« 隣保の葬儀 | トップページ | 下調べ、一応終了 »

2009年1月18日 (日)

融通無碍

昨日、三日目が終わった後、和尚さんのお話(お説教といった方がいいのかな)がありました。三日目のお経だと思っていたら、初七日のお経も一緒にあげたとの事。亡くなった方、ひとり暮らしで、ここ数年は老人ホームで暮らしてました。お子さん達は、みな、遠くで暮らしています。七日七日のお経に来るのは大変だなと思ってたら、ふた七日、み七日・・・と、全部お寺さんでやってくれるそうです。七日ごとのお経には来れなくても、自分の暮らしているところで、故人のことを思ってくれればいいとの事。へえ、お寺さんも、杓子定規なことはいわないで、融通をきかせてくれるようになったんだ。七日毎のお経についても説明してくれて、なるほど、そういうことなんだと思ったんだけど、ここに書くと間違ったことを書きそう。興味のある方は、お寺さんで聞いてください。

精進落としが終わった後、「どうぞ、花をお持ちください」と言われ、沢山いただいてきました。実家のお寺は先週行ったのに、こちらのお寺はまだ正月の花のまま。ちょうどいいと、先ほど、お寺に行ってきました。いつもは庭の青物で済ませてるのに、豪華な花を供えたから、お墓の中で眠ってる人たちはビックリしてるかも。お花、とても沢山いただいたので、遠い親戚のお墓にも、お花を供えてきました。この家も、お子さん達、遠くにいらっしゃるので、時々、お花を入れることにしてます。ついで参りはいけないとか聞いたことがあるけど、お寺さんもむずかしいこといわないんだから、いいにして貰おう。

|

« 隣保の葬儀 | トップページ | 下調べ、一応終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/43774764

この記事へのトラックバック一覧です: 融通無碍:

« 隣保の葬儀 | トップページ | 下調べ、一応終了 »