« 梅仕事 | トップページ | 名刺の肩書き »

2007年6月26日 (火)

家にいます

今週は図書館が曝書(蔵書点検)週間。入館禁止なので、図書館に行く予定はありません。この1週間は、草取りして、ちょっと仕事して、「風子」さんに付き合ってと、マイペースの予定。

ちょっとこの頃、手を広げすぎだもんなあ。三連チャンで、図書館にいく日が続いた日にゃ、自分でもちょっと反省しています。それぞれ別の用事で、1日の時間としては、2~3時間だから大したことはないんだけど、それに往復の1時間が加わります。
友達から電話が入ると、「今日はお稽古の日?」なんて聞かれちゃいます。お稽古というわけではないんだけど、どうも、この年で、定期的に通うというのはお稽古の類だと思われるみたい(ちっとも上達してかないお稽古で、お師匠さん申し訳ない)。

でも、出かけていくところがあるってのはいい事だ。身辺平穏で、会の中で大喧嘩することもなく、順調に経過するとして、何年続くんだろう。確か、どこかの点字図書館は、音訳者の定年を決めてたような気がします。何歳だったか一番大切なところを覚えてません。年になるにつれて滑舌は悪くなるもんねえ。

養成講座を1年受けて、会に入ってみたら、養成講座のスタッフの方が言われたとおり、講座で受けたことはほんのとば口でした。何年ぐらいしたら、「OKよ」というレベルまで行くんだろう。同期でも、初めからそのレベルまで行ってて、バリバリやってる人もいるんですけどね。私、「あの人も何とか形になってきたわねえ」と言われるようになったら、もう年で、滑舌悪くなって引退かも~

とりあえず、自分で車を動かせるうちは続けようかなと思ってます。80歳越しても、自分で運転してたりしたら、どうしましょ。その頃には音訳の世界も一変して、肉声はなくなってるような気が致します。

|

« 梅仕事 | トップページ | 名刺の肩書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅仕事 | トップページ | 名刺の肩書き »