« いかんなあ | トップページ | どっちもニュース »

2008年3月15日 (土)

思い違いとえこひいき

微妙なタイトルですが、別に人間関係の話ではありません。
昨日、文芸春秋の同期聞き合わせ会だったので、完成図書案内の私のテープも聞いてもらいました。聞き合わせ会に間に合わせようと作って、まだ、途中の段階だけど。まあ、ボロボロでした。録音して、自分の家で聞きなおした時は、これでいいとおもったんだけどなあ。視覚障害者の方が、このテープを聞いて、「この本を借りたい」と申し込みます。タイトル等はゆっくり読むようにと注意書きがありました。ゆっくり、わかるようにと思ってそれを心がけてたら、一音一音、ゆっくりになってしまったようです。意味がひとまとまりになってない。タイトルだけじゃなく、内容要約もその調子でやっているので、まだるっこしいことこの上ない。「もっと、普通に読んだほうがいいよ」といわれました。聞いてもらわなかったら、このままの調子で読んで、校正お願いするところだった。校正は誤読がなければ通るだろうし、同期のように、こんなストレートな感想は帰ってこないかも知れない。こういう思い違いもあるんだ。初めてのことは気をつけたほうがいいとよくわかりました。

もう1つのえこひいきのほう。完成図書の中に自分の分も入ってます。内容要約、自分の書いた文なので読みやすい。気にしないで読んでも、間が自然に入り、意味どおりの読みになります。「他の人の内容要約読むのと全然違うじゃない」といわれました。もうちょっとぎこちなく読むと、他の人の紹介と揃うかも。やっぱり、自分が書いたんじゃない文を読むのは難しいですね。そんな事言ったら、人さまの書いた本を丸ごと読んで、録音図書にする音訳はどうなるんだ。

|

« いかんなあ | トップページ | どっちもニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/40504354

この記事へのトラックバック一覧です: 思い違いとえこひいき:

« いかんなあ | トップページ | どっちもニュース »