« 兼題・繭 | トップページ | A子・B子 »

2008年6月 2日 (月)

自己校正の落とし穴

録音終わったので、棚上げにしていたいくつかの用事を片付けました。それも一段落したので、自己校正に入りました。所属する会、まだテープ録音です。1行飛ばして読んだり、重複して読んでたりすると、修正が大変。大体、1巻終わるごとに、聞き直し、修正をして、前に進んでます。だから、自己校正2校目というわけです。気がつかないでそのままになってるミスが沢山あるなあ。何回校正重ねても、何かしら見つかるとは思いますけどね。

聞き直しをしていると、あらが目立って、読み直しをしたくなるという落とし穴が待っている。でも、今回は読み直しはしない。このテープで完成させるという方針の下に、自己校正に入りました。それでも、ナントカの虫がもぞもぞ、読み直しをしたいという気になってきます。通して聞くと、何だかなあ。日によって、いろんな読みになってる。各巻ごとにバラバラだなあ。前回は、1巻目の出来ががとてもひどかったので、読み直したら、時間が合わなくなって、結局、全部読み直しました。今度はもうそれはやめようと決めてたんだけど、やっぱり読み直したくなるんだよね。そんなことをしていると埒があかない。私のスピードだと、8巻読み直しとなると、それなりの時間がかかります。余程ひどいところは部分的に録音し直すとして、これを生かすことにします。何回読み直しをしても、これでOKというのが出来るわけでもないんだから。

もう1回読み直す時間と手間をかけるなら、それをもう1冊読むほうに回したほうがいいと思う。そうやっていくうちに、だんだんレベルアップしていくだろう。あら、私も図太くなってきたわ。会に入った時、やめるまでに5冊ぐらいは読みたいなあと思ってました。今、4冊目だから、後1冊読むと、予定はクリアだな。

|

« 兼題・繭 | トップページ | A子・B子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/41393810

この記事へのトラックバック一覧です: 自己校正の落とし穴:

« 兼題・繭 | トップページ | A子・B子 »