« 役者三代 | トップページ | 前言撤回 »

2007年6月20日 (水)

ダメだし

「風子」の音訳60分ぐらい進みました。結構な時間を費やしたのに、聞き返してみたら変。
次の章に進むときは、しかるべく聞き返して、自分の中でOK出るまで、やり直しをしてるんですけどねえ。でも、いつも録音しているその態勢で聞くと、入り込んじゃってるからわからないみたい。昨夜、お布団に寝っころがって聞き流していたら、耳に引っかかるところが沢山ある。

成程、ひとつの文は上から下へと降りていないとダメなんだ。オイオイ、その会話の運びじゃ、誰が言ってるのかわからない。会話だと思って聞いてたら、いつの間にか地の文に入っちゃってる。耳で聞いてるとわからないぞ。

ダメだしのオンパレード。やり直してちゃんとできると言うものでもないけど、やり直してみます。著者の文体に馴れるため、最初の1巻はいつもやり直しますという先輩がいるくらいだから、駆け出しの私が入れなおすのは当たり前。
でも、自分でダメだしが出るということは、それだけ耳がよくなってきたということだ。しばらく前は悪いところを指摘されても、チンプンカンプンで何もわからなかったんだからスゴイ進歩だぞ。願わくば、耳だけじゃなく、口のほうも同じスピードで良くなるといいんだけど。

今週、図書館へ行く用事が連チャンで続きます。できたら「風子」のほうに時間を使いたいなあ。でも、さぼるというのができないんですよね。真面目というか、○○真面目というか~ そういう風にさぼらないで律義に行くんで、どうも私、ヒマ人間だと思われてるような気もする。当たらずと言えども遠からずだけど、一応やらなきゃいけないことは人並みに抱えてます。

まあ、「風子」は締め切りまでにはたっぷり時間がある。ゆっくりやります。人のテープは聞いてると知らないうちに寝ちゃうことがよくあるんだけど、さすがに自分のはダメなところが気になって寝ませんでした。それどころか、いろいろ考えてたら頭の中がさえてきて、寝付けませんでした。自分のテープは睡眠薬がわりにはならないな。

|

« 役者三代 | トップページ | 前言撤回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 役者三代 | トップページ | 前言撤回 »