとおさまらないで、「・・・しました」、「・・・です」のあと、音がしてる(息の音ではなく)。癖なのか、年令のせいなのか、どっちなんだろ。どこをどう変えたのかわからないんだけど、いろいろやってみたら、かなりよくなりました。それでも気になるところは音を消してます。音によっては、文頭にも音がからむ。それも、頭の余分な所をカットするときれいな音になるんだけど、ほんとにこんなのが録音してていいのかしら。スピーカーの調子が悪くなったんで、ヘッドフォンに変えました。そのせいで今までより音がクリアに聞こえるというせいもあるとは思うんだけど。

気になる雑音は消してるんだけど、許容範囲はどのへんなんだろ。反対に、どこまでいじっていいのかという気もしてます。「ここでもうちょっと間があると良かったのに」と思っても、テープの時は、自分の読みそのままで通すしかなかったけど、デジタルは、文節の間も、段落の間も自由にいじれます。フレーズ分割したり、間を挿入させたところは、痕跡を消して提出しようかしらなどと、余分なことを考えてます。何しろ、好き放題にいじってます。手探り状態で始めたんでと言い訳しつつ、いじりすぎと自覚してます。校正者の方たちもこれからすりあわせをするのかな。蔵書仕上げてからじゃなく、途中提出の形になるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

厄除け団子

昨日、午前中いろいろ用事を済ませて、気分転換に梅を見に行こうということになりました。お目当ては、何年か前にたまたま立ち寄った神社の見事な梅園。そんなに遠くないしちょうどいいだろうと足を伸ばしたら、かなり前から、すごい車の列。こんなに混んでるんだ。気が長くない私達、さっさと見切りをつけました。

ドライブに来たと思えばいいやと、適当に車を転がしてたら、山道に紅梅がずーっと続いてます。引き込まれるようにそちらに入りました。入園料払って梅を見るより、ずっと風情があります。ひとしきり梅を楽しんだあと、ところで私達はどこを走ってるんだ。桃源郷に迷い込むのかしら。ナビを見ても、何の表示もなく、道が1本出てるだけ。迷ってもどこかに出るだろうとずっと走ってたら、いつも年明けにお参りに来るお寺さんの裏に出ました。なるほど、山ひとつ外れたところを走ってたんだ。
いつも1月中に来る事にしてるのに、今年はあれこれ取り紛れてそのままになってました。神社の梅は見れなかったけど。山道の梅に道を示されて、お寺参りとなりました。参詣の石段で息が上がったけど、何とかたどり着きました。厄除け団子をお土産に思わぬ1日になりました。1年に1度の厄除け団子、おいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

消えた言葉

今日のNHK俳句の兼題は「春月」でした。季節がおかしくなってるようで、昨日は真夏日なんてニュースもありました。春月といわれてもピンと来ないけど、兼題で遊ぶんだからいいのかな。来週の兼題は「雪解」だしねえ。

ゲストは歌人の佐佐木幸綱氏。
「それぞれに春月得たる別れかな」 この句の評をしているところで、ちょっとした事件。画面は句を映していて、下に小さな画面で、佐佐木氏を抜いてました。この別れがカップルか、それとも、この頃はリストラが多いからといったあと、ちゃんと口は動いてるのに、言葉が消えてました。数語消えた後は、そのまま、佐佐木氏の話でつながりました。何か不穏当なことを言ったのかしら。生放送ということはないから、しかるべく処理したと思うんだけど(私の想像に過ぎないんですけどね)。何を言ったんだろうと妄想は膨らむばかり。そんなほうに関心が行ってたので、肝心の俳句のほうはお留守になってしまいました。

今晩、月を見上げて、「春月」で一句といきましょうか。でも、そんな事はすっかり忘れて、「太王四神記」を見てそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

エラー続き

昨日は、エラー続きでした。既刊図書のデジタル化をしてます。始めてすぐの時も、私が使った後、パソコンたちあがらなくなって、結構な修理費用かかったけど、トラブル体質なのかしら。
いろいろ処理して、先週、ビルドブック終了。昨日は、DVDとCDに書き込む予定でした。まずは、それぞれに、題名を印字。それからDVDをセットし書き込みを始めたら、途中でトラブルあった旨のメッセージがありました。もう、こうなると私はわからない。先輩に見てもらいました。DVDに汚れがあり、そこで止まった様子との事。確かに書き込み面に汚れがある。私が汚したのかしら。1枚、パーにしてしまいました。すみません。もう1度、題名を印字して、再度トライ。今度はちゃんと書きこめました。それからCD、マニュアルどおりにやったのに、今度は、CDが入ってないとエラーメッセージ。う~ん、どうしてなんだ。何回やってもダメ。またもやSOSを出して、みてもらいました。いったんソフトを終了してからやったり、時間をかけてやったり、先輩が何回かやってくれたのに、同じ結果。原因不明です。仕方ないので、ファイルを他のパソコンに移して、CDに書き込み終了(私はもうこのあたりでヘロヘロになり、やってもらいました)。
なんで、こんなにトラブルあるのかなあ。大して作業は進まなかったのに、ドッと疲れて帰って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

のんびり時間

このところ、盛んに鳥の声がします。入れかわりたちかわり、いろんな鳥が来てくれるので、居ながらにしてバードウオッチングをしてます。。日によって、鳥の種類は違うんだけど、ちゃんとわかるのは、雀と鳩とヒヨドリぐらいかな。多分、山茶花に来てるのは鶯だと思う。雀より一回り大きくて、嘴が鮮やかな黄色、頬が白いのはなんだろう。あとで野鳥図鑑を見てみよう、とりあえず写真に取っておこうと思ってたら、飛んでいってしまいました。この辺、田舎だし、我家のチビ庭は、雑草も伸び放題で自然のまま。土の中に生き物が沢山いるみたいで、鳥がよく来ます。バードウオッチングなんてのんびりしたことを言ってるうちはいいけど、電線に渡り鳥がズラッと並んで、一斉にフンを落とされた日には災難ですけどね。幸い、我家は、のんびり、バードウオッチング状態。時々窓の近くにたって見てます。猫もよく歩いてるけど、鳥のほうで警戒してるから大丈夫なのかな。

ある日、あまり鳥が騒ぐので見に行ったら、木の下に大きな蛇がいたことがありました。裏に石垣があるんで、蛇もよくいるんですよね。猫も野良猫だし、蛇、カエル、ミミズから始まって、かなりいろんな生き物がいると思う。我家の庭は、どんな生態ピラミッドになってるんだろう。雑草が生えるに任せているのもいいかもしれない。ズボラな住人も、思わぬところで貢献してるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

面白いの・面白くないの

芥川賞受賞作の「ポストスライムの舟」、読み始めた時は、とっつきやすそうな文章と思ったんだけど、読み進むうちに、どこが面白いんだろうと思い、読んでました。やっぱり、芥川賞とは相性が悪いみたいです。選評読むと、とても褒めてあるから、私にはわからないってことなんでしょうね。今年の、「悼む人」、「利休にたずねよ」はどんな作品か知らないけど、毎年、直木賞受賞作のほうが面白く読めます。そういいながら芥川賞受賞作が載ってる文藝春秋を買ってるのは、文藝春秋の仕掛けについうかうかと乗ってるってことだなあ。

先日の中日新聞のコラムに、毎年、誕生日に本を1冊買うことに決めてるという記事がありました。それをズラッと並べると、その年、その年のことが浮かんでくるそうな。この一年、誕生日にいちばん近い日に私が買ったのは、立川談春の「赤めだか」です。とても面白かった。一気に読みました。かといって、この一年が赤めだかでくくられても困るけど。「赤めだか」を読んだのに、肝心の談春の落語を一度も聞いたことがないなあ。談春が、小さん、米朝に教えてもらったというふたつの落語を聞きたいもんです。いや、それより、談志が「俺より良かった」と言った「包丁」を聞きたいなあ(赤めだか、友達に貸してしまい手許にないので、細かなところで間違いがあったらごめんなさい)。「赤めだか」はとても面白かったけど、談春の落語と赤めだかを比べると、さて、どちらが面白いんでありましょうや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

収支勘定

音訳を始めて、3年ぐらいだけど、かけた費用はどのぐらいなんだろう。まず録音デッキ購入、4万5千円余。勉強会や、蔵書の練習用に、60分・90分テープをかなり買ったし、NHKの通信講座も、結構な受講料です。アクセント辞典や大辞林や電子辞書も買ってるなあ。3年前は、当分テープ録音で行く予定ですから、録音デッキを買ってくださいなんて話だったのに、このたび、デジタル録音が始まることにあいなりました。別に録音デッキのままでもいいんだけど、新しいことを始めてみることにしました。
音訳ソフト18、900円。その他にサウンドデバイス、外付けハードディスクで2万5千円弱かな。パソコンは買わなくて良かったので助かりました。

こう書き出すとボランティアの出費としてはかなり多い。出費は多いんだけど、何より、時間を沢山使ってます。その時間を楽しむ為の必要経費と考えれば、十分元は取れてる勘定だけど。音訳始めたころ、「音訳は自分の楽しみのためにするものじゃないから、そこのところ間違わないように」と釘をさされたけど、私、楽しみでやってるような気がするなあ。利用者の聞きやすいものを作るというのは念頭においてるけど(出来てるかどうかは別として)。楽しみでやってるからこそ、この出費も納得してるんだけど、あなたの姿勢は間違ってるといわれたら、はい、そうですかとさっさと見切りをつけちゃいそうな気する。ややこしいこととは距離をおいて、能天気なプカプカ路線を行くことにしよう。せっかく、費用をかけたんだから、もう少し続けることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

今週の図書館滞在時間

図書館での活動時間は、午前中は10時から12時、午後は1時30分から3時30分というのが大体のパターンです。その2時間を1コマと計算すると、今週は何コマ、図書館にいることになるんだろう。結構な滞在時間になります。年度替わるたびに、減らそうと思うんだけど、いつの間にか元に戻ってというか、かえって増えて、自分で自分の首を絞めることになってます。

会の皆さん、他にもいろいろ活動してる方が多い様子。先日、「○○さんはほかに何かやってらっしゃるの」と聞かれました。「いえ、仕事だけで」といったら、「えっ、そうなの、仕事してるとは思わなかった」という反応でした。はい、これだけ図書館に来てると、誰も信じてくれません。それにボケーッとしてるから、仕事してるという雰囲気もないしねえ。ある日、スーツ姿で作業をしている方がいて、「あの方、午前中、仕事だからピシッと決まった服なのよね」といってる声が聞こえました。私も、午前中、仕事してきたんだけど、ジーンズにセーターという格好だったもんなあ。今日は、午前と午後とそれぞれ別の予定で、1日、図書館です。お弁当も水筒も持って、用意万端。それでは、いつもの着たきり雀バージョンで、行ってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

朝から、梨木香歩

家の中はすっきりしてるのが好きです。何の愛想もないくらいがちょうどいい。そうは思っているのですが、油断すると、いろいろ積み重ね状態になります。この頃、また部屋の中がゴチャゴチャしてきました。ちゃんとしましょと、片付けることにしました。ところがうまくは行かないもので~机の横の袋を手にしたら、梨木香歩の本が何冊か入ってる。まとめて貸していたのが、何日か前に帰ってきたものです。その中の「からくりからくさ」を手に取ったら、あっという間に30分ほど過ぎてしまいました。朝ご飯食べたあと、何もしないで本を読みふけってるなんてねえ。それも、自分の家の中だというのに立ち読みしてました。窓のそばで立ったまま読んでて、あっという間に30分です。

本を買うとどんどん増えてしまうので、できるだけ図書館で借りて読むようにしてます。自分で買うのは好きな作家の本だけなんだけど、ずっと手許におきたい本と、そうでないのと別れます。宮部みゆき、とても好きなんだけど、一度読んでしまうと、あんまり執着がない。「おそろし」も、友達の間をぐるっと回ったし、そろそろ図書館行きかな(ブックオフの駐車場はいつも混んでてなかなか入れないんです)。それに比べると、梨木香歩の本は手許に置いてます。

今日は家にいるけど、しなきゃいけないことがいろいろある。梨木香歩の本を読むのは30分で打ち止めにしよう。こんな風にブログを更新してるのも、時間を使うといえば使ってるんだけど、まあ、楽しみのうちということで~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

歳時記・入手

誕生日はとうに過ぎちゃったけど、自分で自分にプレゼント、歳時記を買って来ました。今まで、俳句の音訳のことを散々書いてたのに、歳時記も持ってなかったのといわれそうですが、はい、持ってなかったのであります。グーグルで検索して、用事を済ませていました。昨日、俳句王国をみて、今日は、NHK全国俳句大会をみました。NHK俳句テキストを音訳し始めたおかげで、片足の踝ぐらいまで、俳句の世界に入ってます。実作を始めれば、片足入れたと言えるんだけど、これがなかなか~ 

2年ぐらい、俳句の音訳してるだけなんだけど、俳句大会の壇上の選者のかたがた、ほとんど知ってる方ばかりでした。選者の中で、おふたり欠席の方がいました。風邪と足の怪我との事。お顔が浮かび、旧知の方へのように、お大事にと思いました。
NHK俳句の選者は、メンバーがかわるそうです。私、長谷川櫂さんのファンだったのになあ。残念。

歳時記は、ハンディ版・入門歳時記(大野林火監修。角川学芸出版)です。何がいいといって、季語も、俳句も、総ルビです。季語は、グーグルで調べれば、読みもかなりまでわかりますが、肝心の俳句はわからないことが多いんですよね。清音なのか濁音なのか、迷うことが多かった。例句も沢山載ってるので、とても助かるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

ヒエ~ッ、コーチ役?

昨日の午前中は、私はデジタル部員です。まだ作業がのろいので、チーム作業には加わらず、既刊図書のデジタル化をしてます。録音のほうは、4月からデジタル録音が始まります。それに向けての講習会や、マンツーマンのコーチも、デジタル部の仕事です。昨日、ひとり希望者があったのに、生憎、デジタル部の人たちは、それぞれ別の予定が入ってました。私のほうを向いて、「○○さん、教えてあげて」 とんでもない声がかかりました。エーッ、私が何にもわかってないこと、よくご存知じゃありませんか。「教えて貰ったとおりに言えば大丈夫。困ったことあったら声をかけて」と、先輩は他の会議室に行っちゃいました。

録音室で希望の方は待っているし、ま、何とかなるだろうと出向きました。「新米のデジタル部員ですみません」とお断りして、説明を始めました。そしたら、音訳ソフトは手許にあって、もう、録音してる方でした。録音したあと、校正に出すにはどうしたらいいか、そちらのほうがわからず、不安に思ってたみたいです。一応説明して、その後は、お互いに情報交換をしてました。先輩の用事が早く終わったので、「よくわかってる人に替わります」と途中でいったんだけど、いえ、このままでと、お座敷はかかったままでした。彼女の言うには、よくわかってる人の説明は早すぎてついていけないとの事、かえって、私くらいのたどたどしい説明のほうがわかりやすいみたいです。わかってる人は、自分のペースで話すから早すぎるんだと思う。私、わからない人の気持ちがわかるという存在価値があるかも。ページ付けの作業はちっとも進まなかったけど、面白い体験でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

素泊まりのお客様

「仕事でこちらにくるから、出来たら泊めて下さい」という連絡が、2,3日前にあり、昨夜、そのお客様が泊まりました。私もここ数日いろいろ用事があったので、バタバタとお布団の用意だけはしました。掃除が行きとどいてるとはいいがたいけど、そんな事は気にしないようにしよう。夜8時ごろ到着するので、夕飯もいらないし、ほんとに素泊まりのお客様です。もともと、気を使うようなお客様じゃないんだけど、この頃、ほんとに気を使わなくなりました。昨日もほっぽらかし状態。お布団だけ用意して、何か足りないものがあったら声をかけてくださいでオシマイ。かなり早い時間に寝息がして、グッスリやすまれたようです(なんせ、我家は、家全体がワンルームみたいなつくりなので、音はよく通るのです)。

先ほど、早めの新幹線に乗ると、帰っていかれました。お客様が来ても、普段とあまり変わらないペースだったんだけど、ひとつだけ、お客様の置き土産がありました。さっき、トイレに入ったら、便座があがってました。いつもと違うので、お客様が泊まったんだと変なところで実感しました。今日、シーツやパジャマを洗濯しちゃうと片付くんだけど、朝から強い風が吹いてます。外に干したら、物干し竿ごと持っていかれちゃいそうです。家にいる日に洗濯することにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

読む速さ・聞く速さ

今まで、テープ録音したのを自己校正する時は、等速で聞いてました。倍速、減速もあったんだけど、あまり使ったことなし。等速で聞いてさえ、いろいろトラブルがあったので、遊んでみようとは思いませんでした。今度のソフトは、0.75倍速、等速、1.5倍速、2倍速、3倍速と、5段階に聞く速さが設定できます。利用者の方は、結構速い設定で聞いてるとの事。私もいろんな設定で聞いてみました。
いちばん聞きやすいのは、1.5倍速かな。2倍速でも、内容はちゃんとわかります。3倍速だともうお手上げ。何を言ってるのかよくわかりません。(自分が読んでるので試しただけだけど)

私の読む早さ、ゆっくりめだと思います。発音不明瞭の音があるとか、助詞の音が消え気味とかいわれてるんで、ちゃんと発音しようと思うとゆっくりめになってしまいます。利用するほうで、速さは自由に設定できるんだから、いいにして貰おう。昨日。調べたいことがあって、ないーぶネットで検索しました。発行年月日が同じの全く同じ本なのに、出来上がり時間はずいぶん差がある。勿論、私の読んだのは、時間がかかってるほうでした。どうしてこんなにも差があるのと驚くようなのもありました。最短時間と最長時間のものを聞き比べたいくらいだけど、録音図書の利用は視覚障害者限定。音訳者が参考のために聞きたいと思っても聞けないのであります(と思うけど)。残念。別に聞いたからといって、自分の読むスピードが速くなるわけじゃないんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

口の中でボソボソゴニョゴニョ

明日は1日予定が入ってしまったので、出先の仕事を今日の午前中に変更しました。銀行で振り込むと振込料がかかるけど、郵便局かコンビニなら手数料かからないという用件がありました。銀行の横がコンビニ。当然、無料のほうに行きます。レジにいるのは若いオニイサン。お金を受け取って、しかるべき手続きをして、受取控えとレシートを渡す。流れはわかるので、大体、こんなことを言ってるんだろうなと見当はつくんだけど、何を言ってるのか、よくわからない。口の中で、ボソボソゴニョゴニョ独り言を言ってる感じです。どうして、声を前に出さないんだろ。客商売なんだからさ。

横にいる、コーチ役のオネエサンの普通の声が、とても元気よく聞こえました。新人のオニイサンは、どれぐらいすると、ちゃんと声が出るようになるんだろう。それとも、こういう仕事は向かないとすぐやめちゃうかな。

銀行は銀行で、いつも定期的にしていることを間違えるし、でも、銀行のオネエサンは、「申し訳ありませんでした」と、内容に即した声がちゃんと出てました。最近は、銀行窓口も正社員じゃないそうな。銀行のオネエサンとコンビニのオニイサン、時給はそれぞれどのぐらいなんだろう。ここで文句をつけてるオバサンより高いことは間違いないと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

ツノなし鬼さんの出番

今日は節分。相方も、某所で、鬼になるようです。我家には鬼さんセットが決まった場所においてあります。赤いシャツ、虎柄のパンツ、タイツなど。カツラは自前ではなく、先方のもので、宴会用の金髪のおふざけカツラのようです。この前、病院でみた鬼は、ちゃんと角が2本生えたカツラでした。それを見たら、スイッチが入ったようで、この前の日曜日、鬼のカツラをあちこち捜す羽目にになりましたした。私も、金魚のフンでお付き合い。いい年をしたのが、そんなのを捜してるとは、店員さんも思わなかったに違いない。残念ながらみつからなかったけど、ネットで捜せばあったのかな。

その鬼さんセット、昨日持って行ったのに、今朝もなにやらごそごそやってます。水泳パンツ2つと、長袖シャツ2枚出して、青鬼ならどっちがいいと聞かれました。もう、鬼さんセット持ってた筈と思ったら、今年は、もうひとり、鬼さんが増えるんだそうな。人の装束まで用意して、世話焼きだこと。赤鬼になるのか、青鬼になるのか知らないけど、そのままの格好で帰ってきてもらいたいもんです。鬼には「鬼は外」と豆をぶつけることになる。家の中に入れないことになっちゃいます。暖冬だとはいえ、外で寝るのは寒いだろうなあ。病院の豆撒きの鬼さんみたいに、「改心しました」と頭を下げるのかしら。頭を下げる相手は、当然、私ということにあいなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

お昼はラーメン

昨日のお昼は、新しくできたラーメン屋に行ってきました。車で10分ぐらいかな。開店したのはしばらく前です。我家は腰が重いので、行かないまま、いつの間にかなくなってるお店も多いです。昨日のラーメン屋は、元気そのもの。いきのいい若い男の子たちをそろえて、「イラッシャイマセ、ナントカ、カントカ」という言葉が始終店内に響いていました。別にやかましくはなく、元気な声の中にいる感じでした。でも、あんなに声出し続けていて、疲れないもんでしょうかねえ。

頼んだのは、醤油ラーメンと、味噌ラーメンと、餃子一皿。醤油と味噌を、途中でとっかえっこをしました。醤油ラーメンのほうがおいしかったかな。「エコにご協力ください」ということで、割り箸ではなく、普通の箸でした。今度行く時は、お箸を持ってたほうがいいねといいながら帰って来ました。蓮華は気にならないのに、どうしてお箸は気になるんでしょうね。

私達は早めに行ったから大丈夫だったけど、帰る頃には、順番を待っている人たちが沢山いました。ビールを飲んでる人も居たし、みんな結構な量を注文してました。不景気なんてどこの話よという混み具合でした。ラーメン屋だから、金額のしても、何千円の単位だと思うけど。若いオニイサンたちの元気な声を聞いて、エネルギーを貰ったような気分で帰って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

一足早い豆撒き

昨日、病院へお見舞いに行きました。用事を頼まれて、あちこちしていたら、エレベーターから、鬼のご一行様が出てきました。赤鬼2人、青鬼2人(鬼は、1匹、2匹かな)と着物姿の村娘。ロビーで待っている患者さんたちのもとに村娘が、「助けて、助けて」と走りこんでいきました。その後を鬼が追いかけていきます。村娘は、「悪い鬼に追われてるの。鬼をやっつけて」と頼んでます。患者さんたちの手許には、広告を丸めた紙つぶてが。ひとしきりキャーキャー。そのあと、鬼は、「改心しました」と一緒に、カメラにおさまってました。その階を済ませ、患者さんたちのもとを離れた鬼さんたちは、「さあ、上の階だ。この階はギャラリーが少なかったな」と言ってました。見てるの私だけだったもんね。村娘がナースシューズをはいてたのはご愛嬌だったけど、鬼さんはピタッと決まってました。若い人たちばかりで、ずいんぶん優しい顔した鬼さんたちだったけど。

夕方には、見事な虹を見ました。二重になってる虹。内側の虹は濃くて、外側はボンヤリ。目の錯覚じゃないよねと話してたんだけど、今日の朝刊に、見事な写真が載ってました。空気中の水滴の中で太陽光が二回反射すると、通常の輪の外側に、もうひとつ色の並びが逆の虹ができるそうな。内側が主虹(しゅこう)、外側が副虹(ふくこう)だそうです。

昨日は、鬼さん御一行と、二重の虹と、珍しいものをふたつ見ることが出来ました。今日はどんなことがあるかなと寝坊した頭で思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »