« 曜日の錯覚 | トップページ | 連チャン・銀行 »

2008年5月26日 (月)

予定はひとつ

朝一で銀行に行ってきました。いつもATMで用事は済むんだけど、今日は窓口。メインの会社の用事で、窓口いくの久しぶり。見知った顔が一人もいないし、相談コーナーも模様替えしてました。今まで、隣の客の話が筒抜けに聞こえてたものね。模様替えしても、円やらドルやら、難しい話が聞こえてくる。いや、聞き耳を立ててたわけじゃありません。わからないので、聞き流しながら、週刊誌をたっぷり読みました。こちらも、芸能関係の記事を見ても、誰が誰やらわからない。たぶん人気のある人なんだろうな。硬軟ともにわからないってことでアリマス。

来た時は駐車場ゆうゆう入れたのに、帰りは満車でした。朝一にいって正解だった。帰ってきたら、税理士さんから電話で、決算書類が出来上がったとの事。明日の朝一番で、先方に伺うことになりました。1日に用事をひとつこなすと、今日の仕事は終わったぜぃと思う怠け者ですが、着々と用事はすんでます。決算も無事終了。後は、書類に署名・捺印して、税金を払い込むだけです。少し前までは、税理士さんが当方に来てました。税理士さんは同年代。長年の付き合いです。決算が終わった後はあれこれ世間話をしてという流れだったんだけど、この頃は、当方が出向きます。だって、「この頃は何をしてる」のとか、「庭に草が沢山生えてるねえ」とか、チェックが厳しいんだもん。

帳簿のつけ方もわからず、経理をやる羽目になったので、始めのころはいろいろ教えてもらいました。試算表なんてはじめて聞く言葉だったし、電卓使って計算してたもんね。月末には、右左あわないとよく泣き言を言ってました。私、数字・計算・経理なんて避けて通りたいほうです。そのころからの付き合いなので、税理士の先生に頭は上がりません。そういってる割には態度が大きいかな。「先生」と呼びながら、ため口きいてます。

|

« 曜日の錯覚 | トップページ | 連チャン・銀行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/41323687

この記事へのトラックバック一覧です: 予定はひとつ:

« 曜日の錯覚 | トップページ | 連チャン・銀行 »