« 外郎売 | トップページ | 書類提出と所得税納付 »

2008年7月 7日 (月)

遷化

「○○山○○寺第54世○○儀 7月4日 86歳をもって遷化いたしました」 今朝の朝刊地元欄に太枠に囲んで大きく出ています。それに続いて密葬の日取り、時間などが書かれています。昨日の朝刊の、一般の死亡欄のところに載っていたので、承知はしていたのですが、ご住職が亡くなるのは遷化というんだ。知らなかった。菩提寺のご住職です。体調を崩されて入院しているのは知ってました。お寺のことは、もうお孫さんがすべて取り仕切ってます。でも、ここ何十年かの間の、3回の葬儀、それぞれのお年忌、亡くなったご住職にお願いしてました。

本葬を後で執り行うと書いてあるから、檀家はそのときでいいのかなと思いながら、昨日、お寺に行ってきました。密葬でも人は集まるはずだから、お墓の花が枯れもじゃではまずかろうと花を替えに行きました。ちょうど葬祭業者がきていて、葬儀のしつらえをしてます。お寺さんだから当然だろうけど、豪華だなあ。しかし、7月は盆月。うち施餓鬼や、寺施餓鬼で、お寺さんは忙しいはず。そんなときに葬儀で大変だな。

辞書の虫としては、死亡に関する言葉、一応調べました。
遷化・・・高僧が死ぬこと。
入寂・・・寂滅に入ること。特に僧が死ぬこと。
崩御・・・天皇、皇后、皇太后、太皇太后を敬ってその死をいう。

へえ、人が死ぬのは同じはずなのに、立場によっていろんな言葉があるものなんですね。きっと、私が知らないだけで、もっといろんな言葉があるんだろうな。そういえば、相方の家では、和尚さんではなく、お上人様と呼んでました。ご住職と書いたけどまずかったかな。若い者は物を知らなくてすみません。

|

« 外郎売 | トップページ | 書類提出と所得税納付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/41760646

この記事へのトラックバック一覧です: 遷化:

« 外郎売 | トップページ | 書類提出と所得税納付 »