« 配りものとゴミ | トップページ | 面が割れてた »

2008年3月 6日 (木)

検索エンジンの不思議

「一瞬の風になれ」が数多く検索に引っかかってスゴイやと思ってたら、「将棋界の一番長い日」も将棋関連の検索にかかって、驚異的にアクセスを伸ばしていました。このブログ、このところバブル状態でありました。といっても、普段のアクセスが少ないから、ちょっと増えるとビックリするんですけどね。

でも、検索エンジンの中の順位はどうやって決まるんだろう。グーグルなどで「将棋、長い日」で検索すると、一時、順位戦のことを書いたこのブログが、瀬川さんのシャララ日記より上位に来ていて、目を疑いました(瀬川さん、奨励会からのコースではなく、棋士との何番かの対局に勝ち、異例のコースで棋士になった方です)。内容は、勿論、棋士の瀬川さんが書いたシャララ日記のほうが面白いのに、どうしてなんだろ。将棋のことは全くわからないのに、能天気に順位戦のことを書いてるのが珍しかったのかな。しばらく、トップに近い位置にあって、書いた本人がビックリしました。今ではちゃんと、瀬川さんのほうが上位にあるから大丈夫です。

何かの言葉で検索すると、検索エンジンにかかった記事、何百万件もあるのにどうやって序列を決めるんだろう。何か決まる要素はあるわけですよね。別に、検索のことを気にして書くわけじゃないんだけどね。中味はどうってことがなくても、毎日書いてれば、言葉の集積は多くなって、何かの検索にかかることが多くなってきます。ちなみに、ここ1ヶ月ほどの検索ワードで笑ったのは、「はっはっはのトイレ」、「トイレ掃除おばさんに」、「お尻丸出し男性」。検索した方は何が知りたかったんでしょうね。その検索ワードにかかるこのブログって・・・・

|

« 配りものとゴミ | トップページ | 面が割れてた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/40386535

この記事へのトラックバック一覧です: 検索エンジンの不思議:

« 配りものとゴミ | トップページ | 面が割れてた »