« 告ぐ! | トップページ | ダメだし »

2007年6月19日 (火)

役者三代

昨日の記事にコメントいただいて、大河ドラマのこと、それに出演している柴本幸のことをチラッと書きました。柴俊夫、真野響子夫妻の娘さんです。真野響子好きなので、その娘が大河で大役張るとは・・・と年月重ねていることを実感。

お風呂にはいってるときに、それじゃ、親子三代を知ってる人っているかしらと考え始めました。二代は沢山思い浮かぶんだけど、三代はなかなかいません(私、そんなバアサンでもないし)
そしたら、佐野周二、関口宏、関口知宏がいました。佐野周二は子供のころテレビで見たような記憶がある。知宏も昼ドラでコテコテの純愛物に出てたのをみた。でも、関口宏は役者としてみたことない、司会者としてしか知らないから、役者三代ではない(私が知らないというだけです)。

のんびり湯船に浸かりながら、頭をめぐらせてたら、中村勘三郎一家がいるではありませんか。祖父、父、子、全部、役者として知ってます。祖父の勘三郎はテレビの中だけだけど、父、子は、舞台で見てます。勘三郎襲名披露の「研辰の討たれ」は最高に面白かった(その折、声をかけていただいたSさま、また面白そうなときに誘ってください。やっぱり、地元に来る公演を見るより、歌舞伎座の方が面白そうな気がする。錯覚かしら)
私、中村勘太郎がいいなあと思ってます。しかし、こんなに見事な三代が揃うと言うの、すごいなあ。うまくいくと、四代がみられるかもしれない。

何十年か後に、勘三郎の名前を継ぐのは、勘太郎かな? そうだ、波野久里子もこの血筋なんだ。やっぱり、芸事と言うのは、女系より男系のほうが継承しやすいんだ。
芸事を継承している一家は沢山あるのでしょうが、あくまで私レベル、私が自分の目で見ている人たちという話です。

こんなことを書きつつ、身近で「私の家、何十代と続いた家で・・・」といってる人がいると、もっと遡れば誰でもみんな原人にたどりつくんだよと思ってます。話の中では「由緒のあるお家柄なんですねえ」と反応してるから大丈夫。

|

« 告ぐ! | トップページ | ダメだし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 告ぐ! | トップページ | ダメだし »