« 録音テープ不良 | トップページ | 夕方帰宅 »

2008年1月 9日 (水)

新年のご挨拶とイチャモン

昨日は新年初めての同期勉強会。会う人毎に、「おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします」とご挨拶してました。

勉強会、もうすぐまるまる2年です。オブザーバーとして先輩の方に出ていただけるのは、今年の3月まで。4月からどういう形にするか考えなきゃいけないんだよね。一応今の形としては3月まで。4月からは希望者だけという形になると思うんだけど、どれぐらいの人数が残るのかな。最初の養成講座のときから一緒のメンバーです。それぞれのいい所も悪いところも知ってるし、悪戦苦闘してきた過程もわかります。遠慮なく「そこ、おかしいよ」と言えるし、言って貰えると思うんで、勉強会続くといいんだけど。

もっとも、言って貰ってわかるかどうかが問題。昨日も、私の読み方、音がおよいでいると指摘してもらったんだけど、当の私は、それがどんなことなのか理解できません。でも、そのことを忘れずにいると、何ヶ月かしてから、「あの時言って貰ったのはこのことだったのか」とわかるときがあるのです(と思う)。今までも何回かそういうことはあったから。私の辞書には打てば響くというのがなくて、申し訳ない。

帰ってきてから、自己校正の続きをやりました。3巻分、聞き終わりました。しかし、下手だなあ。何回もやり直して、私としては最善を尽くしているつもりなんだけど、聞きやすいとはいえない。これで蔵書を作っていいんだろうかと、最近よく思います。そうかといってやらないといつまでもたっても今のままだしね。でもさ、不思議なことがあります。会の中で、新人のほうがせっせと登録して、蔵書を作るべく、悪戦苦闘してます。読む力のある先輩方は、もっと蔵書を作ってしかるべきだと思うんだけど。新人は時間をかけて、ゆっくりペースで仕上げるんだから、それと同じペースでも年に1冊、ゆうにそれ以上は出来ると思うんだけど・・・・一応、ブログ上だけとは言え、先輩方に注文つけるなんて、私もいい度胸だこと。ある日、図書館裏へ呼び出されてボコボコにされたりして~このブログ、突然お休みしたら、呼び出されて意気消沈してるのかも。いやいや、呼び出されても応戦できるように、体力つけときましょうか。

|

« 録音テープ不良 | トップページ | 夕方帰宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/17624960

この記事へのトラックバック一覧です: 新年のご挨拶とイチャモン:

« 録音テープ不良 | トップページ | 夕方帰宅 »