« ロバート・ボーンの声 | トップページ | キーボードの掃除 »

2009年1月 5日 (月)

餅の味

我家では、お餅は常備食、正月にいただく特別なものという感じが薄れてます。三が日の食事も、ちょっとお節が並ぶくらいで、いつもどおりの感じでした。昨日、新年初めてのお客様があり、お昼をご一緒しました。「お雑煮が食べたい、それだけあればいい」との事。買物はずっと生協だったんだけど、近くに24時間営業の大型スーパーが出来たんで、近場で用事を済ませることが多くなりました。最近食べてる、大型スーパーで買ったお餅、どうも味がいまいち。ボソッとしてて、伸びもない。せっかく、お雑煮を楽しみにしてるお客様が来るんだから、生協まで足を伸ばして、お餅を買うことにしました。どちらのお店も、買ったのは、山積みになってる、いちばん売れ筋の、多分いちばん安い商品です。

生協のお餅でお雑煮を作ったら、今までのと全然違う。旨い。気持ちいいほど伸びがいい。これを食べたら、大型スーパーの餅は、餅じゃないぞ。お客様は、雑煮を食べて満足してましたが、私達は、これがほんとの雑煮だと、それ以上に満足してました。しかし、どこの何を買うかによって、こんなに味が違うんだ。

今回は、値段も大して違わない商品の話なんだけど、富める人たちが食べてるのは、私達が食べてるのと、はなっから違うんでしょうかねえ。でも、お宅の食べてるのをちょっと味見させてと頼めるようなセレブも身近に居ないしなあ。身近に居たら、あまりに生活レベルが違って、それも大変だと思うけど。生協のお餅で感激してるくらいでちょうどいいか。

|

« ロバート・ボーンの声 | トップページ | キーボードの掃除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/43644758

この記事へのトラックバック一覧です: 餅の味:

« ロバート・ボーンの声 | トップページ | キーボードの掃除 »