« 昨夜の献立 | トップページ | 事始め »

2008年2月 1日 (金)

これでいいの?

ちょっと元気になると文句を言い出します(元に戻った証拠です)。NHK日本語センターの朗読講座を受講してます。1年に前期・後期とあるんだけど、いまだに前期分をやってます。受講開始から1年以内が提出締め切りなので、ギリギリというところです。

それぞれの回に、解説テープ、参考作品のテープのセットがあり、それを聞いて、課題テープを作って提出すると、添削テープが戻ってきます。指摘を受ける事は沢山、マンツーマンの指導なので、それなりに得るところ大です。参考作品はアナウンサーが読んでます。提出する課題テープもほとんど同じ作品からです。、最終回は中嶋 敦の「名人伝」、漢語調でむずかしいなあ。まずは耳だけで何回か聞いて、今度はテキストを見ながら聞いたら、なんとまあ、6分弱のテープの中に、副詞を落としているのが1箇所、助詞の誤読が2箇所あります。こんなんでいいの?

初心者が言うのもなんだけど、読み方とか、間とかは勿論重要だけど、間違いなく読むほうが先じゃないの?音訳関連の、著作権についてのレポートで、著作を1字1句変えないで、そのまま読むことが、著作権を侵さない最低ルールというのがあって、なるほどと思ったことがあります(間違いがなくても、聞いてて眠くなるテープもねえ・・・と、先輩に言われてはいますが)。音訳も朗読も同じだと思うんだけど。音訳は自分が読みやすいように助詞を変えたり、副詞をすっ飛ばしてそのままなんて考えられない。参考作品の読みを解説している講座担当者は、確認で聞いてないんでしょうかねえ。それとも読み替えあり?すっ飛ばしOK?参考作品のテープ読んでるの、働き盛りバリバリアナウンサーから、ベテランアナ、その上とラインナップ揃ってます。今回はその上の御仁だったから、そのまま通しちゃったという事はまさかないよね。

助詞を誤読し、副詞をすっ飛ばした課題テープを提出したら、どんな添削テープが帰ってくるかと好奇心はそそられるけど、そんなイタズラはしません。なんせ受講料高いんだもん。勿体ない。それに中嶋 敦好きだから、そんな彼の作品を冒涜するようなことは致しません。高い受講料を取ってるんだぞぉ~。「さすが」と、参考になる参考作品を希望いたします。

|

« 昨夜の献立 | トップページ | 事始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/17899300

この記事へのトラックバック一覧です: これでいいの?:

« 昨夜の献立 | トップページ | 事始め »