« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

掃き出し窓の鍵

2階のベランダに出る掃き出し窓の鍵がしばらく前からかからなくなってました。この家を建てた建設会社は倒産してしまった。10年保証なんていってたけど、確か、10年経たないうちだったなあ。メンテナンス引き継ぎますという会社があるので、そこに連絡しました。今までも何回かお世話になってます。なんせ、人数の少ない会社なので、「ウチも連絡するの遅くなったから、そんなに急がない。手すきのときに見に来て」と頼んでました。昨日、連絡がありました。

この窓、製品がカナダ製で、日本で扱ってるのは長野にある会社だそうな。そこに頼むと出張費とかも請求されるので、結構な金額になるとの事。えーっ、とんでもない話です。片開きの窓なので、芯張り棒をかえば防犯上は何の問題もありません。手持ちの木の棒を窓にあった寸法に切れば費用ゼロで、自分でできる。せっかく調べてくれたけどそうするわと断ったら、「今後のこともあるし、簡単な調節で直る場合もあるので一度伺います」と見に来てくれることになりました。取り扱い説明書片手にあちこち調節してくれたら、ちゃんと鍵がかかるようになって直りました。良かった、良かった。

当の建設会社はないから、文句を言う相手はないんだけど、メンテナンスのことを考えると、手近で調達できるものじゃないとねえ。どうしてカナダ製だったんだろう。この倒産した会社の社長、新しく会社を立ち上げたみたいで、挨拶状も貰ったけど、今はどうしてるのかな。取引先にも施主にも迷惑かけてるから茨の道だと思うけど、この頃、とんと噂を聞かないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

カートとタンチョウ

昨日、料理番組を見てたら、ゲストが、「今、カートにはまってるんです」。そしたら、子役の女の子が、「スーパーのカートをひくのって面白いんですか」と聞いて、出演者、爆笑してました。確かに両方ともカート。大辞林をひいてみたら、スーパーの方は、CART、ゴーカートのほうは、KARTの綴りです。広辞苑でもあたってみたら、こちらは両方とも、CARTになってる。どういうことだ。英和辞典を引っ張り出しました。使うのずいぶん久しぶり。高校卒業以来かも。やっぱり、KARTなんて単語ないぞ。ネットの英和辞典で調べたら、GOーKARTは商標のようです。ネットが一番役に立つってのは時代ですかね。カート、同じ言葉ですから、どっちも同じアクセントです。

もうひとつのタンチョウの方。NHK俳句の選者が、句の添削のときに、「この語順だと、短調ですから・・・・」といって、語順を入れ替えてました。短調ってどういうこと? あ、そうか、単調なんだ。こちらはアクセントは違うはずなんだけど。間違った意味になってしまう言葉のアクセントは気をつけなければいけない。確かにと実感しました。

ついでにもうひとつ。夜のラジオニュースの女性アナウンサー。声からすると若い方だと思うんだけど、フレーズの前に、「ハーッ」という息継ぎの音がかなり大きく入る。それが決まったように入る。さあ、来るぞと思ってると予想通り入る。わずか、何分かの間に、何回、ハーッを聞いたことでありましょうや。新人アナかもしれないけど、プロなんだから、一定の基準はクリアしてなきゃいけないと思うけど。ちなみにテレビはあちこち見るけど、ラジオは選局いじらず、ずっとNHKを聞いております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

アリの顔

庭にはいろんな生き物が居ます。先だっては蛇を見かけてビックリしました。何が一番多いかというとアリかな。大・中・小ぐらいの3種類居るけど、種類毎にはみんな同じような大きさで、顔も同じ。アリ1匹、1匹の見分けはつきません。

昨夜、「太王四神記」を見ながらアリの顔のことを思ってました。最終回のこの穴ぼこだらけのストーリー展開、何だ、突っ込みどころ満載じゃないかと見てたんですが、それは置いといて、この回、見るの2回目です。吹き替えのことで文句を言ってたら、BSではオリジナルでやってるよと教えてくれた人がいました。中抜きで、いきなり最終回を見るという乱暴なことをしました。当然、話の展開はチンプンカンプン。昨日は、登場人物ちゃんとわかったけど、いきなり最終回見た時はよくわからなかった。誰と誰がどういう関係かもわからないうえに、戦闘の場面、タムドクが兜をかぶると、顔の感じが違って別の人に見えた。この人は一体誰?なんて、およそ見当はずれなことを思いながら見てました。

顔の認識は、何やら法則があるようです。人の顔の認識が全くできないという病気を、テレビで取り上げてたことがあります。私、外国の人の顔、時々ごちゃ混ぜになるから、それに近いかも。天下のぺ・ヨンジュンが兜をかぶっただけでわからなくなるなんて、ファンの人に怒られそうだけど。でも、違う生き物から見れば、アリの1匹毎の見分けがつかないように、人間も全部同じ顔なんだろうな。宇宙人から見れば、ぺ・ヨンジュンも、その辺を歩いてるオジサンも同じです。(ぺ・ヨンジュンも相方も同じと、一度は書いたんだけど、熱狂的なファンの逆鱗に触れそうでやめました)。まあ、キハ、スジニは大丈夫と思うから書いとこ。キハ、スジニ、私、宇宙人から見れば全然同じ、見分けがつかない筈です。ついでに、今イチオシの女優さんの名前も書こうと思ったんだけど、残念ながらパッと名前が浮かびません。適当につけ加えて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

パソコントラブル

昨日は一日図書館。午前中はデジタル部で、パソコンにテープ音源の音を取り込んでいました。お昼を食べて、午後は違う用事をしていたら、「ねえ、聞きにくいんだけど、パソコン、どんな風に終わった」と先輩が聞きに来ました。取り込んでる途中は、どれぐらいの音量がいいのか、時々、チェックを受けてたけど、作業終わる時は、別に確認せずに終わりました。普通にスタートから終了オプションで終わったんだけど。
「あなたの使った後、午後の人が使おうとしたら、パソコンが立ち上がらないのよ」。
えっ、私がなにかしたのかな。普通に終了させたつもりだけど。「パソコンは修理に出せば直るから大丈夫よ」といってもらったんだけど、4巻分取り込み終わった分は、パーになってやり直しかな。それともデータはちゃんと中にあって使えるのかな。

他の方が何のトラブルもなく、テープ録音してたとき、私、しょっちゅう、テープトラブルにあってました。トラブル体質なのかな。パソコンをどんどん壊すトラブルメーカーだったらどうしよう。ホントにトラブル体質で、これからもトラブルが続くようだったら、考えることにしよう。退部理由、「パソコンと相性が悪いようです」というのはありかな。でも、2回取り込み作業をして、音量の安定した録音が大切というのがよくわかりました。今、やってる蔵書、時々、音が大きくなってるかも。気をつけてはいるんだけど、次回からは、なお一層気をつけよう。それがわかっただけでもデジタルに入ってよかったじゃないなんて、退部の方向に考えちゃいけない。たまたまトラブルの起こる時期だったのか、私がトラブルメーカーなのか・・・でも、家のパソコンは何のトラブルもなく使ってるしなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

手書きの能力

昨晩、ちょっとまとめることがあって、手書きで書いてました。まだメモ段階なので、使うのは反故紙の裏。アレコレ、文章を書いたり消したり。ワードでやれば良さそうなものなのに、どうもいちからまとめる時は手で書いたほうがイメージが広がる気がする。仕上げるのはもう少しあとでもいいんだけど、できるだけ早く目鼻をつけておきたい。

一度作ったものの、もう少し分量がないとダメ。あちこちから資料を引っ張り出して増量しました。推敲というほどでもないけど、アレコレ入れ替えたり、付け加えたりしてたら、グシャグシャになってしまいました。一応清書しておきましょと、もう一度書くことにしたんだけど、そしたら、もう手がいい加減くたびれてる。この頃、こんな長い時間、手書きで書いたことないもんな。柔らかい鉛筆使ってるから、筆圧はかかってないんだけど。

それより何より、漢字が書けない。キーボードで打つと自動変換してくれるので、いつもお任せで済ませてる。簡単な漢字でも、あれ、このつくりはどんなだっけとわかりません。こんなんで大丈夫かいな。まだ、案を練ってる段階なので、辞書はひかず、ごまかした字を書いてました。今、一番手書きしてるのは、ノート取ってる学生かな。いろんな書類を提出するのもネットになってるご時勢。そっちもできないと困るし、手書きの能力が退化するのも困るしねえ。それにしても、「手書きの能力」なんて妙な言葉を使うようになっちまったもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

祭の手締め

「ちりとてちん」は欠かさず見てたけど、今回のテレビ小説「瞳」は、ときどき見る程度。さほどの急展開もなく話が続いていくので、何となくわかります。今日は、住吉神社の祭礼、長瀬が無事に神輿を担いで、祭礼の手締めをしてました。

佃の祭ほど盛大ではないけど、生まれ在所の祭は、花火祭です。夜空に打ちあがる花火も見事だけど、メインは手筒花火。手筒花火を抱えてあげるので、火の粉もかぶります。昔からの祭で、勿論花火を揚げるのは男衆。小さい子も、結構あげてます。女の子は揚げられないので見てるだけだったけど、大好きでした。火の粉を浴びると、無病息災なんてことも言ってましたっけ。それを口実に、一番前で見てたら、母親に怒られたこともありました。母がまた、花火好きだったんですけどね。

花火が全部終わって、見物客が帰った静かな中で、祭の〆をします。各町それぞれ揃いの浴衣、提灯を持った世話人たちが、勢揃い。総元締めが挨拶したあと、「これで祭礼を終わります」と〆た後、各町の名前を呼び上げます。男達が、自分の町の名前を呼ばれたあと、「異議なし」と答えます。各町それぞれ「異議なし」となり、全町が終わると、本当に祭が終わります。花火も好きだったけど、その〆も好きだったなあ。

お祭、もう、しばらく、行ってません。花火も、〆も、ずいぶん前の記憶だけど、今はいろいろ変ったのかな。ちょっと足を伸ばせばすぐなんですけどね。思い出だけでいいかなあとも思います。テレビの中の手締めを見てたら、いろんなことを思い出して懐かしくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

5対1

タイトルは、昨日のジュビロの負けスコア。自動降格の順位に居ます。去年はシーズンシート買ったものの、後半に行く気をなくして、チケットずいぶん流しました。今年は見たい試合だけ行こうと言ってたのに、一度もスタジアムに足を運んでない。1年前が大昔のような気がします。今年は自分の目で試合を見てるわけじゃないし、テレビでも見てない、新聞で結果を知るくらいです。きっと、去年後半の続きなんだろうなあ、いや、自動降格の位置にいるってことはもっとひどいのか。J2に落ちると、いろいろどうなるんだろと考えそうになったけど、筋金入りのサポーターに叱られそう、やめときます。

昨夜のサッカー中継。下のほうをさまよってるジュビロ×FC東京戦はなかったけど、グランパス×千葉戦は夜7時からの中継。用事があったので、それは飛ばして、10時からのマンチェスターU×チェルシー戦を見ました。Jリーグの試合見るよりはるかに面白い。タフで、目を離せない展開。世界のトップリーグと比べるのもなんですが、ジュビロは目を離したいゲーム運びだもんな。

さて、今度、サッカーのカテゴリーで書く時はどんな内容だろう。ジュビロ降格決定か、あるいは踏みとどまったという内容か。今朝のスポーツ欄の見出し「ジュビロがけっぷち」を見て、「がけっぷちなんてもんじゃない、もう滑り落ちてる」と相方は言ってました。私もそれに1票入れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

段取りが悪い

日曜日に相方の車の査定をしてもらい、見積もりを貰いました。できたら、その時、購入予定の車を試乗したかったんだけど、生憎、代車につかってて今ないとのこと。都合を聞いたら、月曜の10時なら用意できるとの返事。じゃ、お願いしますと10時に予定を入れてもらい、昨日、行って来ました。約束の時間に着いたら、イライラすることばかり。日曜に話した営業が居なくて、おまけに話が通ってない。応対した女性に、これこれこうで話したら、いい加減待たされました。別の営業が出てきて、素っ気なく「試乗車の鍵です」。オイオイ、「お待たせしてすみません」くらいの言葉はないのか。そちらの都合に合わせて時間を決めたんだぞ。

相方は、いろんな車に乗ったんで、ディーラーもいろいろ。私はホンダ車一辺倒なんで、ホンダのお店だけのつきあいです。勿論、ホンダはこんなことはない。他のディーラーもこんなことはなかったぞ。こんなヤな感じ、初めてです。客が神様だなんて思ってない。こちらは金を払う、向こうは車を提供する。取引だから対等です。でも、事を決めるのは勢いと言うものがある。トントントンと事が運べば、「これから長い付き合い、よろしくお願いします」となるのに、初めにこんな違和感あると、二の足を踏みます。試乗してOKなら、あとは契約書に判を押すだけというつもりでいったのに、どうもねえと帰って来ました。車はイメージどおりだったんだけど、白紙に戻りました。その車を買うにしても、違う店で買います。

どこのメーカー系列の店か、名前を書きかけたんだけど、思いとどまりました。ホンダでない事は確定です。軽自動車を買おうというのだから、外車系ディーラーでもない。「もしかしたらウチかも」と思ったディーラーさん、そうです、お宅です。私達、車を買いそうにない、ドライブ代わりに試乗する冷やかしの客だと思われたのかな。それとも、売りたくない客の方にカウントされたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

意外な展開

私は、車は走ればいいという無頓着派、軽自動車に乗ってます。それに対して、相方は車大好き人間。あれこれ言っては、何年か経つと買い替え派。このところ、落ち着いてると思ったら、久しぶりに目覚めたみたいです。しばらく前からパンフレットを見て楽しんでました。よぶんな刺激はしないように静観してたら、昨日、買い換えたい旨、表明。どんな車にするのかと思ったら、なんと軽自動車がいいとのこと。確かに、本人は乗りたい車はいろいろ乗ったからいいんだろうけど、車はだんだんグレードアップしていくイメージがありました。車の履歴としては最終コーナーに入って、軽自動車の路線に入るんだ。信じられない成り行き。生活は日々縮小方向、金のかからないほうへ動いてるけど、車もそっちへ動くとは思わなかった。

軽にしてくれれば、税金も安いし、燃費もいいから、私は大助かりだけど、買ってすぐに気が変わっても困る。何回も「ホントに軽でいいの」としつこく聞いてたら、「どうして軽じゃいけないんだ」と逆に聞いてきました。そりゃ、本人がいいなら構わないけどさ。いまだにこの展開は、ホンマカイナと言う感じです。

私は、小さくて力がある車が好き。そういう車をどこかで出さないかなあとずっと思ってました。トヨタが、10月にそういう車を新発売する様子。ちょうどいいじゃない。私がそのトヨタ車を買って、相方が私の軽に乗るというのはどうだろう。いい案だと思うけど、実現しそうはない。相方殿、段取りよく、昨日、車を見に行きました。乗ってる車の査定を受け、見積もりも取りました。多分、契約すると思う。久しぶりに消費活動に参加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

眠い

昨夜は(も?)眠れず、結構遅くまでラジオ深夜便を聞いてました。ちょっとしか寝てないと思うんだけど、何時間眠ったんだろ。エイヤッと掛け声をかけて起きて、NHK俳句を見ました。朝までラジオはつけっぱなしだし、同じ番組を2台のテレビで見てるし、エコに反する暮らしです。

「太王四神記」、1階と2階で別々に見てます。上は吹き替え版、下は字幕版。見終わって、2階にあがっていったら、「サリャン、今日はどうして眼帯取ってたんだ」なんてとぼけたことを言ってる奴がいる。サリャンはキハの手にかかって死んだじゃない。赤ちゃんが生まれて、これこれこうでと説明してたら、「だって、今日、サリャンって呼んでたぞ」とまだ言ってる。「だから、それは、いつも、キハの身近にサリャンがいて、サリャン、サリャンと口にしてたからつい言ってしまって、そのあと複雑な顔してたでしょう」と言ったら、「確か死んだと思ってたのにまた出てきて、抗議してやろうかと思った」なんてトンチンカンなことを言ってます。

一緒に見てたら、途中でいろいろ聞かれそう。エコに反しようと別々に見て正解。多分、いい加減に見てるんで、印象に残ってないんだと思う。「スジニのつれてる子供、誰の子か知ってる?」なんてちょっかいをかけようかと思ったけど、変な答えが返ってくるとガックリするんでやめました。

一応、朝ちゃんとは起きたんだけど、また寝ちゃいそうな気がします。昨日が彼岸の入り。ちょうどいいタイミングで、白菊を沢山貰って帰って来たので、空模様怪しいけど、お墓参りに行かなくては。
同日10時追記
今しがた、「スジニの連れてた子供、誰の子か知ってる?」と聞いたら、大丈夫。ちゃんと「姉ちゃんの子だろ」という返事が帰って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

夢の話

人の見た夢の話を聞いてもしょうがないでしょうが、若くして亡くなった同級生が居ます。中学生の時はよく話したけど、卒業してからは接点のなかった男の子です(男の子といいたいイメージしか残ってません)

明け方にその子の夢を見ました。その子の写った写真があって、もうひとりの男の子が、その裏にメッセージを書いてくれと持って来ました。彼死んじゃったのよねえと思ってるんだけど、当の私達は、中学の学生服とセーラー服姿。そしたら、今度は亡くなった男の子が出てきて、同じようなことを言う。確か亡くなったと聞いてたのにと思いながら、会えたのが嬉しくて、いろいろ話してました。彼も学生服姿。
そこで目が覚めて、どうしてこんな夢を見たんだろうと思いながら、もう一眠りしました。続きは更に妙。亡くなった彼が詠んだ俳句がでてきました。句集として出版し、俳壇で話題を呼ぶんだけど、その俳句は実は自分が作ったんだという人が現れ一騒動。どうしてこんな展開になるんだと私はヤキモキしてました。この名乗り出た人は顔なしで、誰やらさっぱりわからない。そこで目が覚めました。

どうしてこんな夢を見たんだろ。若い頃の夢を見ることがないわけではないけど、登場人物が中学まで遡るのは珍しい。起きたあと、妙に現実感のある夢でした。起きた時は、その2枚の写真に写ってた姿とか、詠まれた俳句のいくつかは、ちゃんと覚えてたのに、今はもうわからなくなってます。夢の細部まで覚えてたら、私の頭、パンクしちゃうもんな。しかし、どうしてこんな夢をみたのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

ただ居ただけ

年度途中で、デジタル部に入る事にしました。今日は初めての部会。遅刻してはいかんと早めに出かけました。ダイレクト録音の講習会のときに、いろんな話を聞いてたら、そうか、デシタル部に入るのもいいかなと思い、途中入部とあいなった次第。去年、忙しすぎて、ひとつの部をやめたんだけど、自分で自分のクビを締めてるな。

部会に出ても、馴染みのない言葉が飛び交って、何がなんだかわかりません。ま、そのうち、だんだんわかるようになるだろう。午前中、部会で、午後から作業したんだけど、コーチ役の方を散々煩わせていました。足手まとい状態です。はて、戦力になるのはいつのことでありましょうか。今日は取り込みだけで、時間が過ぎてしまいました。
文庫本1冊(90分テープ4巻)をデジタル編集することになりました。どれぐらいの時間がかかるんだろ。新しくできたテープは、テープ・CDを同時発送すべく、手馴れた人が手がけます。私みたいな新人は、数年前のテープをデジタル化(勿論、一括許諾分)するので、そんなに速さが要求されるわけではない。ミスしないように着実にやる事にします。

デジタル部の中では、間違いなく、私が一番の新人。入会年度の新しい人たちも先輩。同期の人たちは、何年かやってるので、大先輩です。自分が何もわかってなくて、周りの人たちに聞けば誰でも教えてくれる状態というのは、結構好きだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

プロの仕事

昨日の庭屋さん、さすがプロ。朝8時半から午後2時半まで、2人工で、すっかりきれいになりました。ボサボサに伸び放題になってたので、1トントラックの荷台は、剪定した植木で山盛り。庭屋さん、随分、強めに剪定するんですね。すっきりさせてくださいという注文をしたから、ちゃんとこちらの要望にはあってます。花も手を入れてくれて、アジサイなんか、ホントに丸坊主になりました。
今回は処理する植木ゴミが多かったのでやや高めだったけど、支払いは予想範囲内でおさまりました。でも考えてみたら、いくらぐらいでしょうかと一言も聞かないまま、頼んじゃったな。ま、相方の実家で頼んでる庭屋さんだったので、だいたい仕事ぶりも知ってたし、値段もこのぐらいだろうとは見当はついてたんだけど。これから、1年に1度お願いしますと頼んでおきました。

剪定は言うまでもないけど、植木ゴミを片付ける手際など、なるほどプロはこうやるんだと目からウロコが沢山ありました。昨日みたいな仕事を見ると気持ちがいい。あまり世間に出て行くことはないんだけど、「ちょっと違うんじゃないの」と思うことが多くなったもんなあ。もっとも、企業も使い捨てみたいに人を使ってるんだから、どっちもどっちだけど。

言い訳みたいに〆るのも気がひけますが、私は「自分でもイヤになるほど仕事の能力落ちました。このレベルで良ければ」と自主申告して、週に何日か仕事をしています。いろいろミスをするたびに落ち込んでます。「仕事しないと、ボケちゃうから仕事しなきゃダメ」と言われてるんだけど。さて、今日は大丈夫だろうか。行ってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

庭屋さん

雑木しか生えてない我家の庭、今までは、私が適当にハサミを入れてました。今回、初めて庭屋さんにお願いしました。先日、西隣の家から、やんわりと、木が大きくなりすぎて、日が当たらないんだけどといわれました。西日を避けようと、西側に何本か木を植えたんだけど、我家の西側ということは、西隣の家からすると東側ということになります。確かに日をさえぎってる。相方は庭の手入れをすると、かぶれて、皮膚科通いという事になります。だから戦力は私ひとり。でも、かなりの仕事量、ちょっと手に余るということで、庭屋さんに入ってもらうことにした次第。

庭木といえるような木のない庭の手入れを、庭屋さんにお願いしてもいいんだろうかと迷いつつ電話して、今日という事になりましたました。只今、1時間ぐらい経過。できたら、ハサミを使う庭屋さんのそばにずっと居たいくらい。それではうるさかろうと、遠くから見てます。もう、今日はほかの事は手につかない。プロはダイナミックにハサミを入れるんだ。いかに私が中途半端なことをしてたかがわかりました。いろいろわかってるからの大胆さなんだろうけど。

この花はどうしましょうかと声をかけてくれると、喜々として庭に出てます。答えは判で押したとおり、「お任せします。気にしないでやってください」。相方の母上、庭屋さんが入るたびに、「その花は・・・・」と沢山、注文つけてたもんなあ。私、相方の母上のDNAは引き継いでないのでアッサリしたもんです。庭屋さん、ご心配なく。

自分で剪定すると、その処理も大変なんですよね。庭屋さんは全部片付けてくれます。これに味をしめて、1年に1回ぐらい頼もうかなあ。今読み返したら、大層な庭があるようなイメージだけど、そうじゃありません。猫の額のような庭にあれこれ植えたから、どうしようもなくなったという訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

なんだこりゃ・俳句

昨夜8時は、「あんどーなつ」と「なんだこりゃ俳句」のどちらの番組を見ようか迷ったけど、やっぱり「あんどーなつ」にしました。「なんだこりゃ俳句」は2時間番組だったので、後半部分を見ました。
それぞれが、「なんだこりゃ」と思う句を持ち寄って、「なんだこりゃ度」を決める番組だと思う(多分)。その中で、「なんだこりゃ、この句は」と私も同感したもの
夜のダ・カポ ダ・カポのダ・カポ 噴水のダ・カポ
とととととととととと脈アマリリリス(との数が間違ってるかも)
ワタナベのジュースの素です 雲の峰

中には知ってる句もありました。全然、なんだこりゃじゃないと思うけど。
じゃんけんに負けて蛍に生まれたの
鞦韆(ふらここ)は漕ぐべし 愛は奪うべし

なんだこりゃと紹介されたけど、いいなあと思った句
噴水や 戦後の男 指やさし
戦争が廊下の奥に立っていた
夏みかん酸っぱし いまさら純潔など

自分で俳句を作ってるわけじゃなく、NHK俳句のテキストを音訳してるだけですが、あらためて、俳句って面白いなと思いました。頭の中をかき回されてる気分で、番組を見てました。いい加減にメモを取ってたんで、句の間違いあったらごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

本屋大賞

昨日は必要があって、本屋大賞のことを調べてました。過去5回の受賞作の簡単な内容と受賞者のプロフィールを書き出してたんだけど、なかなか面白かった。本屋大賞は、書店員が、自分達がもっともお客さまに勧めたい本を投票で選ぶという賞です。大賞をとった本の販売数は、2位とは格段の差がつくそうです(まさか、出来レースってことはないですよね)。一応、受賞作を書いておきます。

第1回 2004年 博士の愛した数式 小川洋子
第2回 2005年 夜のピクニック   恩田 陸
第3回 2006年 東京タワー オカンとボクと時々オトン リリー・フランキー
第4回 2007年 一瞬の風になれ 佐藤多佳子
第5回 2008年 ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎

他の賞も受賞してる本が多いですね。ゴールデンスランバーはおすすめです。面白かった。今年上半期の直木賞の選考対象から辞退してたけど、辞退しなかったらどうなったんでしょうね。

出版社の賞はいろいろあるし、書店員の選ぶ賞もあるんだから、読者が選ぶ賞というのを作ればいいのに。ネットで、期間を設けて、投票を受け付ける。どこかが音頭をとらないかな。いろんな賞があって乱発気味なんだから、何の思惑も絡まない読者賞があってもいいんじゃないでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

検索フレーズランキング・新設

困ったもんだ。結構気を入れて「太王四神記」を見たので、眠れない。これでまた、明日の朝、起きれないじゃない。白虎の守り主はどんな風に明らかになるかと思ったら、サラッと、簡単な展開でありました。キハとホゲの、「私たちは王を鍛えるために天が用意した薪」という会話が面白かった。そのあとに続く「人として生きる」という前振りで、もう少し違うストーリーができると思うのに、寄り道はしないで、もう最終回に向かってまっしぐらみたいですね。

ほんとは今日は、「太王四神記」じゃなく、「俳句甲子園」のことを書くつもりでした。でも、メモをとらずに見たので、肝腎の高校生の作った俳句や、出場校のことを書きたくてもかけない。とても面白かったんだけど、予定変更となりました。俳句甲子園に引き続いて、久しぶりにサッカーも見ました。浦和×大分はスコアレスドロー。両チームとも勝ち点1で、ようございました。J2降格争いに参加してるジュビロは2-0で負けたようであります。

ここまで書いて、あとは明日の朝起きてから(もう既に今日だけど)書き足そうと思ってたら、ブログに新しい機能がついたんですね。右下に「検索フレーズランキング」が出るようになりました。毎月、今月の検索ワードというタイトルで書いてたんだけど、意味なくなるな。多分、「太王四神記」がトップに来るはずなんだけど、試してみよう。「俳句甲子園」の検索はあるかな。「降格争いジュビロ」はまずないだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

ロボットツール

このブログ、細々ブログを名乗ってます。アクセス数は適当で構わないので、増やす為の努力はしてません。書く内容によっては検索にかかって増えることもあるけど、それも予測がつく範囲です。ところがこのところ、アクセス数急増。端末はロボットツールという訳のわからないアクセスが増えてます。ロボットツールとは一体なんだと検索をかけてみたら、フ~ン、何となくわかりました(私の説明だと間違う可能性あり。興味をもたれた向きは検索かけてください)。でも、このブログ、適当に書いてるだけだから、ほしい情報何にもないと思うけど、何によって引っかかってるんだろ? 毎日更新してる閑人の頭の中なんてリストにでもかかってるのかしら。

端末・ロボットツールというアクセス解析が並ぶと、どうもすっきりしません。やっぱり、ちゃんと見るつもりで見てくれる人のほうがいいな。ロボットツールは初めから除外して、ブックマークの方と検索の方の割合は半々くらいです。検索でこられた方の検索元を見ると、その言葉でどんなページやブログがあるのか見ることができます。ほんとに自己満足なんだけど、検索結果で、グーグルやヤフーのトップページに入ってると何となく嬉しい。それも1位だったりすると嬉しい(なんせ、1位になった経験ないのであります)。その検索元にとても参考になるページがあって、思わぬ拾い物をすることもあります。

このブログ、細々ブログなので、何事もなく平穏無事です。いつも見てる将棋の竜王のページは最近コメント欄を閉じました。大体は応援してるコメントだったんだけど、中には、これはちょっとねえと思うのもあったもんなあ。当方は無名の気楽さ、これからも適当に書いていきます。時々は引っかかることがあっても、読み流してください。所属してる会で見てる方がいたら、特に読み流してくださいね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

メール族にあらず

非常連絡用に携帯は持ってます。でも、あんまり鳴ることはない。携帯にメールが来ても、返事はパソコンの方で返す。パソコンメールの方がはるかに楽です。かくして、どんどん、携帯は無用の長物となってます。でも、外出する時は必ずもって出るんですけどね。

昨日の午後、ちょっと気になることがあって、相方から携帯にメールが来ることになってました。結果は無事終了とのことで、まずは良かった。了解と返信しようと思ったんだけど、どうやるんだっけ。電話しようかと思ったんだけど、運転中かもしれない。もう、用事が終わって家に帰るところだったので、帰って詳しい話を聞くほうが早いやと帰って来ました。

メール打ってる人を見ると、親指が信じられないような早さで動いてる。それにひっきりなしにチェックしてて、そのたびに新しいメールが入ってるようなんだけど、そんなに用事があるものなの?ちゃんとした用事なのか、世間話かわからないけど、すごいなあ。子供たちの間では、3分以内に返信しないと仲間はずれという3分ルールがあるという記事を見たけど、ホントかしら。私なんて完全に仲間はずれだな。いや、あんまりメールが来ないという時点でもう仲間はずれになってるかも。

あら、今、ちょうどメールが入ってきました。どうやるんだっけとあちこち押して、やっと返信できました。了解って返しただけなんだけど。携帯メールの輪に加わるのはやっぱり無理みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

人それぞれ

午前中、銀行に行って、窓口で呼ばれるのを待っていました。見るともなく店内を見てたら、ATMで手続きしている人が後姿半分だけしか見えないけど、目立ってるぞ。ピンヒールに、オーガンジーの透けるスカート。バレリーナのチュチュみたいと言うのが一番近いかな。上にあわせているのも、幾分透け加減の白いレース素材。コスプレに走ってるお嬢さんかと思ったら、正面向いた顔はかなり年配の方でありました。お、スゴイなあ。顔も作りこんでました。バレリーナの雰囲気が好きで、その路線一直線の方なのかな。それとも、目立ってなんぼで、毎日、いろいろ風合いを変えてるのかしら。

翻って当方、着る物はできるだけ楽な方がいい路線。ほとんどジーパンにTシャツ。スッピンで、外出する時は口紅だけはつけてたんだけど、最近、それも省略して、出かけるようになってしまいました。

「これではいかん」、もう少し身を構わないとと思ってはいるんだけど、今日のチュチュの女性みたいにするのは絶対無理だな。ああいう格好するだけで気恥ずかしい。それにいつもペタンコの靴しか履いてないので、。ピンヒールなんぞ履いたら、歩けません。その女性を見送ったあと、銀行の手続きでそりゃないでしょうということがあったんだけど、チュチュ姿の女性の姿の方が事件だったので、銀行のミスよりそっち優先になりました。良かったね。○○銀行さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

裁判所からの郵便物

別に悪いことをしていないのに、裁判所・税務署から郵便が来るとギョッとします。あまり心臓によろしくない。ギョッとするような内容を今まで何回か受け取ったことがあるもんなあ。

恐る恐るあけたら、債権届出関係の書類でした。かなり前に近所のガソリンスタンドが倒産して、それに少しばかり引っかかりました。ほんの少額で、もうすっかり忘れてました。倒産時の張り紙にしたがって、弁護士事務所にFAXしておいたので、その法律上の清算手続きが始まるんだろうと思います。でも、あんまり返って来ないだろうな。多分、千円ぐらい、もしかしたらそれ以下です。事の成り行きに興味があって出向くならともかく、それに費やす時間のほうが勿体ないくらい。仕事上のことならちゃんと手続きするけど、流していいことにしようかな。債権の届出だの、清算手続きなんてのには、もうあまりかかわりたくない。千円分、何か食べたことにしよう。

裁判所の名前をかたっての振り込め詐欺もあるというけれど、昨日の郵便物は正真正銘の裁判所からの郵便物でした。この頃は郵便小包で送るようにという詐欺もあるというけれど、そんな大金を小包で送るなんて信じられない。詐欺にひっかからないように気をつけよう。できたら、裁判所から郵便が届くようなことからも遠ざかりたいんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

今週は三連チャン

NHK俳句9月号のテープ、発送してきました。下準備は十分してあったのに、テープコピー、聞き返しなどで午前中いっぱいかかりました。明日も明後日も予定が入ってるから、今週は3日続けて図書館通いとあいなります。今年はセーブしたはずなのに、こういう羽目になることもあります。9月後半からは、定期的に週1回の予定を入れたから、もう少し忙しくなるな。

入会のときに、「細く、長く活動してください」といわれたけど、私の予定としては、「太く、短く」であります。今の年から長くは無理。今のところ時間的余裕はあるけど、いつどんな事態にならないとも限らない。ま、出来る時にいろいろやっておきます。

先日、俳句をやってる方に「俳句の音訳をしてます」という便りを出したら、「俳句の音訳は難しそうですね。俳句は目で見る、視覚の文学かと思うのですが・・・」という返事をいただきました。ウ~ム、確かにそうなんですよね。俳句のことがわからないまま始めたので、怖いもの知らずでやってるかも。それはそうなんだけど、俳句を楽しんでらっしゃる視覚障害の方は、待っててくれると思うんだけど(多分)。俳人の立場からするとどうなんでしょうか。そんな風に読まれたくないとクレームがつくかも。不出来で申し訳ございませんと、利用者と俳人と両方に頭を下げなくちゃ。今からその自分の不出来なテープを聞いて、チェックをいれることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

スーパー閉店日

最近はもっぱら生協で買物をしてるんで、あまり行ってなかったけど、地元のスーパーが閉店とあいなりました。老舗のデパートの名を冠したスーパーです。何年か前に、そのデパートが倒産。会社としては別形態だったので、スーパーは残りました。よその会社のことで記憶がアヤフヤなんだけど、全く無関係というわけには行かず、しばらくして別のスーパーの系列に吸収されました。その時は名前はそのままだったんだけど、今回、また、別の資本下に入ることになり、名前もなくなります。ここに住み始めたころは、買物はほとんどこのスーパーでした。馴染み深い名前・店でした。

「今日が最終日だからのぞいてこよう」と相方が言うので、物見高く、昨日夕方5時ごろ行ってきました。もう、棚はガラガラ。野菜コーナーにはキャベツとトマトがいくつかあるだけ、肉・魚のコーナーには半額のシールをつけた商品が少しだけ、冷凍食品コーナーは何もない。常温保存の食品はまだ幾分か残ってる。値引き品目当てで、客はある程度は入ってるけど、こんなガラガラの棚を見るのは初めて。店の中が寒々しい。

その棚を見てるうちに、気持ちがザワザワしてきたんだけど、考えすぎかしら。日本の食糧自給率は低い。世界のどこかで何かが起これば、食糧は入ってこなくなるはず。いや、世界の話じゃなく、日本のどこかで何か起こっても危ない。喉元過ぎればで、何年か前の米騒ぎのことはすっかり忘れてる。あの時は日本産の米がなくなっただけで、外国産の米は十分にあった。それでも大騒ぎだったもんなあ。スーパーに商品がなくてガラガラというのが現実になりませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

同時性

昨夜、「太王四神記」が始まったとき、ふと思いました。この番組を見てる人は、今、どのくらいいるのかな。この同じ場面をその人たちと共有してるんだなと。業界の人は、視聴率の数字に目の色を変えるらしいけど、何パーセントと言われても実感がない。それにごく少ない世帯数の統計のようだし。何人の人が見てるんだというほうが実感がある。

同じ画面を見てるといっても、それぞれ入れ込むところは違うんでしょうね。私は昨夜は、ホゲベース。ホゲ、負のスパイラルに入ってる。可哀想。キハさま命なのに、キハは太王の子をみごもってるし、親は自決しちゃうし。あとは契丹の若い人が誰かに似てる、誰に似てるんだろうと気になって仕方ありませんでした。プロレスの人だと思うんだけど名前を思い出せません。

太王四神記が終わったところで、テレビはオシマイにしました。午前3時頃からバーレーン戦があるのはわかってたけど、さすがにその時間に見るのは無理。一番気を入れてる人は現地まで行ってるんだろうけど、午前3時からの実況中継を見た人はどれぐらいいるんだろう。結果を知ってから、今、見てます。アラブ系の音楽が時々聞こえて、いつもとちょっと違う雰囲気。あらかじめ。得失点の時間がわかってるので、邪道な見かたです。それにしても言っても詮無いことだけど、高原は影も形もないのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

いい迷惑

昨日・今日と、絶好の草取り日和。机の前で家計簿なんて〆てる場合じゃない。優先順位なんて書いたのに、アッサリ流れました。昨日はおんぶバッタが草の上に止まっていたのに、今日は別れてました。昨日のバッタとは違うのかな。草が生い茂っていて、せっかくいい住環境なのに、突然、住み家を奪われて、虫たちにしてみればいい迷惑だろうな。怠け者でいてくれたほうが安泰なのにね、時々スイッチが入っちゃうのよ。草取りを続けていたら、普通のアシナガバチと、それより一回り大きいハチ、クマンバチかな、私を不審な生き物と認識したらしく、交代で、ブンブンと周りを飛び回ります。しばらく様子を見てたんだけど、これは避難しましょと、草取りはオシマイにしました。

草取りのお供はラジオです。昨日はミュージカルをやってる人が出てました。ミス・サイゴンとかキャッツといろんな話が広がって、面白かった。おすすめの歌もかかりました。プロの体調管理・のどの手入れも聞けて面白かったです。十分注意してても、体調を崩すことはあるそうで、ノロウイルスにやられた時は、舞台ではシャンとしてたけど、場面転換で舞台裏を移動する時はスタッフに抱えられてだったそうな。すごいねえ。プロのアドバイス、ずっと声を出してなくて声を出す必要のある時は、上唇と下唇をあわせて、ビビビビと震わせるといいそうです。声帯の運動になるそうな。
体調管理、彼女のイチオシは、アミノ酸。そして疲れてるなと思う時はスッポンが一番との事。スッポン、今まで食べたことがないんだけど、そんな効果あるんでしょうか。でも、何よりいいのは睡眠といってたから、我家はちゃんと基本は押さえてるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

今日の優先順位

もう5日だというのに、8月の家計簿の〆が終わってません。まずはこれをやらないと。今日は燃えるゴミの日。ほんとは、ゴミ出しが最優先のはずなんだけど、出すゴミがあまりないということでお休み。ゴミの量は生活レベルに比例するというけど、我家はゴミも出ない生活をしてるのかしら。生ゴミは自分ちで処理してるんで、そのせいかな。紙の類は故紙回収に出すべく、ゴミにしないし。もっとも、プラゴミの日は、こんなに出すのと思うくらいあります。

あとは、ちょっとした探し物を頼まれてるからやらないと。庭の草取りはいつもの如く、予定には入ってます。家の庭でさえ、手が回らないのに、裏の空き地から雑草が攻めてきます。倉庫代わりに使ってる家の裏手がすごいことになってました。野ばらとつるが絡み合って、崖の上から垂れ下がってる。ちょっとお邪魔して、植木バサミでチョキチョキ切ってました。野ばらは硬い棘があるんでイヤなんだよね。長刃、短刃の植木バサミ2丁、鎌と道具だけは万全です。短刃の植木バサミが梃子を利用したハサミなんで、かなりの太さのものも切れます。野ばらの幹の太いこと。木みたいになってました。

今日は久しぶりに家にいる日。予定は沢山あるんだけど、どこまで出来るかな。途中でこれでオシマイと切り上げる可能性も大です。ウルトラマンみたいに3分とはいわないけど、あまり持続力はありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

秋の七草

NHK俳句9月号、校正をお願いしていたのが帰って来ました。いくつかの注意点はあったものの、許容範囲ということで、OKが出ました。家に持ち帰ると、訂正したくなる。訂正して入れ込むと、そこだけ調子が揃わなくて何回もやり直しになるんです。かえってガタガタのテープになる。もう訂正はしないと決めて、図書館に置いてきました。後はもう一人の方の訂正が済むのを待って、テープコピー、発送をするだけです。

これで一安心と別のテープを借りてきて、昨日聞いてました。冒頭で、季節の挨拶に、秋の七草を読んでます。「萩の花 尾花葛花なでしこの花 女郎花また藤袴朝顔の花」。
さあ、この歌をどういう風に読まれました?(なでしこは撫子じゃない、むずかしい字。出てこないので、ひらがな表記にしてます) どこも間違えようがないと思われるでしょうが、さにあらず。私も、10月の兼題解説の中でこの歌を読みました。「葛花」、私はクズバナと読みました。このテープの方はクズハナと読んでる。エーッ、どっちが正しいんだろ。グーグル検索してみたら、クズバナもクズハナも両方でてきます。クズバナの方がやや多いものの、ほぼ同数。ふたつの読み方で迷うかと思ったら、「この歌の読み方を教えてください」という質問コーナーには、「クズノハナです」なんて答えもある。どれが正しいかは、山上憶良さんに聞かないとわからないのかな。

答はわからないし、発送まで図書館に行く用事はない。校正も通ったんだから、今回はクズバナでいいにしてもらおう。家の裏の空き地、葛が茂ってました。葛の花も何ということもなく目にしてたけど、今は駐車場になって、葛はありません。お~い、葛花さん、あなたの名前はなんですか。万葉のころは何て呼ばれてましたか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

8月の検索ワード

8月の検索ワード、ベストファイブです。
①太王四神記、130人。 ②盆義理、71人 ③盆供、57人 ④金額、38人、 ⑤ネタバレ、32人 次点は、最終回、29人

まあ、見事に、太王四神記と盆関連ばかりですね。4位の金額は盆供の金額だし、5位のネタバレ、次点の最終回は、太王四神記の最終回の内容です。土曜日の夜見て、日曜朝に書くと、太王四神記関連のアクセス数が急増します。別にそれを狙って書いてるわけじゃないんだけど、あまりにも顕著なので、まき餌をしてるような気分になります。この他にも、役者名や役名の検索があり、恐るべし、太王四神記です。「背中に告げた別れ」なんて、タイトルそのままの検索もありました。
今月はそんなに面白い検索はなかったんだけど、「盆の不祝儀袋になんて書くの」という検索がありました。ハイ、当地では盆供と書きます。「はっちょ、猫」という複合検索もありました。自分ちで飼ってる猫が、はっちょって言うのかしら。

もうさすがに、盆で検索してくる人はいないから大丈夫と思うけど、太王四神記で検索してくる人はいるかしら。何も目新しい事が書いてなくて申し訳ない。埋め合わせというわけではないけど、今までで、一番好きなシーンを書いておこう。ヨンガリョの屋敷に閉じ込められた家来が、これ以上王様の足手まといになりたくないと自決する場面があります。それをやめさせようと、切り込んでいく場面。あのシーンが好きです。精悍な動きとりりしい顔が天下一品。青龍の神器の守り手が目覚める少し前です。あれ以降、タムドクの動きが、少なくなったんだけど、怪我のせいで、脚本を変更せざるを得なくなったのかな。怪我はどの辺りでしたのでありましょうや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

二度ビックリ

昨日は夕刊を見て、ジュビロの新監督、オフトなのかと驚きました。それだけでもビックリだったのに、テレビで、福田首相辞任の速報があって、二度目の驚き。ジュビロの内山監督解任は、既定のことだったので、ああ、そうかと思っただけ。後任に挙げられてた名前が、これじゃダメだろうと思う人ばかりで、もう誰がなってもいいやという気分でした。オフトの名前もあったんだけど、まさか引き受けると思わなかった。残すはあと11試合、どうなりますかねえ。

政局の方は、ジュビロとは反対の展開。まさか辞任するとは思ってもいなかった。こちらの後任は既定の路線なのかな。辞任にどんな背景があるのかわからないけど、そんなのあり?という気がします。辞任ではないけれど、この前は、姫井さんが、土壇場で豹変しました。その時は、おうおう、こんなのにひっかきまわされてと高見の見物気分だったけど、今度は首相だもんね。こんな展開で、日本は大丈夫なんだろうか。

福田さんの会見は見たけど、そのあとのニュース解説の類は見る気がしませんでした。気分を変えましょと「若草物語」を見ました。若草物語の映画化と思ってたら、あら全然違います。ベスは死んじゃうし、メグは双子を生むし、エミーはローリーと結婚、ジョーはドイツ人教師と結婚。この映画も驚きながら見てたけど、三度目のビックリにはなりませんでした。オフト監督就任、福田首相辞任は、現実に起こってることだけど、これは映画の中のこと。ジョーがイタリア人と結婚しようがフランス人と結婚しようがへえと思ってるだけですみます。政局は手の届かない遠くで展開してるけど、現実の生活に影響してくるもんなあ。ま、ジュビロの降格争いはあんまり影響ないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

行眠

ラジオドラマアーカイブスの「ジャズ大名」、忘れず聞きました。その前の新日曜名作座も聞こうとは思ってたんだけど、同時間帯のテレビの「ロマノフ王朝の遺骨」が面白かったので、そっちはパス。「ジャズ大名」、はてこの話はどうなっていくんだと思って聞いてたんですが、日向の国に着いて、殿様がクラリネットを吹くあたりで寝てしまいました。最後はどうなったんだろう。お布団の中で聞いてたのがまずかったな。次に目を覚ました時は、ラジオ深夜便でした。

最近、まあ、時なしによく眠ること。夜眠れないなんぞと時々いってますが、昼間眠ってるせいです。秋は行楽シーズンというけれど、我家は年中、行眠シーズンです。惰眠をむさぼってますが、人様に迷惑をかけるわけじゃなし、健康を保つ薬代わりと公認です。相方は、昨日は自主防災で朝早くから出かけていきました。帰ってきて汗を流したあと、ちょっと一休みと横になってました。お昼を食べて、そのあとは私がお昼寝。睡眠時間グランプリ団体戦があったら、我家はいいところまで行くと思う。

「ジャズ大名」聞きながら、これは知ってる人の声だと思ったのが2人いました。由利徹はわかったんだけど、もうひとりがわからなかった。番組ホームページを見てみたら、佐藤B作でした。声は特徴あるもんですね。ラジオアーカイブス、5回の予定で、昨日がその5回目だったようです。途中で寝ちゃった身としてはなんですが、もっとやればいいのに。ラジオ文芸館も土曜の夜に引っ越してから聞いてません。元の日曜夜の時間帯に戻してほしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »