« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

家電芸人スペシャル

年末のテレビはつまらない番組ばかりとチャンネルを変えてたら、「家電芸人スペシャル」にはまりました。一度買ったら、壊れるまで使う路線の我家、家電に限らないけど、最近の商品、何が何だかわかりません。次々紹介される商品、すごいのねえと見てました。ブルーレイはじめ、言葉は知ってたけど、この番組の芸人さん達の説明で、初めて内容がわかったというのも沢山ありました。家電のことに滅茶苦茶詳しい芸人さんたち、家電量販店に行くとテンションがあがるそうだけど、私は店にいるだけで疲れちゃうもんなあ。こういう人たちは、新しい商品が出ると、次々、買い換えていくんでしょうかねえ。

すごい商品が次々出てるというのに、今の私がやってる事は、テープ録音から、デジタル録音に切り替えるのに、エイヤッて掛け声をかけてるレベルだもんなあ。そういえば、家電に詳しくない側のゲスト、若いタレントさんが、「ダブルデッキって何ですか」と聞いてました。なるほど、時代は変っていくんだ。子供のころ、テレビが初めて我家に来た時は嬉しかったし、カセットテープ前のオープンリールも知ってる。それが、今じゃ、薄型テレビだの、デジタル録音が当たり前になってます。私も、年代物になってきたということかしら。だんだん価値がでてくる年代物だといいのに、「何それ、全然わからない」を連発するばかり。まあ、遅ればせながらではありますが、世間の流れにトコトコついて行くことにします。今年一年、お付き合いくださいましてありがとうございました。来年はどんな一年になるんでしょうか。来年も、どうぞ、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

帰省

昨日はJR東日本で、システムトラブルがあった様子。帰省の人たちは大変だったろうな。いつも見るブログも、次回の更新は年明けの○日ですなんて言葉が目立つようになりました。帰省したり、旅行に出かけたり、正月休みなんだろうな。わざわざ言うほどのことはないんだけど、当ブログ、いつもどおり更新の予定です。。我家、帰省という言葉、縁がありません。双方とも、実家はすぐ近く。帰省の混雑も縁のないかわりに、「よく来たね」なんて言葉も無縁でありました。まあ、そんなことを言ってるうちに、実家という言葉もあまり使わない齢になっちゃったけど。

年末年始もいつもと変らず過ごす予定です。それでも、まあ、気持ちぐらいはと、バタバタ掃除をしてたら、昨日はエネルギーを使い果たしてしまいました。夕方になったら、口をきくのも大儀になりました。体力がないなあ。こんなことでは、長距離の帰省は無理だな。まして、トラブルで、どれぐらいで修復するかわからない中で待つなんてね。大混雑を目にしただけで、帰省を中止しちゃいそうです。それでも、夕飯を食べて、ゴロンと一休みしたら、元気になりました。さあ、あと少しやると目鼻がつくので、今日も掃除にかかります。疲れちゃわないように、ほどほどに休みながらやる事にします。こんなに掃除を続けても終わらないなんて、大邸宅に住んでるみたいですが、そんな事はない。ほんとに小さな家です。日頃、手を抜いてたツケが来てるだけ、ツケの年末払いをしてるところです。全額きれいに払うのは無理だから、8割ぐらいの支払いでいいにしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

書見台

音訳すると、結構、長い時間、本を持って読むことになります。モノグサなので、同じ姿勢で本を持っていたくない。今までは、小さな脚立と余りものの板で、書見台をでっち上げて、そこに本を置いてました(大雑把な出来なので、我家の大工さんには笑われたけど)。今度はパソコン録音を始める予定です。もともと、パソコン、狭い空間に押し込んでるんで、そこに、脚立書見台を持ち込むのは無理だなあ。

昨日、何かいい案はないかと部屋の中を見回してたら、見開きの、絵葉書立てが、目にとまりました。23×19センチの2枚の飾り額をを蝶番でとめたものです。これ、銘板の入った褒章の額でした。ちょっとした記念なので、貰った本人は、何の思い入れもない。処分するようにということだったんだけど、材質はなかなかいいので、一工夫して、絵葉書立てに使ってました。この左右の見開きの額の一枚を底板にし、もう一枚に傾斜をつけて本を置くようにすれば、場所を足らない、机の上に置ける書見台が出来るではないか。傾斜をつけるには、2枚の額の間に、1本の棒をかませればOK。早速、本を置く方の背板の端に、本置き用の棒を接着剤でとめてもらいました。出費ゼロ、こんな少ない手間だけで、なかなかいい具合。場所をとらないし、噛ませる棒の長さによって、傾斜角が自由につけられる。しっかりした材質なので、ハードカバーを置いても、ぐらつくことはない。適当な大きさの板を置けば、文庫本もちょうどいい高さに置ける。言う事なし。今年いちばんのヒット作です。ダイレクト録音の環境は着々と整ってるんだけど、その分、家の中のことは後回しになってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

音訳ソフト、到着

年内は間に合わないと思ってたのに、昨日の午前中に音訳ソフト届きました。遅めのクリスマスプレゼントを貰った気分だけど、サンタさんはしっかり代引の伝票持参。それから、説明書と首っ引きで、主婦業は休業とあいなりました。なんせ、いろいろ不案内なので、エイヤッと掛け声をかけてインストール。認証キーで、何回か蹴られ、もう、どこが間違ってるのよと切れかかったとき、するすると出来ました。何が違ってたんだろう。サウンドデバイスはまだ来てないけど、とりあえず録音テスト。サウンドデバイスなくても、普通に録音できてると思うんだけど、サウンドデバイスってどんな働きをするんだろ。検索したけど、よくわかりません。年が明けたら、詳しい人に聞いてみます。

肝心の録音。マイクテスト、マイク出力を目いっぱいに上げて、サウンドブーストを6にして、マイクのすぐ近くで大きな声を出さないと、「小さい、小さい」といわれます。テープ録音に比べると、かなり大声を出す羽目になるんだけど、どうしてでしょう。こうすればいいのよというアドバイスがあれば、是非、教えてください。

正月休みは、いろいろ遊んでみることにします。PRS Proで、編集・CD書き込みまで、全部出来ちゃうんですね。もう少し訳がわかるようになれば、これはいいかも。一応、デジタル部員なんだけど、まだ入ったばかり、訳のわかってないデジタル部員です(インストールをびびってるなんて、情けないデジタル部員だこと)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

筋肉痛

そういえば、この頃、Wiiをやってないなあと、一昨日、電源を入れました。どこをどうやるんだっけと迷ったくらいご無沙汰してました。Wii君に、「51日ぶりですね。お久しぶりです。お元気でしたか」と挨拶されちゃいました。ハイ、何とか、元気でやっております。電源入れるのに戸惑うぐらいだから、ゲームも、どうやるんだっけ状態です。

体重測定したら、微増、あらまあ。それから、ヘディング、スキー、フラフープ、綱渡り、ジョギングなど手当たり次第にやってました。バランス不足とか、体力不足とか、結果は惨憺たるものだったけど。正味30分ほど遊んだところで、もうこれ以上は無理と終わりにしました。昨日はそうでもなかったんだけど、今日起きたら、身体がギクシャクしてます。ふくらはぎが一番ひどくて、階段の上り下りが大変です。

これからガラス拭きをしなきゃいけないのに、年末にWii筋肉痛になっててどうするんだろ。でも、時々やらないとやり方忘れちゃうしね。ちょっとやると新しいゲームが増えてくし、うん、やったほうがいいな。1日おきくらいにやって体を慣らしていけば、筋肉痛は起きないかも。しかし、ちょっと動いただけでハアハア息が上がるなんて(それもゲームで)、運動不足を痛感してます。この筋肉痛、年越しするかどうか微妙なところかな。直らないうちに、Wiiやって、また筋肉痛という可能性もあるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

今年最後の図書館行き

雑誌の音訳テープ、何本か借りてたので、出来たら年内に返したい。いつもは用事のついでに借りたり返したりしてるんだけど、私達の活動はもう早くに仕事納めをしたので行く用事はない。わざわざ行くのもなあと迷ってたけど、迷ってるうちに行ってきちゃおう。朝一で銀行まで行ったついでに、図書館まで足を伸ばしました。さすが駐車場はガラガラ。どこに止めてもいいようなものなのに、軽自動車専用のいつもの隅っこ、定位置に停めました。返すのもそうだけど、新しく、文芸春秋のテープを借りてくるのがメインの用事です。みんな貸し出してて在庫なかったら無駄足だなと思ったけど、大丈夫でした。正月休みにゆっくり聞くことにします。それにしても、今年もよく図書館に行きました。多分、来年も同じだと思うけど。

朝、行くときに、お飾りを売る出店、店を組み立てて、帰りには、もうお飾りを並べて売ってました。いつもお店がズラッと並ぶところなんだけど、不景気風が吹いてる今年はどんなものかな。途中の竹材店には、大きな門松が6個ぐらいありました。その脇には、真ん中に立てる竹を縄で束ねた門松用のパーツがズラッと並んでました。へえ、あんなに門松の注文があるということなんだ。注文主は飲食店かな。あの門松はいくらぐらいなんだろう。門松って何日まで飾るんだろう。正月が終わったら、竹材屋さんが回収するのかしら。門松に縁がないので、アレコレ思いながら帰って来ました。多分、門松が並んでる飲食店にも行かないだろうなあ。行っても、「この門松は・・・」なんていろいろ聞くわけにも行かないしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

年賀状投函

今日は25日。銀行は混んでました。出先での仕事は、今日でオシマイ。一応、仕事納めです。自分のところの分は、まだいろいろ残ってるけど、適当に時間を作ってやればいいや。期限つきの分は来年1月10日までだから、のんびり構えることにしよう。

銀行のすぐ近くに郵便局があるので、年賀状も、予定通り、投函してきました。母上の年賀状も出したんだけど、その中には我家宛のもあって、妙な気分で投函しました。このまま手許に置いとくより、おついたちに、郵便受けに入ってるほうが気分が出るから、郵便屋さん、よろしくお願いします。帰ってきたら、「牛の年賀状より、ヤギにしか見えない年賀状の方を所望」というメールが届いてました。ヤギ版は門外不出です。ご希望には添えません・・・なんて格好をつけるような代物ではないんだけど、でも、牛版を投函してきたし、版画セットはもうしまっちゃたんで、残念ながらヤギ版はお届けできません。あしからず。

数年前のことですが、「いい年になっても、小学生みたいな版画を彫って、年賀状に使う人がいるのよねえ」と言ってる人がいると聞きました。そう言ったという人、知り合いです。でも、親しくはないし、年賀状も出してないから、別に私のことじゃないと思うんだけど、遅ればせながら、ここで反論しておこう。小学生みたいな版画のどこが悪いんじゃ!
こんな事書くと、「私達の方がよっぽど上手です」と、小学生に怒られる可能性のほうが高そうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

とんかつの味

昨日は天皇誕生日で祝日。天気がいいんだから、こんな日に掃除をすれば、2人手間になるのに、相方は街中に出かける用事があるとの事。誘われたので、ついていきました。世の中、不況のニュースばかりで、地下道にはホームレスが沢山いるかと思ったら、そんな事はなかった。それとも、夜になると違うのかな。

お昼はとんかつをご馳走してもらいました。街中にお気に入りのとんかつ屋さんがあります。とてもおいしかった。この店、郊外に洒落た感じの支店を出しました(多分、本店の息子さんが支店を出したんじゃないかと、私は想像してるんだけど)。支店のほうだと、車を停められるんで何回かいったんだけど、どうも味が違う。メニューも、値段設定も同じ。本店で何年かやってるはずだし、材料仕入れも同じだと思うんだけど、できあがって来るものが違うのよねえ。支店のものだけ食べれば、それはそれでおいしいんだけど、本店のを食べると別物だと思ってしまう。

本店は気軽に入れる小さなお店で、支店は格調高い雰囲気です。。私は、狭い本店で、うまいものを食べる方がいいな。相方とそれぞれ違うものを頼んだけど、ちょっと頂戴とつまんだのがとてもうまくて、人の皿のをバクバク食べてしまいました。「あんなに食べるとは思わなかった」と後で言われたのは、当然です。隣で食べてた年配のご婦人2人、声高に、なかなか面白い内容を話してらっしゃる。途中から聞く気で聞いてしまいました。ご婦人達は持ち帰り可能かしらと言ってたけど、私達はきれいに平らげてきました。とてもおいしかったです。ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

年賀状

いつもより早く、年賀状の版画作ったと先だって報告したのに、それは不採用になりました。試し摺りしたら、どうもいまいちで、気に入らない。相方に見せたら、ヤギにしか見えないと正直な感想がかえって来ました。う~ん、新しく、ヤギ年なんて作っちゃいけない。彫りなおしました。何とか牛に近づけたつもりなんだけど、どんなもんだろう。一応、相方のOKは出ました。多少あやしくても、丑年の年賀状だから、みんな、牛と思ってくれるだろう。日曜日に、色をおいて、せっせとバレンを動かし、摺りは完了。後は、宛名と当方の住所を書いて、一言添えれば出来上がりです。

母上に頼まれたのはパソコン印刷したのに、自分ちの年賀状には、結構、手をかけてます。どちらが見場がいいかというと、パソコン印刷したほうなんだけど、彫刻刀を持つのも楽しみのうちということで。出す枚数が少ないから、出来ることではあります。

母上はもう全部書き終えて、「投函してね」と年賀状がウチに来てます。相方も、昨日の夜、せっせと書いてました。年賀状を作った当の本人が、まだ手付かずというのはどういうことだろ。明日には書いて、25日には投函する予定です(と、ここに書いちゃえばやるだろう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

テレビの梯子

昨日の夜はテレビの梯子。トヨタ杯を見て、ハーフタイムに、M1の最終に残った3組を見て、トヨタ杯に戻り、9時から太王四神記を見ました。トヨタ杯決勝。7時少し前に、キックオフまで12分と騒いでました。放送時間から考えれば、7時半キックオフだろうと思ってたら予想通りでありました。そんなニセ情報を流していいのかねえ。しかし、試合始まっても、思ったほどには面白くない。数年前のほうがはるかに面白かった。どうしてだろうと思ってたら、その頃はテレビでヨーロッパや南米の強豪を見ることはなかった。見るだけで感激してたけど、今じゃ、普通に、プレミアリーグ見れるんだもんね。それに、試合前、ハーフタイム、試合後と騒ぎすぎ。大騒ぎしてるのを見ると、興がそがれます。サッカーは試合だけで、十分面白い。

M1は特に書くことなし。(面白くなかったってことです)。太王四神記は集中してみました。いつもの如く、へえ、こういう話だったのねと思いながら見てました。あちこちぶった切ったカット版では、キハの心の動き等、よくわからなかったけど、ノーカット版はカット版から1階層深くなったぐらいによくわかる。周辺の国との関係も、そういうことなのねと思いながら見てました。次回は年明けての放送です。それにしても、最初からノーカット版で放送してもらいたいもんだ。

太王四神記が終わって、サッカーの結果を確認したら、ルーニーがMVPに選ばれてました。なるほど、マンチェスターU優勢の予想どおりで、番狂わせはなかったんだ。名前を聞いたこともなかったエクアドルのチームが優勝したら面白かったのにねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

パソコン・トラブル

パソコン周りの配置換え、昨日の午前中やってダメだったのに、午後に再度トライ。いろいろ試行錯誤して、何とか、思い通りになりました。シメシメとパソコン立ち上げたら、あら、マウスが何の反応もしません。キーボードも同じく。遊んでた線があったんで、抜いちゃったけど、そのせいかしら。一応、元に戻してみたけど、何の変化もなし。キーボード・マウス関係の差込みが緩んでないか確認して、ちゃんとしても、変化なし。

もう、あれこれいじらない方がいいだろうと、パソコン買った電器屋さんに電話しました。仕事先に出入りしている電器屋さんです。今までの経緯を説明したら、「見に行った方が早いから」と来てくれました。そんなに近くじゃないのに、お世話になります。見てくれたら、やっぱり、差し込みが緩んだんじゃないかとの事。電源入ったままいじっても認識しないそうで、いったん強制終了させないとダメだそうです(なんせ、マウスも、キーボードも、認識しないんで、強制終了でしか電源落とせない)。強制終了させた後、立ち上げたら、ちゃんとマウス、キーボードとも使えるようになりました。ほんとにお騒がせしました。わざわざ足を運んでもらったので、出張料と言ったのに、「いえいえ、ウチで売った商品ですから。また今度何か買う時は、ウチでお願いします」と帰っていきました。ハイ、是非、そうします。量販店より、こういう商売の方がいいかな。ちゃんと直ったので、プログも更新できた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

もう息切れ

ただいま11時少し前。パソコン周りの配置替えを思いつき。朝からやってました。ちょっとやっただけで疲れちゃったと一休みしてます。結局、線に余裕がなくて、せっかく思いついた名案はお蔵入りになりました。それにしても、どうしてこんなに埃がたまってるんだ。我家でたまるのは埃と新聞だけです。でも、雨露しのげる家はあるし、3食食べるだけは今は何とかなってます。世の中は派遣切りとか、ホームレス急増のニュースばかり。世の中、これからどうなっちゃうだろう。日頃からそんなに金を使ってないのに、お財布引き締めなくちゃという気分になります。

そんな中、音訳ソフト、注文しました(会でも、方針が決まり、ゴーサインが出ました)。節約気分に反するけど、そのぐらいはいいだろう。出所は私のお小遣からだし。他にもセットするものがあるんで、いざ、揃ったら、何をどうするかわからなくて、アタフタするんだろうな。わかってる人は、簡単と言うけれどわかってない人には大変なのであります。「ご主人にやってもらえばいいのよ」なんて、それこそ簡単に言ってくれるけど、ご主人たる種族、みんな詳しいとは限らないのよ~

まあ、手をつけるのは年明けになると思うので、年内は、掃除に励むことにします。息切れしたら、適当に休んで。一休みしてる時間のほうが長い気がするけど、ちょっとずつでも片付いてるから、まあ、いいや。また、掃除に復帰します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

永世竜王誕生

昨日は竜王戦7局目というのをすっかり忘れてました。1日留守してて、夕方、テレビをつけたら、竜王戦を中継してました。渡辺竜王優勢、終局間近といってるのに、放送時間も終了間近。15分ぐらいは時間延長したのに、そこでオシマイ。終局までやってよと思ってたんだけど、7時半までかかったんですね。最後は消耗戦だった様子。夕飯を食べた後、検索して、渡辺竜王が勝ったのを知りました。すごいなあ。今回は史上初の永世竜王をかけての対局でした。羽生名人、3連勝だったので、あっけなく片がつくのかと思ってたら、そこから渡辺竜王3連勝して、昨日の最終局でした。3連敗の後の4連勝ってすごいなあ。多分、私がすごいと思ってるより、はるかにすごいことなんだと思います。

昨日のメインは、マンチェスターU×ガンバ大阪だったのに、何だか集中できませんでした。頭の隅で、渡辺竜王すごいなあと思ってからかしら。それとも、サッカー熱が冷めたってことかな。去年のACミラン×浦和。こんなに浦和を応援するなんてと自分でも驚くくらい入れ込んでみた覚えがあるもの。

竜王戦は深夜からダイジェスト版を放送したけど、さすがにそんな時間までテレビは見てられなくて、やすみました(見ても、わからないし)。渡辺竜王の「頭脳勝負」を買って読むことは読んだんですけどね。読んだからといって、渡辺竜王の頭になるわけもなく。いや読んだのは何ヶ月か前なので。もう駒の動かし方さえアヤフヤです。そんないい加減なのが竜王戦のことを書いて失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

思わぬところで反響あり

録音図書、音訳するのも大変ですが、校正者の方も大変です。正直、この本はどうもと言う内容もあるに違いない。そんな事いってたら、校正なんて出来ませんけどね。今回、音訳した本は、校正者の方にも面白がっていただきました。校正表をいただいたときに、もう一度ゆっくり読みたいから、デジタル化が終わったら貸してねと頼まれました。完成させたとき、一応、お礼の電話は入れたのですが、今日、顔を合わせたので、もう一度、ちゃんと校正のお礼を申し上げました。

音訳したのは、農業を軸とした小説です。痛快、ハチャメチャ、ほろりなど内容は盛り沢山。その中に、しいたけ栽培の話も出てきます。そしたら、「その本読んで、しいたけ栽培の話をしてたら、主人がこれでいいかって、ほだ木を買ってきたのよ。今日、あなたに報告しなきゃって思ってたの」と、校正者の方の弁です。

あらまあ、思わぬ展開に大笑いしてしまいました。私もとても面白い話とは思ったんだけど、しいたけ栽培をしようとは思わなかったもんなあ。上手くいったら、是非、味見させてくださいと頼んでおきました。しいたけ栽培の話だけじゃなく、土地の活用の仕方など、いろいろ参考になることが多くて、校正者の方のつぼにはまったみたいです。デジタル化が終わったら、校正のお礼代わりに謹んで進呈することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

危ないところだった

引き続き、掃除に励んでます。私、背が小さいので、高いところに手が届かない。我家、脚立だけは種類が揃ってるんだけど、あまり高い脚立を家の中に持ち込むのはそれ自体が大変。中ぐらいの脚立を使って、高いところの掃除を始めました。残念、あと少し届かない。足元に脚立より高い台がある。しっかりした板だったので、片足を乗せたら、カラーボックス2つの上に中途半端に渡した板だというのを忘れてました。カラーボックスの天板、あっけなくメリメリと崩れて、踏み抜きました。板の上にのってた炊飯器・トースターもガタンガタン。片足をかけただけだったので、私は大丈夫でした。危ないところだった。カラーボックス、修理をすれば、今までどおり使える、早速、我家お抱えの大工さんにお願いしました。

食器棚とか、立ちの高い家具のうえは、段ボール紙を芯にして、新聞紙を巻いてのせてあります。普段は目にはつかないから大丈夫。掃除の時は、この段ボールをそっと下におろして埃を吸うか、新聞紙を取り替えれば、楽ちんです。手がかからないようにしてあるんだけど、去年はその一手間さえ省いたので、埃が沢山たまってました。せっかくだから、新聞は全部取り替えました。その中に、ジュビロ・J1残留の記事がありました。今度、これを取り替えるときには、ジュビロはどんな風になってるのでありましょうや。私も踏み抜かないように気をつけるから、ジュビロも、入れ替えあたりをうろつかないようにして頂戴。確か、つい最近まで、王座奪還なんてスローガンを掲げてたよなあ。低迷ジュビロ、来年のスローガンは何にするんだろう。私の来年のスローガンは何にしようかな。「踏み抜かない」だったりして~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

これはいかん

年末に大掃除をやるのは大変。ちょっとづつ丁寧な掃除をしようと始めたら、まあ、家の中は大変なことになってました。どうしてこんなに埃がたまってるんだ。おまけに、どうでもいいものがあちこちに散らばってる。これはいかん。「家の中のことは適当でいいから、自分のやりたいことをやれば」という相方の言葉にのって、主婦業をいい加減にしてたと反省しました。家の中のことに気を配る誰かが居ればいいんだけど、我家は私がサボると、他に候補者はいません。

ここで一心不乱に掃除をすれば、有能な主婦なんだけど、なかなかそうは行かない。途中で違うことを始めてしまいます。前からマイバッグを使ってたんだけど、相方が買物に行くと、スーパーの袋を貰って来る事が多かった。結構な量あります。もう、レジ袋廃止で増えないけど、ゴミを出すときの袋に重宝するから、処分するわけには行かない。いや、ホームセンターで買物することが多いから、まだ増えるかも。レジ袋入れを作ることにしました(そんなに沢山あるってことです)。ビールの空箱3つを重ねて、大中小に仕分ける事にしました。見場は悪いけど、ちょうどいい隙間を使って置き場所も決まりました。

材料費ゼロ。使ったのは時間だけで、今年のヒット作が出来ました。工夫したのは取り出し口ですと、威張っておこう。残り物の壁紙を貼るときれいになるんだけど、それは先送り。あちこちの掃除をすることにします。また、何か考え付くと、掃除そっちのけでアレコレやってる可能性もあるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

テキパキ派・のんびり派

今日から年賀状受付だそうです。昨日の朝、母上から、我家の郵便番号、問い合わせの電話がかかってきました。毎年の恒例行事みたいなもんです。もう、年賀状の宛名書きをしてるんだ。早いなあ。母上の年賀状、私がレイアウト、印刷したんで、この年賀状を貰うというのも、変な気がするけど。

昨日は雨が降ってたので、どこにも行かない。年賀状の版画を彫ることにしました。もっとも、お天気良くてもどこにも行かないけど。今年はやめちゃおうかなと迷ってたんだけど、結局、出すことにしました。面倒なんて言いつつ、1年に1度、彫刻刀をもって、バレン使うのを楽しんでるのかも。偉そうなことを言ってるけど、彫るのは、超簡単な図案。やる気になれば、そんなに時間はかかりません。ヘタウマ路線をねらってるんだけど、ヘタヘタになってる可能性は大です。昨日、試し刷りまでやろうと思えばできたんだけど、彫りあがったところでご苦労さんという気になって終わりました。

いつもはクリスマスの頃に、作ってるような気がする。今年はテキパキ派の母上に、背中を押されて、いつになく早い取り掛かりになってます。でも、のんびり派なので、彫りあがったところで安心して一休み、刷り上るのはいつもと同じ頃かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

弱気でした

ブログの更新情報で、面白いタイトルのついたブログをのぞくことがあります。昨日の午前中、「強い気持ちで戦います」というのを見たら、ジュビロサポーターのブログでした。長年の筋金入りのサポーター。主婦の方で、アウェイにもあちこち行ってる様子。勿論、仙台にも遠征。「今日は強い気持ちで戦います」と宣言している内容でした。すごいなあ。戦って頂戴。私はとても弱気であります。

肝心の試合。2対0で決まるかと思ったら、ロスタイムで、フリーキックで1点とられた。オイオイ、どうなるんだ。リーグ戦、ロスタイムの失点で泣いたことがどれだけあったことか。2対2の引き分けだと降格だぞ。危ないところで逃げ切りました。入れ替え戦のゴール、3点全部、19歳の松浦。ほんとに救世主でありました。試合終わった後、中山とか名波の顔を映してたけど、一番印象的だったのは、川口。倒れこんで号泣してました。あんな川口は初めて見たような気がする。

来年は入れ替え戦なく、3チームが自動的に降格、昇格だそうな。確か、去年の入れ替え戦は、広島×京都だったような覚えがある。去年は野次馬で見て、面白い試合でした。入れ替え戦、優勝決定戦と同じぐらい面白いのに、どうしてやめちゃうんだろ。とにもかくにも、ジュビロJ1残留。強い気持ちで戦ったサポーターの皆様、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

超・初心者

年度途中にデジタル部に入って、今、デジタル編集、1冊目です。ウ~ン、初めて聞く言葉が沢山飛び交う。私の頭の容量は小さいので大変です。音声インポート、ビルドブック、なんのこっちゃと思いつつ、教えられるままにやってます。2冊目のときも、また同じぐらい質問をする羽目になりそう。マニュアルは手許にあるんですけどね。ちゃんと理解した上で、自分の言葉で、自分用のマニュアルを作らないとダメだな。

私は初めてなので、1.5倍速で全部聞きながら、ページ付けをしました(他の皆さんは、該当の箇所に飛んでいる)。同期の間の相互校正では全部聞いたんだけど、先輩のを1冊まるまる聞いたことはなかったので面白かったです。デジタル化作業、新しくできた完成図書が最優先です。でも、私は亀さんペースなので、速さを要求される作業は無理。チーム作業には入らないで、今までのテープ図書をデジタル化する作業をしてます。

新しくわかったこともあります。今更、こんなことを書くと、今までどんな積りで録音してたのよといわれそうですが、一定範囲内の音量が大事というのがよくわかりました。特にテープの巻が変るとき。初めの部分が大きくなったり、小さくなったりしちゃうんですよね。音声取り込みのときに、声のバラツキがあると困るというのがよくわかりました。もう少し、頭の容量があれば、一度説明されたことは忘れないで確実に作業出来るんだけど、呑み込みが悪くて、お手数をかけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

薄着

12月とは思えないほど暖かい日が続いています。でも、朝はやっぱりちょっと冷え込む。仕事に行く途中、薄着を旨としている幼稚園があります。車の中から見かけたんだけど、その幼稚園に向う親子、お母さんはダウンジャケット、子供はタンクトップと半ズボンでした。その子供、通園時と幼稚園はその格好だとして、家に居る時はどうなんだろう。ダウンジャケットをしっかり着ているお母さんからすると、ばっちり暖房してるような気がするなあ。その親子の後ろを、小型犬を散歩させてる人が居ました。犬は、しっかり、服を着てて、思わず、笑ってしまいました。

仕事先に着くと、冬休みで、その家の親戚の娘さんが来てました。18歳のお嬢さん。これまた、肩先までの薄手のシャツと、膝上丈のパンツだけ。若さが弾けてました。「寒くないの」と聞いたら、「全然」という答え。私は結構着込んでたんだけど、年令の差かしら。まあ、自前の毛がある上に服着てる犬よりは薄着だと思うけど。

ランクをつけると、幼稚園児、18歳、私、幼稚園児の母親、犬の順番かな。犬に洋服を着せるというのがよくわからないんだけど、これからもっと寒くなると、犬の洋服も、厚手のものになっていくのかな。そういえば、服着た犬はよく見るけど、猫は見ない。ひところ、学ラン着た猫がいたけど、あれぐらいかな。猫に服着せたら、途中で引っかかれそうな気がするものね。犬は服を着せられて、嬉しいのか、迷惑なのか、どっちなんだろう。幼稚園児も寒いのか、平気なのか、どっちなんだろう。返事が返ってくるなら聞いてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

録音図書・完成

12月初めに、蔵書完成したものの、今回は、題名ラベルの依頼が遅れてしまいました。いつもは校正をお願いするとき、段取りよく頼んでおくのに、今回はいろいろ気になることがあり、つい失念、遅くなってしまいました。木曜日が、蔵書完成の受付日。題名ラベルができてさえいれば間に合うのになあ。題名ラベルは、テープ用、CD用と2種類(マスター・貸出用と必要)。貸出用には、点字も必要。今回はテープ7巻なので、計、何枚が必要なのでありましょうや。作る担当の方も大変です。

昨日、図書館に行く予定の人に、題名ラベルが出来てるかどうか確認してとお願いしました。早速、10時にメールあり。一式揃ってるとの事。午後より、完成作業に行きました。貸出用テープのコピーから始まって、ちゃんとコピーされてるか聞き返し。貸出用テープ・ケースに、題名ラベルを貼って、点字ラベルも貼ってと、細かな作業が続きます。最後に、利用者お知らせ用に内容要約等書いて、終了。間違いはないかと確認したら、あら、ISBNを記入するのを忘れてました。結構時間がかかって、4時ごろ終わりました。今日の受付に間に合います。

12月いっぱいの完成が目標だったので、セーフです。これからデジタル化作業に入ります。この頃デジタル化の作業にも加わってるんで、自分のテープを取り込むのを聞くことになるのかしら。恥ずかしいなあ、その声、誰?みたいな顔をしてることにしよう。この本、完成図書のお知らせに載るのは、2月号です。どれぐらいの方が利用してくれるかな。題名を書かないで、面白い本ですと宣伝してもしょうがないと思いつつ、気は心。利用者の皆様、是非、ご利用のほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

○○の○○です

そろそろ、来年のカレンダーが集まり始める頃です。ひところは、カレンダー集まりすぎて困っていたのに、最近は使う分がやっと揃うくらい。仕事、大幅に縮小しちゃったもんな。昨日、自宅の方に、カレンダーを届けに来てくれた方がいました。わざわざ届けてくれるんだから、それなりの付き合いがある方なんだけど、そんなに顔を合わせる方じゃない。「○○です」といって、インターフォン押してくれたんだけど、カメラを確認できる位置には居ず、声だけ聞きました。ウ~ン、○○さんって、誰だっけ。お顔を見てわかりました。○○会社の営業の方でした。会社名も一緒に名乗ってよ。「○○の○○です」と。

こっちの記憶力がアヤフヤになってきたのは横に置いといて、会社名も名乗ったほうがわかりやすいし、それも営業の一環じゃない。仕事関係で、当然、相手がこちらをわかってなきゃいけないときでも、必ず、「○○の○○です」と名乗ることにしてます。相手が度忘れしてるかもしれないし、私、印象薄いに違いないと自覚してるんで。
私用で電話かけるときも、住所地をあわせて、「○○の○○です」ということにしてます。反対に、自宅で電話をとる時は、「はい」と言うだけですけどね。

わざわざカレンダーを届けてくれた人に注文をつけてしまいました。カレンダーあとひとつあると、決まったところに全部かけられるんだけど、お財布引き締め加減のこの頃です。買わないで、出稼ぎ先の仕事場でカレンダー調達しようかな。そこは山程カレンダー集まってきます。「どうぞお持ちください」と毎年、箱の中に一杯入ってるから、選り取り見取り。手持ちのカレンダー使わないで、デザインのいいのをそこで調達したりして~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

宝塚花組・舞台化

昨日の夕刊に、「太王四神記」を宝塚で舞台化すると言う記事がありました。テレビでノーカット版の放送が始まりました。カット版よりはるかに面白いんで、結構,入れ込んでみてます。宝塚での舞台化。へえ、そうですかいというのが感想です。花組は若手の男役が揃ってるので、パワフルで華やかな舞台をお見せしたいとの事。ここで再度、へえ、そうですかい。新聞では、衣装をつけた、タムドク、ホゲ、キハ役の三人の写真が載ってました。何で、スジニは居ないんだろう。舞台では、スジニの比重が軽くなっちゃうのかな。まさか、そんなことはないと思うけど。花組トップスターの名前が出てるけど、門外漢なので、全然わかりません。

そういえば、「チャングムの誓い」も舞台化されたようだけど、どんな舞台になったんだろう。チャングムは、イ・ヨンエが演じたイメージでしっかり出来上がってます。主演した菊川玲は、どんなチャングムを作り上げたんだろう。評判はどうだったのでありましょうや。再演という話は聞いた覚えがないから、それなりだったのかな。

宝塚の「太王四神記-チュシンの星のもとに」。見に行くことは100パーセントないんだけど、どんな舞台になるかは興味津々。しかし、製作発表の、タムドク、ホゲ、キハの三人、ほんとに、タムドクで、ホゲで、キハなの?舞台は別物と承知してても、全く、イメージが伝わってこないんだけど。来年1月から上演だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

ひとり検討会

12月第1週の日曜日は、地域防災の訓練日。相方は早朝から出かけていきました。これが終わると、今年も無事年を越せそうという恒例行事です。午前中いっぱい、寒風吹きさらしの河川敷は大変だろう。放水訓練なんてのもあるし。私はぬくぬく家の中です。昨日のラジオ文芸館「女の首」のテープを聞くことにしました。プロはどこをどんなふうに読んでるのでありましょうや。声を出してあわせてみるとよくわかります。「女の首」が載ってる文庫本「あやし」が手許にあるので、早速、ひとり検討会に入りました。

あら、驚き。放送を聞いたとき、カットしてある箇所、いくつかわかったんだけど、もっとダイナミックに手を入れてありました。全体の三分の一はカットしてあると言っていいくらい。バッサリもあり、小さなカットもあり。差配さん夫婦の会話があるんだけど、それをひとりの台詞にまとめるという荒業もある。決まった放送時間内におさめるというのはここまで手を入れるんだ。それで居て、聞いてる分にはちゃんと物語の世界に入れるつくりになってました。すごいなあ。原作と突合せして、こんなにカットしてあったのかと感心しました(掃除とかもっと先にやることが沢山あるだろうという突っ込みは無しで)。

夜は夜で、「太王四神記」を見たら・・・先週も書いたけど、こちらはカットが成功とは言えない。カット版と、ノーカット版、違う話のような気がします。短編だと、手を入れても大きな綻びにはならないけど、長編はそうはいかないのかな。キハの心の動きなんて、カット版では随分粗かったんで、大仰な演技だけ目立ってしまってた。「女の首」は手許に原作があるからはっきりわかるけど、太王四神記は手許に台本があるわけじゃない。何となくの印象ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

女の首

昨夜、久しぶりにラジオ文芸館を聞きました。日曜夜はよく聞いてたんだけど、土曜夜に引っ越してから、ついつい聞き逃してます。昨日ラジオ欄を見たら、宮部みゆき作「女の首」。かぼちゃに守られた男の子の話だ。朗読は、松本アナウンサーとの事。うん、これは聞かなくちゃ~ 期待したとおりの面白さでした。あ、ここで、原作をカットしてあるなとわかったけど、文句は言いますまい。堪能しました。テープにも録音したので、これから、何回か聞くことにしよう。

一方、ラジオ文芸館の前のニュース。とちること、とちること。ゴルフ解説をした青木功さんが貰った褒章、何回か言い直してました。結局何を貰ったのかわからない。旭日ナントカ褒章ということはわかりました。続いて、Jリーグ。優勝のほうは鹿島でOKだったんだけど、降格の方は、「ジュビロが大宮に1対0で競り勝ちました」・・・何ですと、ビックリ仰天。すぐ競り負けましたと訂正が入ったけど、いったん放送したからには、ジュビロが競り勝ったというほうを採用してほしいぞ。

多分、ニュースを読んだのは、新人アナウンサーなんだろうな。松本さんぐらいのキャリアを積めば、そんな失敗もなくなるのかな。聞く方は、「女の首」の面白さも堪能してるけど、ジュビロが競り勝ったというのも同じぐらい面白がってますけどね。いっそのこと、「優勝はジュビロ磐田です」ぐらいの間違いをしてほしいもんです。鹿島サポーターから、抗議の電話が殺到・・・いや、彼らは、昨夜はラジオなんか聞いてないか。面白いから、「与太ニュース」なんて番組を作りませんかね。麻生内閣、支持率80パーセントとか、ネタは山程あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

朝から拓郎

朝、目が覚めたら、拓郎の歌が聞こえてきます、いや、拓郎の歌で起きたという方が正しい。こんなよその家まで聞こえてくるような音量でかけてるのはどこの家だと思ったら、音源は我家でした。つま恋のライブ録音買ってきたというのは何日か前に聞いたけど、吉田拓郎の歌で目が覚めるというのは勘弁してほしいなあ。車の中で聞くもんだとばかり思ってました。

拓郎の歌で目覚めた今日の運勢はいいのか、悪いのか、どっちなんだろう。今日はサッカーJリーグ最終節です。優勝が決まったり、降格が決まったり、忙しい日です。我家のテレビ環境で見れるのは4試合。鹿島×札幌、名古屋×大分、東京V×川崎、磐田×大宮。優勝争いを見ようか、降格争いを見ようかどちらにしましょうか。ジュビロの試合を見るのは心臓に悪そう。鹿島あたりを見ることになるのかな。ジュビロ最終戦はホームなんだ。サポーターは気を入れて応援するんだろうな。来季も、J1の試合をヤマハで見られるのでありましょうや?ジュビロ・サポーターが喜びの声を上げられるように祈ってます。しかし、今季、J1リーグ始まったときに、ジュビロJ2降格があるかもと書いたけど、ホントにそうなるとはねえ。それも、最終節まで持ち越すとはねえ。

昨日、夕方のニュースで、ジュビロのことを取り上げてました。見たくなかったので、他のチャンネルにしたら、同じ時間帯で、みんなジュビロ情報でありました。一方、今日の新聞では、田中誠、来季、契約外と載ってる。またひとり、知ってる選手が居なくなってしまう。さびしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

悪戦苦闘

今日は雨だし、家に居る日だし、グダグダと過ごす予定でした。それなのに、「そういえば、また年賀状の印刷頼みたいって言ってるぞ」と、朝ご飯のときに相方が言い出しました。発注主は、相方の母上です。我家の年賀状は毎年、簡単な版画にしてます。母上の年賀状は、絵だけか、御挨拶だけか、片方だけ印刷してお茶を濁してました。今年はちゃんとやろうかな。

パソコンは、ワードとエクセルが少しわかるだけ(それもここんとこ危ういけど)。まして、音声やら、画像処理は、全然わからない。とりあえずは、年賀状の図案をダウンロードしました。ウ~ン、ここに、母上の住所・氏名を貼り付けるのはどうすればいいんだ。わかってる人にはなんでもない事なんだろうけど、悪戦苦闘。かといって、年賀状印刷のためにパソコン教室とかに行く気もしないので、ヘルプ機能を呼び出して、御相談申し上げてました。

午前中悪戦苦闘して、何とか、形になりました。自分のことならここまでやらなかったのに、何だか、むきになってやってました。とりあえず作ったのは、1種類だけ、これじゃ気に入らないというと、またやり直しなんだけど、多分、大丈夫だろう。もう、やり方はわかったから、すぐできるし。年賀状を1枚作っただけで、すごく働いたような気になってます。我家の年賀状はどうしようかな。今までどおり、版画を作るか、それとも、いっそのことやめちゃおうか。どうしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

発送ボランティア説明会

録音図書の発送ボランティア説明会に出てきました。今までは、録音図書の発送は、所属するボランティア団体がやってました(パソコン操作のみ図書館員)。そのボランティア団体に発送部会なるものがあり、発送部員は月一度の担当です。今回、図書館の蔵書である録音図書は、図書館でやるということになり、新たに、図書館ボランテイアを募集しました。

私も、月一度、発送を担当していたのですが、これは図書館がやるべき仕事じゃないかと、どうも釈然としませんでした。今までいろんな流れがあってそうなったんだと思うけど、新米の私はそんな事はわからない。おまけに、新入会員は、三年は発送部会に所属するという体制でした。この年度替りで、私はその三年終了です。年季あけの今年、いろいろあって、発送は図書館側に移ることになりました。それについても、百家争鳴、驚くほどいろいろあったんだけど、ここでは触れないことにします。

発送の作業、今までそんなに進んでやってた訳ではないのに、体制が変るなら、やってみようかなとスイッチが入りました。ボランティア団体の一会員としてではなく、一個人として、図書館ボランティアとしてやるならスッキリする、自分の意思でやるわけですから。これからは週一回の担当、今までより大変になるはずなのに、人からやれって言われるのと、自分でやる気になるのは全く違う。説明会に出て、申込書も書いてきました。百家争鳴の方は、どういう風に落ち着くか知らないけど、私は一個人として参加するわけだから、気にしないでやることにします。柳に風、馬耳東風、馬の耳に念仏、ハハハ、お気楽路線で~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

いいタイミング

昨日、10時頃、校正終わったと、校正者の方から連絡をいただきました。「今日の今日じゃ無理よね」といわれたけど、私も早く校正表をいただく方が助かる。午後は同期勉強会があったので、その前にお会いできるとちょうどいい。街中で落ち合って、校正表をいただきました。時間を取ってもらって、いろいろ教えていただきました。出来ることなら、校正者の頭の中の知識の蓄積をゴソッと盗みたいもんです。

午後は、勉強会でいつもの如くワイワイガヤガヤして、帰宅後、早速、修正に入りました。修正40箇所ほど。自己校正、何回もやったはずなのに、単純な誤読が何箇所かあります。あとは、間違いではないけれど、この場面ではこの読みのほうがいいという指摘。圧倒的に多いのは発音不明瞭。自分ではちゃんと言ってるつもりでも、音が出てないとチェックを受けてます。初めの頃と比べれば少なくはなったんだけど、注意してるのに、これだけあるんだもんなあ。

このところ、風邪気味で、ずっと鼻声でした。途中、〆きりがあったテープは、鼻声でも仕方なく修正したけど、鼻声が直ったあと、すぐ校正表をいただくなんていいタイミング。すぐやっちゃおうと、昨日のうちに全部済ませました。いつまた、鼻声になっちゃうかもしれないし、何が起こるかわからない。今日は、ちゃんと直ってるかどうか、修正確認します。昨日は、午前・午後・夜と、一日、音訳で動いてたけど、今日はどんな一日になるかな。まずは、洗濯物を干さないと~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

土左衛門

先日、渡辺治右衛門の読みについて書きました。確か、遠山の金さんは、左衛門だったなあ。衛門って何だと思い、辞書を相手に遊ぶことになりました。大辞林から、転記。
衛門(えもん)・・・衛門府の略。衛氏を率いて宮城諸門の警護・開閉を行い、行幸の際に供奉する武官の役所。左右の二衛門府があった。

なるほど。辞書にはいろんなことが詰まってるのね。ここまでは、ほうほうと思ってたんだけど、ここで、変なスイッチが入りました。じゃあ、土左衛門は何で土左衛門って言うんだ?再び、転記。
土左衛門・・・享保の頃の力士「成瀬川土左衛門」が太っていて肌が白かったのを溺死者のようだといったことから、溺死者。水死体。

へえ、そうなんだ。辞書は面白い。成瀬川なんて力士知ってる人はほとんど居ないと思うんだけど、変なほうで名前を残しちゃったのね。反対に言うと、その頃は、相撲がそれだけ人気があって、脚光を浴びてたということなんだ。そういえば、「巨人の星」で、左門という登場人物も居たっけ。左門も関係あるのかとなと思ったら、左門は左衛門府の略だそうです。いや、大財閥の渡辺氏に始まって、遠山の金さん、土左衛門、左門と、個性ある面々が頭の中を駆け巡ってくれました。師走月にこんな事で遊んでるのは、閑人ってことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

音訳・下手・やめようか

昨日、「音訳・下手・やめようか」という検索がありました。その検索に引っかかるんだから、このブログ、そんなニュアンスのことを書いてます(正面切ってやめたいと書いたわけではないけど)。ウ~ン、この検索した方、どこのどなたなんでしょ。悩みは同じです。広い日本の中で、一番、話が合うと思います。下手・聞きづらいだろう・音訳むいてないかも等、常に頭の片隅にあるわけで、時々、片隅どころか、中央に長いこと居座って、やめた方がいいかなと思い始めます。

こんなことを書いた後に続けるのもなんだけど。昨日、車の中で、FMを聞いてました。結婚して局を辞めた人気女子アナウンサーの名前を冠した番組です。ところが、彼女、何を言ってるのかわからない所が何箇所もある。ゲストの名前を何回も言ってるのに、最後まで、ゲストが誰だかわかりませんでした。助手席に座ってたので、運転に気を取られてたわけでも、耳が悪くなったわけでもない。その後聞いた、NHKの「歌の日曜散歩」、坪郷さんと鎌田さんの話は明確に聞き取れました。テレビ育ちののアナウンサーは、音に対してそんなに気を使わないのかな。何で、そこで音が上がるんだと思うところも一杯あったし。

プロのアナウンサーだってその程度なんだから、私達アマチュアは適当なレベルでいいのよなんて結論ではありません。上を見て、「あんたら、プロなのにそれでいいのか」なんて思いつつ、自分のレベルについてはイジイジ悩む日を続けます。検索された方、もし、お近くだったら、是非、お茶をご一緒しましょう。あ、でも、検索した方、やめようかと思ってる本人じゃなく、指導者サイドなのかも知れない。それならそれなりに、悩んでる側の話を沢山提供できますデスヨ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »