« 大失敗 | トップページ | 本屋がない »

2008年8月 9日 (土)

一応、律義者

相方の母上の家、この2日間、庭屋さんに入ってもらってます。毎年のことで代金も同じ。相方が、請求書在中の封筒を受け取ってきました。中味を見たら、領収書が入ってるよ。印紙に割印した、ちゃんとした領収書。オ~イ、まだお金払ってませんよ。先に領収書を貰っちゃっていいのかな。長年の付き合いだから、ちゃんと振り込みますけどね。

このところ、不祥事連発、新聞をにぎわせてます。当地では、市の職員、未納の税金を督促に行って、お金を受け取ったのに、しかるべく処理したのは一部分だけ。後は自分の懐へ。700万着服というけど、なんか中途半端な金額だなあ、しばらく前に、6億の着服があったので、700万ぐらいでは驚かなくなってる。700万は大金なんだから、そういうふうに思うのが間違いなんだけどね。

もう今はない会社だけど、前任の経理が着服し、その調査と後始末をしたことがあります。かなり前の話。わかっただけでも家1軒建つぐらいの金額でした。フムフム、こうやるのかと、手口がわかりました。お金を扱ってると、フラッとその気になる事があるんでしょうね。今、仕事先の銀行印、かなりの裁量で使ってます。その気にならないように気をつけよう。もっとも着服しても、金の使いどころがない。宝石に興味ない、ギャンブルもやらない、貢ぐ男もいない。急に身なりを構うようになって、イケメンの男と歩いてたら、危ないかも。でも、着服すると、いろいろ帳尻を合わせるのが面倒だもんなあ。このまま、律義者の路線で行こうかな。善人というわけではない。ただの面倒くさがりです。

|

« 大失敗 | トップページ | 本屋がない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/42106103

この記事へのトラックバック一覧です: 一応、律義者:

« 大失敗 | トップページ | 本屋がない »