« 使用前・使用後 | トップページ | 解体作業 »

2007年7月 8日 (日)

小さな姿見

録音デッキの移動で、小部屋を模様替えしました。その中のいくつかは居場所を失って、ところてんの如く押し出されました。まだ全部は片付いてません。何かに使うかもしれないと取ってある古布の類、捨てちゃえばいいんですよね。古布といっても、由緒あるものではなく、ほんとに着古した布であります。

収まりのついた物もあります。姿見。小さいとはいっても全身が映るものなので幅30センチ、長さ1メートル50センチぐらい。結構かさばります。小部屋だと関係なかったんだけど、部屋うちに鏡を置くと、夜中トイレに行くときに怖そう。何か、変なものが映るかも知れない。
どうしようかと迷ってたら、玄関の扉の横がちょうど40センチぐらいあいてます。ここに掛けるとちょうどいい。でも、姿見、安物なので、あまりしっかりした枠がついてません。

我家の日曜大工仕事人にお願いしたら、「お安い御用」とのこと。朝飯前とはいかないけれど、朝御飯のあと、姿見の足の部分をはずして、鏡部分だけにして、ピッタリはめ込んでくれました。お~、さすが。こういうときは褒めるに限る。「ほんとにこういうことすぐやってくれる人がいると助かるわ」「いやいや、やるのは誰でもできるけど、思いつく人がいないと」
あらまあ、敵も褒める作戦にしたのかな~

玄関脇にあるので、出掛けるときに全身を映してチェックできます。結構、ひどい格好だなあ。姿勢も悪い。風水のほうからいうと、玄関のところに鏡があるのはなんとやらと聞いた気もするけど、右から左に聞き流して、内容は覚えておりません。気にしないことにしよう。

|

« 使用前・使用後 | トップページ | 解体作業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/15687996

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな姿見:

« 使用前・使用後 | トップページ | 解体作業 »