« よりどりみどり | トップページ | 神業だ »

2007年11月26日 (月)

ネット格差

昨日は、1年に1度開催の利用者交流会に出てきました。ネット格差という言葉、一応承知していましたが、視覚障害者の方は、尚更、その差が大きいんだとわかりました。

図書館の利用の仕方、情報の取り方ということで、5人の視覚障害者の方がパネラーとして発言しました。その中のひとりが、何やら手で触りながら、発言してました。あとで見せてもらったら、携帯の点字リーダーでした。携帯電話ぐらいの大きさで、点字が突起で出てきます。パソコン経由で、いろんな情報を落とし込んで、読むとのこと。
「これさえあれば、いつでも、どこでも、暗い中でも読めるんで便利ですよ」とのこと。かなりの情報量が取り込めるんだ。勿論、本も。そんなにゆっくり話を聞いたわけではないので、正確さを欠くかもしれませんが、私たちが図書館で本を借りるより、便利じゃない。私たちは、書誌情報を調べることは出来ても、内容は取り込めない。音声ソフトもあるはずだから、音声でも聞けるはずだし。視覚障害者の方はプロバイダーの利用料と、そのネットの登録料を払えばOKとのこと。私たち、ネットで無料で読めるの、著作権切れた分だけだものね。ネット文庫もあるけど、1冊ずつ買うんだし。

録音図書の貸出数減ってると思うけど、当然だ。手許にネット経由で、情報を落とせるんだから。パソコンを使い始める時は手厚いサポートがつくと思うし。そんな風にダウンロードするんなら、録音図書を作るのは 全国でホントにレベルの高い人だけやればいいのかなと思い始めました。

これからどんな風に変わっていくんだろう。まあ、世の中の動きにのって行きましょうか。でも、とりあえず、私は、今やってる蔵書を完成させないと~

|

« よりどりみどり | トップページ | 神業だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/17184739

この記事へのトラックバック一覧です: ネット格差:

« よりどりみどり | トップページ | 神業だ »