« お帰り | トップページ | 貧乏性 »

2007年5月 3日 (木)

プロのミス

連休後半の始まりです。我家はの~んびり連休になりそうです。地元の祭りにちょっと出向いて、〆は、エコパにサッカーを見に行く程度。何だか、普通の日曜日とそんなに変わりません。

今日も今日とて、まだ、朝御飯を食べていないのに、ブログの更新をしております(そういう生活態度ってどうよと、自分で突っ込んでおきます)。

それではまだよく働いてない頭のまま更新。昨日、「誤読がないように」という文で検索をしてこられた方が居ました。ひとつの語句や、複合ワードで検索してくる方はいますが、ひとつの文章というのは珍しい。好奇心をおこして、検索結果のページを見てみました。
音訳関係のページが並んでいるかと思いきや、神主さんのページが沢山並んでました。「祝詞」を奏上するときに、誤読をしないようにという内容。祝詞は読むんじゃなくて、奏上するというのね。確かにそんなものを誤読しちゃったら大変だ。もっとも、何かの式典に参列してて、誤読があっても気がつかないと思うけど。
和尚さんの失敗には立ち会ったことがあります。法事で、お経を上げてもらうとき、和尚さんと一緒にお経を唱和します。お経の文言わからないので、お寺で経本を貸してくれます。一度、和尚さんがお経の途中で間違って、私たちの唱えるお経のほうについてきた事がありました。それに比べたら、神主さんは自分だけで処理できそう(間違うのを前提に書いてちゃいけないか)。

昨晩、プラネットアースの総集編を見てたら、プロのアナウンサーも発音不明瞭。それもベテランの看板アナウンサー。「果敢に」といってると思うんだけどそうは聞こえない。「クカンニ」という発音に近かったので、テレビに向かって文句を言っちゃいました。それとも、果敢じゃない、別の言葉だったのかしら?

自分のテープの訂正で悪戦苦闘しているので、どうも八つ当たりしてるみたいです。朝御飯食べて、気分を変えることにします。

|

« お帰り | トップページ | 貧乏性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お帰り | トップページ | 貧乏性 »