« 校正終了 | トップページ | エコパ »

2007年8月 4日 (土)

らんごくない

昨日は、午前中、出先で少し仕事をして、午後、図書館へよりました。お昼ごはんは途中で調達。図書館の用事はテープコピーの手伝いです。180巻ぐらい。

顔見知りの人たちが、お弁当を食べていたので、仲間に混ぜてもらいました。その横で、先輩がなにやら書いていて、終わったら、「らんごくないけど、書いたから、これを入れておいて」といって書類を渡しました。あら、懐かしい、らんごくないという言葉、久しぶりに聞きました。

「らんごくない」、御存知ですか? 「らんごく」、「らんごかない」とも言います。乱雑、雑然としているというような意味かな。
「家の中、らんごくだけど、寄ってかない」、「そんならんごかないことやってるとお嫁にいけないよ」、「あの人は、ほんとにらんごかないやあ」

私の母の世代がよく使ってた言葉だと思います。方言なんでしょうね。昨日、らんごくないといったのは、私より年配の方。一緒にいた3人の方は、「一度も聞いたことない、どんな意味なの?」と言ってました。その中で一番若手は20代、土地っ子だけど、母親が40代後半といってたから、「らんごくない」聞いたことないかもしれないなあ。

話は一気に遡るけど、高校の国語の時間、先生が「方言はいい言葉なんだよ」と力説してました。そのとき、例に挙げたのが、「ひづるしい」と「じゅるい」でした。この言葉の感じを共通語で表そうと思ってもないんだよと言われてました。ひづるしいはまぶしいこと、じゅるいは、じゅるじゅるしてることです(へんな説明だけど)。

T先生、「らんごくない」もありましたよう~ T先生、土地っ子ではなかったから、先生の方言収集の網に「らんごくない」は入らなかったんだろうな。
昨日、「らんごくない」を聞いて、子供のころにタイムスリップしたような気分になりました。ごく、自然な感じで使われてたからだと思います。

らんごくない、聞けば懐かしいけど、自分の言葉としては出てこないと思うから、方言はやっぱりなくなっていくんだろうな。

|

« 校正終了 | トップページ | エコパ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/16000787

この記事へのトラックバック一覧です: らんごくない:

« 校正終了 | トップページ | エコパ »