« 「まさか」はあった | トップページ | 予定を全部飛ばした »

2008年1月17日 (木)

「まさか」を乗り切った

「人生には上り坂、下り坂、もうひとつ、まさかがある」といったのは,確か、小泉さんだったと思うけど、その「まさか」はどっちに勾配がかかってるんだろう。ワタクシ「まさか」を乗り切りました、ホントにブログのネタにしようと思って、トラブルを起こしてるわけじゃないんですけどね。

昨日書いたように、相互校正提出寸前に、録音したテープが動かなくなる羽目におちいりました。7巻のうちの最初の1巻です。専門家に相談したら、何とかするには、高速コピーの強い力で動かすのが唯一可能性のある道との事(高速コピー機というのは早い回転で、あっという間にテープの両面コピーができます)。昨日は10時から図書館で用事があったので、その前に一仕事と、9時少しすぎに図書館に着きました。テープは中途半端な位置で動かなくなってます。高速コピー機にかけてもやっぱり動かない。ちょっとはテロテロ低速で回るのに、またすぐ止まってしまいます。やっぱりテープの不良だな。こりゃダメかな。どうせダメだったらと、かなり手巻きで送ってみてからスイッチを入れたら、多少速度は遅いものの動くではありませんか。早速新品のテープをセットしてコピーしました。もう途中で止まらないでくれと祈るような気分。最後までちゃんと動きました。他の6巻のテープも念のため、コピーとりました。

でも、聞き直しをしないとちゃんと入ってるかどうかわからない。10時から所属する部の活動が始まってしまったので、そちらの聞き返しに入りました。エーン、ホントは自分のテープの聞き返しをしたいよう。この作業は12時近くに終了。相互校正をしてくれる方も、今日見えてたので、出来たら渡したい。相互校正の方が「私が聞きながらチェックするよ」というのに甘えて、最初と最後だけ聞き返しをして渡しました。家に帰ってきて、念のため全部聞いてみました。ちゃんと大丈夫みたいです。昨日から、大騒ぎだったな。聞き返しの作業中、「でも、そんなテープトラブルの話、あんまり聞かないよ。○○さんがみんなの厄を引き受けてくれてるのかしら」って、○○さんって私です。オイオイ勘弁してほしいよ。厄除け団子をもう一度買いに行こうかしら。

|

« 「まさか」はあった | トップページ | 予定を全部飛ばした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/17714999

この記事へのトラックバック一覧です: 「まさか」を乗り切った:

« 「まさか」はあった | トップページ | 予定を全部飛ばした »