« 片栗の花 | トップページ | 将棋界の一番長い日 »

2008年3月 3日 (月)

祈る・好作品

このブログ、このところ、「一瞬の風になれ」について書いてました。原作と脚色のことに関して、野次馬で面白がってたんだけど、面白がってはいられない事態発生。「西の魔女が死んだ」が映画化されたそうな。全然知らなかった。昨夜、友達からの電話で教えてもらいました。もう、試写会をしてるそうな。え~っ、どんな作品に仕上がったんだろ。

いい作品になってるといいなあ。でも、どんな評判が良くても見に行かないことにしよう。私の頭の中のおばあちゃん、まいのイメージを壊されたくない。前から好きな本でした。とても好きな本だったので音訳しました。まだ音訳はじめたばかりのひよっこの身としては仕上げるまでにずいぶん長い時間がかかって、音訳している間、おばあちゃんも、まいも、すぐそこで一緒に暮らしてるような存在感がありました。私のおばあちゃん、私のまい、がちゃんと居ます。そうはいいつつ、その本を私が読んでるということは、原作のもつ良さを壊していることは承知しているんですが。

梨木香歩、好きです。たぶん、発行される本、ほとんど読んでるとおもいます。「西の魔女・・・」の他の作品も音訳しようかなと思ったことはあるんだけど。「エンジェルエンジェルエンジェル」は短い作品でいいんだけど、話が二重に展開していくんで難しそう、それに、もう全国で何人かやってらっしゃる方があるんでやめました。「沼地のある森を抜けて」は比較的最近の作品なんだけど、長いし、途中で挿入されてる話をちゃんとわかるように音訳するのは、私には無理。今、同じ会で、梨木香歩の別の作品を音訳してる方がいらっしゃいます。私は、やっぱり、「西の魔女が死んだ」1作品かな。

あ~、それにしても、どんな映画に仕上がってるんだろう。見ないといいつつ、気になります。つい、配役陣を見てしまったけど、もうそれも見ないようにしよう。

|

« 片栗の花 | トップページ | 将棋界の一番長い日 »

コメント

「西の魔女が死んだ」お好だったんですね。
ロケ地が八ヶ岳と知って、探しに行きましたが、
公開してなくてザンネンでした。
やっぱり私は映画を見てみたいです。
原作がどんな風にアレンジされているのか、興味があります。
「一瞬の風になれ」はビデオに撮っただけで、まだみてません。
先に原作者がblogをしばらくお休みせざるを得ないくらい燃え上がっていたので、コチラも興味があります。
アクセスが急に増えたことを驚いていらっしゃるようですね。
同じような理由で、私は最近blogを閉めました。
不特定多数の方が自由に見て、自由に受け取られる文字面。
ほんの少しのホンネが、心無い方や
悪意を持って見に来る人の目に触れるて、
思わぬ方向へ一人歩きしてしまう・・・
それで、やめました。
今はお互いに登録し合った人とだけ交流できるblogへお引越ししました。
楽天はメッセージとBBSだけ生かしてあります。

でも、音訳の情報交換はしたいです。
ここへお邪魔しますのでよろしくお願いします。

投稿: カプちゃん | 2008年3月 7日 (金) 22時58分

ブログ閉めると書かれてたので、何がしかのことはあったんだろうなと思ってました。このブログ、今のところ平穏無事。何も気にせず能天気に書いてます。まあ、私の頭の中に浮かんだモロモロを書いてるのがメインなので、突っ込みようがないのかも。
まあ、ゴチャゴチャと事がおこるのは現実世界のほうだけにしてほしいもんです。このブログ、音訳のほうも、愚痴を書き連ねるだけで、情報交換なんて建設的なほうにはいかないような気がするけど、よろしくお願いします。(初心者がどんなことで迷ったり、困ったりしてるかという点では、ちょっとお役に立てるかもしれません。変なアピールの仕方だけど)

投稿: はっちょ | 2008年3月 7日 (金) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/40343875

この記事へのトラックバック一覧です: 祈る・好作品:

« 片栗の花 | トップページ | 将棋界の一番長い日 »