« 直売みかん | トップページ | すみません »

2007年11月13日 (火)

電子図書

今朝、起き抜けのポヤ~ンとした頭で聞いたことなので、間違いがあるかもしれません。そのつもりで読み流してください。

東京の千代田図書館で、電子図書の形で貸し出しを始めるそうです(開始時期も言ったと思うんだけど、聞き飛ばしました。すみません)。対象は千代田区民限定。パソコンや携帯にデータを落とす。貸出期間を過ぎると、データは消えるし、複製できないようにあらかじめ設定してあるとのこと。音声で聞ける図書もあるとのこと。

へえ、そういう時代になったんだ。しかし、千代田区民限定ってのがわからない。そういうのが可能になれば、地域設定っていらなくなると思うんだけど。それともやり取りするデータが膨大になると困るんで、地域設定が必要なのかな。パソコンを使ってはいるけど、私は、電子図書じゃなく、今までの形の本の方がいいなあ。まあ、本を借りるのに出かけなくてもいいのは助かるけど。

宮部みゆきの新刊本なんかは、予約待ちが膨大な人数だけど、こういう形になると、一斉配信するのかな。でも、そうなると肝心の本が売れなくなるよね。新刊はある程度の期間ははずすのかな(詳細不明なので、私の予想です)。私の反応したところは、「音声で聞ける図書」です。今の録音図書は視覚障害者限定で許諾がおりてるんだけど、利用者限定はあるのか、ないのか。音声訳も、人の声じゃなく、データで処理されていくのかしら。

その昔、和文タイプを習いかけたことがあったんだけど、いまや、パソコンのワードで誰もが簡単にできる状態です。今、聞いてわかりやすい音訳に四苦八苦してるのに、時代は、一気にデータ処理の音訳になるのかな。

|

« 直売みかん | トップページ | すみません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/17060888

この記事へのトラックバック一覧です: 電子図書:

« 直売みかん | トップページ | すみません »