« アリの顔 | トップページ | 掃き出し窓の鍵 »

2008年9月29日 (月)

カートとタンチョウ

昨日、料理番組を見てたら、ゲストが、「今、カートにはまってるんです」。そしたら、子役の女の子が、「スーパーのカートをひくのって面白いんですか」と聞いて、出演者、爆笑してました。確かに両方ともカート。大辞林をひいてみたら、スーパーの方は、CART、ゴーカートのほうは、KARTの綴りです。広辞苑でもあたってみたら、こちらは両方とも、CARTになってる。どういうことだ。英和辞典を引っ張り出しました。使うのずいぶん久しぶり。高校卒業以来かも。やっぱり、KARTなんて単語ないぞ。ネットの英和辞典で調べたら、GOーKARTは商標のようです。ネットが一番役に立つってのは時代ですかね。カート、同じ言葉ですから、どっちも同じアクセントです。

もうひとつのタンチョウの方。NHK俳句の選者が、句の添削のときに、「この語順だと、短調ですから・・・・」といって、語順を入れ替えてました。短調ってどういうこと? あ、そうか、単調なんだ。こちらはアクセントは違うはずなんだけど。間違った意味になってしまう言葉のアクセントは気をつけなければいけない。確かにと実感しました。

ついでにもうひとつ。夜のラジオニュースの女性アナウンサー。声からすると若い方だと思うんだけど、フレーズの前に、「ハーッ」という息継ぎの音がかなり大きく入る。それが決まったように入る。さあ、来るぞと思ってると予想通り入る。わずか、何分かの間に、何回、ハーッを聞いたことでありましょうや。新人アナかもしれないけど、プロなんだから、一定の基準はクリアしてなきゃいけないと思うけど。ちなみにテレビはあちこち見るけど、ラジオは選局いじらず、ずっとNHKを聞いております。

|

« アリの顔 | トップページ | 掃き出し窓の鍵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/42630397

この記事へのトラックバック一覧です: カートとタンチョウ:

« アリの顔 | トップページ | 掃き出し窓の鍵 »