« エコパ | トップページ | 気分は円楽師匠 »

2007年8月 6日 (月)

入眠剤代わり?

日曜夜は、ラジオ文芸館を聞くのを楽しみにしてます。昨日も忘れずに、ラジオのスイッチを入れたのに、聞いてるうちに寝入ってしまいました。

2006年の優れた放送作品におくられるギャラクシー賞なるものを受賞したという触れ込みのアンコール放送です。タイトルは「蝶」。ふ~ん、これがそんないい作品なのかなあと思いながら聞いてました。アナウンサーの朗読にかぶせて、音楽が流れているんだけど、うるさいなあ。声だけを聞きたいと思うのは、私が音楽センスがないからなのかしらん。

理容店の壁に、蝶の標本がずらっと並んでいる・・・この話はこれからどう展開していくんだと思ったあたりで、ストンと眠ってしまいました。暑くて、寝付けない日もあると言うのにどういうこっちゃ。程よい音域の声が、入眠剤になったのかな。

時々は聞くのを忘れちゃうから、定かではないんだけど、ラジオ文芸館、アンコール放送が多いような気がします。アナウンサー沢山いると思うから、毎回、新作を流せばいいのに。それで評判の良かった作品は、別枠の時間で、毎月1回くらい、ラジオ文芸館アンコールとして流す。それでないと、人材が育たないよと、天下のNHKに偉そうなことを言っちゃったりして~

「朗読の○○」と評価を受けてるアナウンサーの朗読がいいかというとそうでもありません。単に好き嫌いかもしれませんが、あ~、この人の読みは勘弁してよと思う人がいます。まあ、何がダメなのかわかったほうがいいんで聞くことは聞くのですが、嫌になって途中でスイッチ切ってしまうこともあります。彼女の(へへへ、そのアナウンサー、女性です)、気持ちの乗せ方についていけないんだろうと思います。あんたのやってるのは、舞台用の演出だろうと思ってしまいます。自他共に、「朗読の○○」と言うことになってるアナウンサーに対して、我ながらすごいことを言ってるなあ。

もし関係者の目に触れたら、素人の戯言と聞き流してください。戯言はこれからも書いていきますけども~
同日19時30分追記
そのアナウンサー、誰ですかとメールを貰ったけど、それはちと書けません。朗読の○○と言われてる方、何人かいます。間違ったほうを思い浮かべられても困るから、大御所のほうではなく、中堅どころです。ラジオ文芸館聞いてる方はわかる筈。

|

« エコパ | トップページ | 気分は円楽師匠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/16022837

この記事へのトラックバック一覧です: 入眠剤代わり?:

« エコパ | トップページ | 気分は円楽師匠 »