« 「八日目の・」 | トップページ | 盆ぎり »

2007年7月12日 (木)

[八日目の・」その後

「八日目の蝉」、図書館に寄贈してきました。

「この本、検索しても出てこないんだけど、どうしてなの?」という文句つきの寄贈。図書館の書誌情報で確認すると、題名どおりの「セミ」の字で登録してあります。つくりの単、上の点が3つチョンチョンではなくて、口が二つ並ぶ、旧字体。字によってはパソコンで表記されないことあるのでと、司書の方がネットにつないで、図書館のホームページで、蔵書検索をかけてくれました。そしたら、やっぱり「八日目の・」でしか出てこない。登録時にタイトルどおりの旧字体使って、検索時に該当書籍なしじゃ意味ありませんよねえと、偉そうに言っちゃいました。すぐ改善できないかも知れないけれど、検討するとのことです。

久しぶりに図書館に行きました。部員向けの貸出用テープがあったのでいくつか借りてきました。90分テープ4本、60分テープ2本、60分テープ2本、それぞれ違う部で作ったものです。調子に乗って借りてきたけど、こんなに沢山聞く時間があるのかしら?
この中で、ちゃんと聞かなきゃいけないのは、60分テープ2本だけです。後は何かやりながら聞くことにしよう。

今日の用事は、蔵書の発送当番です。ひところは録音テープでの貸出が多かったんだけど、この頃はCDの希望が急増。そのほうが利用者は便利だもんね。各部での録音物はまだまだしばらくはテープだと思うので、当分は、テープと、CDが混在状態かな。CDといっても、普通のCDプレーヤーにかけても再生できません。専用の読み取り機が必要です。視覚障害者は、生活必需品ということで、安価に入手できるようです(詳しく知ってるわけではありません)。録音テープだと、中途半端な位置のまま返却されると、こちらで、もう一度デンスケにかけなくちゃいけません。CDだと、その手間がなくなるだけラクチンです。かなり膨大な量まで、CD1枚に納まるんだから、これからはやっぱりCDの時代だな~
同日18時追記
今、再度、検索してみました。早っ、ちゃんと「八日目の蝉」で検索かかるようになってます。「すぐやる課」になったのかな。すぐの対応、ありがとうございました。私がお礼を言うのも変だけど、図書館利用者として、お礼申し上げまする。
ここで新しい疑問。しばらく前に取り上げた、村上龍を村上竜と表記している件、予算の上からどうこうと言ってたけど、簡単に直せるんでないかい?

|

« 「八日目の・」 | トップページ | 盆ぎり »

コメント

テープ雑誌って、ものすごくたくさん各施設から送られて来るらしく、
しかも主婦の作る雑誌って似たりよったり、でも断るのも悪いし、
で、そのままポストに帰す方も多いようですよ。
ボランティアにボランティアしてるカンジで。
帰ってきたテープをチェックしてみて!
A麺の後の方に折り返しの巻き筋が無く、高速ダビングしたまま
綺麗に巻きこまれていたら・・・・それは・・・。

投稿: henatyoko | 2007年7月12日 (木) 20時12分

お、結構、辛口コメント。
利用実態は、実際のところはわかりません。先日、年1回定期的に開催されている利用者懇談会とは別に、利用者の何人かが自発的に、月に一度、感想や意見をいうグループを作りました。こういう方たちは熱心な方たちなんでしょうね。
しかし、雑誌等は、本人からの申し込みに応じて送っているので、現状でいいんじゃないでしょうかね。私も、図書館から借りた本だって、読まないで返すこともあるわけだし。雑誌類については、新規申し込み、取りやめ、それぞれ動きはあるようです。ちなみに、今日のテープのうち、90分テープ4本が雑誌です。その他のものは、雑誌ではなく、いろいろであります。

投稿: はっちょ | 2007年7月12日 (木) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/15735522

この記事へのトラックバック一覧です: [八日目の・」その後:

« 「八日目の・」 | トップページ | 盆ぎり »