« 引越し | トップページ | 使用前・使用後 »

2007年7月 6日 (金)

体感温度

昨日のエアコンの話の続きになるのですが・・・
エアコン苦手です、できたら、真夏も暑い暑いといいながら汗を流しているほうがいい。家の中では、もう真夏仕様のTシャツに短パンの格好でいます。人によって、体感温度は違うもので、相方はエアコン入れて、気持ちいい中で過ごしたいほう。でも、その中にいると、私は体が冷え切ってしまいます。着る物を重ねて調節しようと思っても、長いこといると骨の髄まで冷えてしまう感じ。かくて、夏の間は家庭内別居とあいなります。ちゃんとご飯は一緒に食べるし、暑いときは、時々涼みに、相方の領土へ入るのではありますが~

我家でエアコン入れるといっても、ガンガンに冷やすということはありません。暑い空気を鎮める程度。でも、週一でいく派遣の仕事先は(オーナーの自宅で仕事をするので)、23度設定あたりで、部屋に入ると冷え切ってます。まず最初にすることは、エアコンをオフにするか、設定温度を上げる。そうかといって、私ひとりいるわけでもないので、私好みの温度にするわけにもいきません。初めから冷えるとわかってるので、真夏でも、肌着を着けて、防御体制でいきます。上に1枚はおる程度では追いつきません。
今まではそれで良かったのに、仕事先から図書館に回ることが多くなりました。図書館は我家と同じぐらいの設定温度。あら、私はどうすればいいんでしょう。途中でお色直しをする如く、着替えるのかしら? 

もう少しふっくらした体型になって、冷房が大丈夫になればいいんだけど~ でも、ふっくら体型を目指すと、お腹だけぷっくり体型になりそうだから(もうなってるし)、やめたほうがいいな。エアコンメーカー殿、冷房温度、設定限度がついたエアコンを仕様にしてくだされ。

|

« 引越し | トップページ | 使用前・使用後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/15668156

この記事へのトラックバック一覧です: 体感温度:

« 引越し | トップページ | 使用前・使用後 »