« 26秒 | トップページ | 落語のCD »

2008年6月 9日 (月)

ねんきん特別便・その2

このところ、ねんきん特別便・遺族年金などの検索ワードで来られる方が急増してます(ねんきん特別便・その1は5月31日に掲載)。遺族年金受給者に訳のわからないミョウチクリンな書類が届いて困ってる人が多いんだろうな。遺族年金受給者はそれなりの年代の方が多いだろうし、その下の世代が、社会保険庁に電話してもなかなかつながらず、ネットであたってみようかという事でしょうか。当の社会保険庁はわかりにくい書類だという自覚はあるのかな。マスコミで大々的に叩かれないとわからないのかな。

取り扱い説明書も同じだけど、そのことについて精通している人が作った書類はわかりにくいですね。その業界では普通になっている用語・考え方がベースになってる。そういうことを何もわからない人に説明しようという本来の趣旨がどこかにいってしまってる。作った書類を、ずぶの素人に見せて、わかるかどうかという検証はやってるんでしょうか。私、あらゆる事、ずぶの素人です。喜んで実験台になります。

相方の母上のねんきん特別便は、遺族年金よりかなり遅れて、国民年金の書類が届きました。記録は一元化しているはずなので、あなたの加入した国民年金はこの期間、あなたの受給している基になっている配偶者のねんきん加入記録はこれこれという書類を作るのはむずかしくはないと思うんだけど。だいたい、本人確認としてよく使われる、「あなたの生年月日」が、亡くなった配偶者のものとなってる書類なんて考えられません。いろいろヒンシュクをかってる社会保険庁、事態を収めようと出した書類に不備があって、ますます混乱に拍車をかけているように思います。

|

« 26秒 | トップページ | 落語のCD »

コメント

いつも楽しく拝見しています。
大阪岸和田市で朗読ボランティアに関わって3年。まだまだ初心者です。
こちらでは、録音図書に関してはデイジー化が進んでいます。今まで製作されたものもデイジー化作業を進めています。
でも利用者の中には「テープでないと」の声も多くあります。
新たな器具の操作に慣れるには時間がかかることもあると思います。

公的なお知らせなどは、すべてテープ作成です。
ご苦労されている様子に、そうそう、本当にどうにかならないかしら・・・と、うなずきながら読んでいます。

同期のゼロ校正。参考にさせていただき、ただいま実践中です。
励みにも勉強にもなります。
ありがとうございます。

投稿: sandy | 2008年6月 9日 (月) 17時32分

あら、私も3年目。同期ですね。同期の相互校正は、ホントに勉強になります。ドンドン引き受けようと思ったら、みんなで均等に振り分けるようにという一言をいただいてしまいました。当会は3冊までは、同期の間で相互校正をするシステムになってます。本校正の人が、相互校正した人の校正表もチェックしてくれるので、とても勉強になります。
自分の所属する会以外のことはあまりわからないので、いろんな情報、教えてくださると嬉しいです。どうぞ、よろしくお願いします。

投稿: はっちょ | 2008年6月 9日 (月) 18時15分

3年目・・・音訳の奥の深さも、行政の実態も判ってきて悩むころかもね。
さて当然に、プレクストークの操作はご存知でしょうが、テープデッキとほぼ同じ、
飛ばせるし、いろいろシオリもはさめるし、音楽CDやMP3も聴けるし、メモも取れ
るし、マンツーマンで教えてあげると、あっけないほどプレクストークになさいます。
「わー、3倍速で聞けるのね!」と喜ばれると心中複雑ですが!!

ただ、雑誌はCDを送りっぱなしと言うことになるのでCD代自己負担にしたら
利用者激減したところも多いとか。

同じ町に住む、聞いたことのある声の人が教えてあげたら喜ばれますよ。きっと。

投稿: henatyoko | 2008年6月11日 (水) 13時09分

蔵書の発送も担当日があってやってます。最近CDでの申し込みが増えてきましたが、まだまだテープの申し込みのほうが多いかな。利用者相互の情報交換も活発なようですが、一気と言うわけには行かないようですね。
蔵書以外の市の広報とか、確かに全部テープだしねえ。蔵書も、CD、テープどちらでも聞ける態勢なんで、あえて切り替えなくてもということもあるのかな。
当方、適度にいい加減を身上としてます。まだまだ3年目、ネジを巻く方の立場ではなく、巻かれる方です。悩まず、お気楽路線で行きます。

投稿: はっちょ | 2008年6月11日 (水) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/41478617

この記事へのトラックバック一覧です: ねんきん特別便・その2:

« 26秒 | トップページ | 落語のCD »