« 時は過ぎてゆく | トップページ | 東京・自然農園物語 »

2007年9月10日 (月)

ローマンホリディ

昨夜のラジオ文芸館は、またもやアンコール放送でした。でも、昨夜のは歓迎。山田敦子アナウンサーのローマンホリディだったから。山田敦子さんの声も語りも喋りも、全部好きです。ラジオの午前中の枠をずっとやってたんだけど、担当が替って、声が聞けません。今、どこかの番組を受け持ってるんでしょうか? ご存知の方がいらしたら教えてください。

ローマンホリディ、前回の放送のときも、楽しんで聞きました。この話はどういう風に展開して、どういう風に終わるんだろうと。45分枠の番組です。今回はアンコールだったので、話は全部わかっているのですが、それでも面白かった。声や語りそのものを楽しみました。朗読の○○というアナウンサーの語り、聞いててイヤになってきます。変な感情移入、過剰な工夫がしてあるからだと思うんだけど、私は山田アナウンサーみたいな朗読が好きだなあ。

ラジオ文芸館の放送予定を見たら、やっぱりアンコール放送が多い。どうしてなんだろう。若手アナウンサーの語りを磨くために、新人級もどんどんやらせればいいのに。新人たって、プロなんだから。それとも、いっそ「のど自慢」みたいに、素人に参加させるというのはどうだろう。HHKの朗読通信講座を受けている人対象の、朗読コンテストに、沢山の応募があるやに聞きます。そのうちの優秀賞を取った人なんかにやらせたら、喜んでやると思うけど。1ヶ月ひとりとして、12回分の枠が埋まります。アナウンサーとアマチュアの力量の差もわかって面白いじゃない・・・アマチュアのほうが聞きやすいなんて声が上がると、もっと面白いけど。
ラジオ文芸館のことを書くと、nhkのリモートホストの方が来る事があります。関係者の目に留まったら、是非ご検討ください。朗読コンテスト入賞者の作品を集めたCDを売ってるんだけど、それより、はるかにいいと思う。12回分の枠が、レベルからいって無理なら、まずは1回分だけでも試してください(ラジオ文芸館の朗読が、皆絶賛というレベルでもないんだからさ)。

|

« 時は過ぎてゆく | トップページ | 東京・自然農園物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/16401845

この記事へのトラックバック一覧です: ローマンホリディ:

« 時は過ぎてゆく | トップページ | 東京・自然農園物語 »