« 連チャン | トップページ | 検索ワード »

2007年9月27日 (木)

国立音楽大学

昨日は、先だって書いた、誤読入りテープの反省会でした。最初に、校正した人が校正箇所を報告して、次に、読んだ本人の反省等。その後、質問やら感想になります。8月の部会は夏休みでお休みだったので、今回はふた月分、4巻分です。

くだんの「クニタチ」を「コクリツ」と読んでしまった私の誤読。校正担当の人が「気がつかなくて申し訳ありません」と謝ってくれました。部会に出た人たち、エーッて、声が上がったけど、テープ聞いても気がつかなかったのかな。それとも、そのテープをまだ聞いてないのかな?ともかく、私は誤読の張本人なので、「すみません」と頭を下げました。

他にも、沢山、いろんな指摘を受けたり、これから注意した方がいい事を教えてもらいました。直るかどうかは別として、言われたことは、成程、そうなんだと納得しました。私の分は、まだ初心者へのアドバイスなんでわかりやすいんだけど、上手い人へのアドバイスは皆目わかりません。同期のBさんのテープ、私が聞くと、いいなあと思える出来なんだけど、それなりにいろんなアドバイスがありました。その内容は、全く、理解の外。隣にいたもうひとりの同期の人に「わかる?」と聞いたら首を振ってたので、多分、私と同じレベルなんだ。

言われたBさんは、ちゃんとアドバイスの内容わかってるんだろうな。今度、どういう意味なのか、教えてもらおう。この頃よく思うんだけど、同期でスタートは同じでも、スタートラインは違うなあと思います。上手い人は、初めからわかりやすい読みができてるし、耳も確か。能力というか、センスというか、持っているものが違う。まあ、美人もブスもいる世の中、その辺のところを嘆いても仕方がない。

私、大ポカをするのもばれちゃったし、読みの今のレベルもばれちゃったし、みんな、バレバレ。美人でないのは初めからばれてるし~

|

« 連チャン | トップページ | 検索ワード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/16584360

この記事へのトラックバック一覧です: 国立音楽大学:

« 連チャン | トップページ | 検索ワード »