« アイタタ | トップページ | 真っ黒 »

2007年8月22日 (水)

常葉菊川・残念

高校野球もひところほどは熱が入りません。選手が自分より年下になったのが、第一段階、子供の年よりもっと下になったのが第二段階くらいで、熱が冷めたのかな。
高校野球、一番記憶に残ってるのは、浪商の尾崎と、法政ニ高の柴田が投げあった試合です(柴田は巨人に入って、それから長いこと巨人のファンでした)。選手で誰が一番好きだったかと言うと、日大三高、一塁手だった倍賞です。倍賞かっこよかった。荒木も斉藤も目じゃありません。え~っと、私はそのころ何歳だったんだろう。小学生だと思うんだけど、夏休み、外で遊ばずにテレビ見てたのかなあ。何か、年寄りの昔話みたいになっちゃいました。

常葉菊川は気になりながらも、テレビは見てませんでした。どうなったのかなと思ってみたら、9回の攻撃。後1歩だったのに残念。県大会も、確か、延長逆転とか続いて、甲子園いった事自体、すごいなあと思ってました。それが4強まで勝ち進んだんだからたいしたもんだ。常葉菊川のチーム、選手より、森下監督のほうに思い入れを持ってしまいます。浜商センバツ優勝したときの主将です。これもだいぶ前の話だけど。姿が映るたびに、頭の中で、高校生の時の顔と、今の顔が並んでしまいます。それなりの年月が経ってるんだから、それなりの顔になってて当然。

そういえば、昨日の朝のラジオ、全国版のニュースで、常葉菊川を変なアクセントで言ってましたっけ。センバツで優勝したんだし、夏も4強までいってるんだから、奇妙奇天烈な呼び方はやめてよ。
たぶん、今日の決勝戦も見ないと思うけど、どっちが優勝したほうがいいかというと、佐賀北かな。

|

« アイタタ | トップページ | 真っ黒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/16199249

この記事へのトラックバック一覧です: 常葉菊川・残念:

« アイタタ | トップページ | 真っ黒 »