« 庭での観察 | トップページ | 校正終了 »

2007年8月 2日 (木)

次々故障

我家、OMソーラーなる仕組みの家です。お日さまの熱を利用。冬は床下に暖かい空気を入れて暖房、夏はお湯取りに使ってます。

昨日、不具合発見。制御盤は、ちゃんと夏モードにしてるのに、床下に暖かい空気(というか熱い空気)が流れてます。この住宅、建てた会社、倒産してます。ホント、10年保証だのなんだの言ったって、保証する会社がなくなっちまったら、どうにもなりません。
メンテナンス請け負うために、その後出来た会社に連絡取りました。小規模の会社です。今、リフォームの現場を抱えてて動きが取れないとの事。一応、顔見知りの方です。あまり無理も言えず、出来るだけ早く、時間作ってねと頼んでおきました。
午後、電話が入って、夕方以降なら伺えますとの事。あら、ありがたや、早速お願いしました。天井の小屋裏に入って、点検してくれました。狭くて暑い。私も上っていって、顔だけ覗き込みました。「オクサン、そこのコンセント抜いてください」なんて言われて、助手もつとめました。何せ、身動きもままならない狭い空間です。

風の流れをコントロールするダンパーを動かすモーターの不良ということです。早速、部品の調達をお願いしました。
これで一件落着かと思ってたら、夜10時を過ぎて、ダクトから、バタンバタン音がします。こりゃ何の音だ。第一こんな音がしてたんじゃ眠れないぞ。遅くに申し訳なかったのですが、夕方きてくれたSさんの携帯に電話しました。

モーターをはずしたので、ダンパーがフリーになってしまって、バタンバタン音を立てているのだろうとの事。10時過ぎに冷風モードが有効になったので音を立て始めたようです。対処方法を教えてもらって、操作したら静かになりました。1日の仕事終わってから、暑い小屋裏に入ってもらった上に、10時過ぎのくつろぎの時間に電話を入れて申し訳ありませんでした。なんぞと言いつつ、工事の不備があるとバンバン文句言うんだよな。

10年たって、家もあちこち、不具合が出るころかな。そんな事いえば、人間のほうはもっと経ってるよねといったら、人間のほうはちゃんとメンテナンスやってるから大丈夫と相方は申しております。ホントかな。

|

« 庭での観察 | トップページ | 校正終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/15981179

この記事へのトラックバック一覧です: 次々故障:

« 庭での観察 | トップページ | 校正終了 »