« Wii Fit | トップページ | アクセス急増・第二弾 »

2008年10月27日 (月)

私の一冊・日本の百冊

昨日放送した、「私の一冊・日本の百冊」2時間番組は、これから始まる同じタイトルの番組の宣伝版のようです。盛り沢山の内容で、国会図書館の内部、作家の本棚(桜庭一樹、海堂尊、角田光代三氏)が面白かったです。

私の一冊を紹介した人と、その1冊です。
国生さゆり 不夜城
児玉 清  不安定からの発想
宮地真緒 天使なんかじゃない
関川夏央 坊ちゃん

無類の読書家の児玉 清さんがあげる1冊は何だろうと思ってたら、意外な1冊でした。でも、この「不安定からの発想」の話が一番面白かった。安定を求めるから不安定になる。不安定の状態の舵取りをするのが常時と思えばいいとのことです。関川さんの、「坊ちゃん」は痛快小説じゃないという説明も、そうだそうだと思いました。これを痛快小説といってるのがどうもわからなかったんですが、納得しました。
この4冊の一部を、山根基世さん、広瀬修子さん、両アナウンサーが朗読して面白かった。「天使なんかじゃない」は漫画。山根さんは、漫画を朗読したのは初めてといってました。坊ちゃんは、同期勉強会で悪戦苦闘したので、なるほど、プロの朗読はこうなるのねえと思って聞いてました。プロはすごい。
午後4時からの2時間(BS2 )を見たんだけど、夜にまた同じ放送を、BSハイビジョンでやってました。1日に2回、同じ番組を放送するんですね。

|

« Wii Fit | トップページ | アクセス急増・第二弾 »

コメント

なんだか訳のわからないコメントが続いてます。
IPアドレス禁止かけたら、自分のコメントも入力できないようになってしまった。
仕方がないので、今日かけたIPアドレス禁止は外しました。
気がついたら削除しますので、適当に読み流してください

投稿: はっちょ | 2008年10月27日 (月) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/42918974

この記事へのトラックバック一覧です: 私の一冊・日本の百冊:

« Wii Fit | トップページ | アクセス急増・第二弾 »