« ローマンホリディ | トップページ | 一段落 »

2007年9月11日 (火)

東京・自然農園物語

本を読むの、好きでした。濫読、斜め読み、一気読み、結構、乱暴な読み方をしてました。1冊の本を読み終わるのも早かった。速読とまでは行かないけど、それに近いことをしてんたんだと思います。それが音訳なんぞというのを始めたら、ガタッと読むスピードが落ちました。知らないうちに、頭の中で、文字を音声化して読んでます。まどろっこしいたらありゃしない。ここ2年ほど、本を読む楽しみから遠ざかっていました(音訳している本にじっくり取り組んで、ヒマがなかったせいもあるんだけど)

それでも、新聞の書評欄などはみてました。書評欄に載ってた「東京・自然農園物語」、面白そうだなと思って、図書館に予約をかけておきました。結構前のことです。すっかり忘れていたら、図書館からメールがはいって、順番が回ってきたとのこと。

一気に読みました。たまたま、同じ安アパートを借りていた4人に、東京の一等地の4000坪の土地相続の話が舞い込んで・・・・いろいろあり、果たしてどうなっていくか、という話です。こういうの好きだなあ。私が本を読むのは楽しみたいんだもん、ワクワクしたいんだもん。一人の人の内面がどうたらこうたらなんて話はクソくらえです。男と女の情念からまる泥沼なんてのもゴメンこうむりたい。

こういう本を音訳するといいんだよなと、ちょっと助平根性が出ます。でも、今、生憎、手がふさがってます。どなたか、この本、音訳しませんか?国会図書館の資料当たっても、まだ誰も音訳してないみたいです。
「東京・自然農園物語」 山田健著、草思社刊。
1年たって、誰も音訳してなかったらしようかな。この本、早く文庫化するといいんだけど。

|

« ローマンホリディ | トップページ | 一段落 »

コメント

ないーぶネットで検索すると
https://www.naiiv.gr.jp/cgi-bin/CN1MN1
神奈川ライトセンターで(ディジー・テープ)着手済み
点字も2館着手
書評に載ったものは、まずリーチがかかります。

投稿: henatyoko | 2007年9月11日 (火) 13時54分

私、スローペースだから、1年たっても手はまだ空かないと思うんですけどね。1年後には、もうあちこちで出来上がってますね。1年後のことより、今の手持ちを早く仕上げなくちゃ~

投稿: はっちょ | 2007年9月11日 (火) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/16411805

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・自然農園物語:

« ローマンホリディ | トップページ | 一段落 »