« ギャッ・国立 | トップページ | たまには菊の花 »

2007年9月21日 (金)

クレーム顛末

先日の録音テープ不良、ちゃんとクレームつけましょと販売元に連絡することにしました。(レシートないので販売店には持ち込めず)。ところが、商品のどこにも連絡先はなし。ホームページのアドレスのみ。最近はこういうのが主流なんですかね。ホームページのぞいて、電話番号を見つけたのに、市内料金扱いでかかる番号がIP電話では接続できず。何だか、意地になって、料金こちらもちで、市外扱いの電話をかけました。

トラブルの症状を伝えたら、相手の示した送付先は宮城県でした。コールセンターは神奈川県だったし、基地は全国に散在してるんだ。先方に説明して送ったテープは2本。
症状1 テープのA面は普通に録音できるけど、B面が右・左、著しくバランスを欠いて、片肺でしか録音できない。4本組みで買ったテープが全部、この症状。手許にある別のテープを入れると、普通に録音できるので、デッキの不良ではないのは当方で確認済。4本のうち1本を送付。
症状2 違う時期に買ったテープが、録音途中で止まってしまう。おろしたての新品テープです。

昨日、その返事が帰ってきました。症状1については、録音してみたがそのようなトラブルは再現できない。録音ヘッドと何らかの原因で接触不良が起こったのではないかとのこと。返送されてきたテープ、実際、当方の録音した片肺録音の後に、先方の録音したバランスいい音が続いてるんだけどね。でも、不良テープ、別のテープと何回も入れなおして、同じデッキで録音を繰り返して、不良テープだけ、その症状が出ました。こっちもクレームつける以上、何回も確認してるんでありますが。
症状2については、テープにシワのような傷がついてたのこと。デッキにかけたとき、送りの具合で傷がついただろうとのことでした(このテープは返送されず)

故に、テープは不良にあらずということです(こういう言葉は使ってなかったけど)。釈然としないなあ。でも、これ以上進展しようがないので矛をおさめます。ご迷惑とお手数をかけたお詫びですと、60分テープ10本送られてきました。60分テープ、10本も貰ってもあまりつかわない。90分テープが主流なので、どうせ送ってくれるなら90分テープが良かったのになあというのはクレーマーの世迷言です。

10月にはいったら、デジタル録音の講習会もあるというし、そろそろ、切り替え時かな。

|

« ギャッ・国立 | トップページ | たまには菊の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/16519207

この記事へのトラックバック一覧です: クレーム顛末:

« ギャッ・国立 | トップページ | たまには菊の花 »