« パソコン録音 | トップページ | 空耳 »

2008年2月23日 (土)

音訳ボランティア

昨日午前中は、次年度の俳句の担当を決める日でした。次年度は、所属する部を一つ減らしたので、時間の余裕ができて楽になるはず。その分を蔵書のほうにシフトしようかと思ってたら、あらまあ、俳句グループ、人数が減って、担当月が増えてしまいました。これじゃ、今年と余り変わらないどころか、録音する時間はかえって増えるよ。まあ、イヤイヤやるんじゃなく、興味持ってる俳句だからいいか~

会に入会した時は、本を読んで録音図書を作るべく、音源を作るだけだと思ってました。そうしたらとんでもない、いろんな用事があるのね。録音図書を作るほかに、いくつかの雑誌を定期的に読んでるし、市の広報、市議会便り、プライベートなもの・・・それに伴う編集・発送・事務仕事。活動内容を書き出していけばこれでもかというほどあります。それだけ、利用者や行政の要望にこたえてきたんだろうな。でも、ボランティア団体としては、もうちょっと小規模のほうが動きがいいような気がします(あくまでも私の個人的感想)。

音訳のボランティアは、本来、音源を作るだけでいいんじゃないのかなあ。音源から録音図書に仕上げるのは図書館の仕事。広報、市議会便りはボランティアは音源を作るまで。編集・発送するのは市役所の仕事じゃないのかなあ。音源を作ることに専念すれば、組織も三角形のピラミッド形じゃなくて、もっとフラットな形にできて、わかりやすくなる。何より、あぶらの乗った中堅どころが、もっと音訳に時間が使えると思う。あら、会そのものを批判するようなことを言ってるかしら?「この頃の若い人はほんとに・・・・」という声が聞こえてきそう。入会年度年令なので、私、まだ幼稚園児ぐらいです。生意気な事いうひねた幼稚園児ですみません。

|

« パソコン録音 | トップページ | 空耳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/40228990

この記事へのトラックバック一覧です: 音訳ボランティア:

« パソコン録音 | トップページ | 空耳 »