« 元社長の肩書き | トップページ | 惜しい、96815円 »

2008年2月26日 (火)

一瞬の風になれ

昨晩11時から、4夜連続放映の初回を見ました。本屋大賞を取ったという原作を読んだばかりです。知り合いの娘さんが陸上をやってるので、陸上の世界に興味を持って読んだ次第。まあ、本のほうは、それなりに楽しみました。ハードカバー3冊分でした。

テレビドラマ化したのを見たらガッカリするだろうと思って予想はしていたのですが、予想以上にがっかり。新二、違うだろ。連、違うだろ。ジャニーズで売出し中か、これから売り出す子なのかしらないけど、全く薄っぺらの登場人物になってます。仕方がないねえ。原作では小さなことを沢山積み重ねて人物設定してあるのに、それを全部取っ払って、骨組みだけになってるんでスカスカになるのは当然か。台詞は確かに本の中の会話と一緒なんだけどねえ。放映後に、「一瞬の風になれ」の原作に、ドラマ的シチュエーションを加えましたとお断りがでたけど、加えたんじゃなく、大幅に減らして、原作にある魅力をなくした仕上がりだと思う。配役も、新二と連役をいれかえたほうが、まだ原作のイメージに近くなる。2話目の今夜はもう見ません。

もうひとつ、突っ込んでおこう。新二の兄ちゃんの健ちゃんが、サッカーセンス抜群で、プロ選手になるんだけど、原作はジュビロ入団なのに、テレビドラマではエスパルス入団になってる。そういう設定にしたほうが、話は盛り上がると言うことで変わったんでしょうね。ジュビロ関係者ならびにジュビロサポーターの皆様、世間の流れはそういうことですぞ。まあ、確かに今はエスパルスのほうが勢いあるけど、わざわざそこを変えるかと思うけどね。それとも、脚本家がエスパルスの熱狂的ファンなのかしらん。
同日10時追記
「一瞬の風になれ」の検索で入ってくる人が多いので、その関連の記事を見たら、ジャニーズの何とか君の復帰スペシャルドラマだそうな。「何とかく~ん、素敵」という中に、このブログが混じってました。原作者の佐藤さんは、ドラマ化にOKしたのを悔やむ趣旨のことを御自身のブログに書いたとのこと。あのドラマの内容・仕上がりを見れば、激しく悔やむでしょう。

|

« 元社長の肩書き | トップページ | 惜しい、96815円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/40273835

この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬の風になれ:

« 元社長の肩書き | トップページ | 惜しい、96815円 »