« 感想戦 | トップページ | よりどりみどり »

2007年11月24日 (土)

寸詰まり

音訳に慣れてらっしゃる方は、1冊仕上げるのにどれだけ時間がかかるのよとあきれてるかもしれませんが、まだ行きつ戻りつしてます。今までやったところを、通しでざっと聞いてみたら、ありゃまあ。1巻目と4巻目と、同じ人が読んでるとは思えない。もともと、音域が狭いんで、1本調子になりやすいといわれてます。1巻目は気をつけてるのに、4巻目ぐらいになると、1文をギュッとつまったように読んでいる。これが調子いいと思ってたんでしょうね。いや、ちゃんと聞き返しをして、先に進んでます。この時はこれでいいと思ったのになあ。

ウ~ン、やり直そうか。さすがに自分でも、こんなことをしてるといつまでも仕上がらないぞと思い始めてます。年内ゴールの予定だったんだけど。でも、このまま進めるのもなあ。完成させて校正を受けたら、読み直しをしたいと思っても出来ないし。どうしたものかと迷って、結局やり直すんだよね。やり直してよくなり場合もあるし、余計、変になる可能性無きにしも非ず。自分のリズムと速さが出来てないのが原因です。その日によって、いきあたりばったりだからこうなるんだ・・・だけどさ、それがわかってきただけでも大した進歩ではないか。一応、自分で褒めとかないと、凹んだままになってしまう。

1巻目の読みがこれでいいかどうかはわからないんだけど、一応、これをベースにして読めばいいんだ(今更何を言ってるんだと、自分でツッコンデおきます)。
さっき、ちりとてちんを見終わったところなので、師匠さんの稽古をつけてるところ、「そのご陽気なこと」というくだりが、頭の中でリフレインしてます。若狭塗箸は、箸にいろんな物をつけて、その上に漆をかけて研ぎだしてきれいな模様を出すと、きよみのお父さんが言ってたけど、私は、いろんなもの、卵の殻とかを乗っけている状態。漆をかけて研ぎだす日は来るのでありましょうや?

|

« 感想戦 | トップページ | よりどりみどり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/17168982

この記事へのトラックバック一覧です: 寸詰まり:

« 感想戦 | トップページ | よりどりみどり »