« 間柱は? | トップページ | 3冊目決定 »

2007年4月27日 (金)

柱の総ざらい

昨日、柱のことを書いたら、「クダバシラ」というのはどんな柱ですかとメールをいただきました。漢字表記は、管柱です。興味のある向きは、グーグルでどうぞ・・・たぶん、私の説明は中途半端でいい加減なので、グーグルで見るほうが確かです。

しからば、いい加減な私の頭の中にはどんな柱があるんだろうと、頭の中をゆすって、総ざらい。
まず、第一は当然、間柱、それから管柱、通し柱、隅柱、大黒柱、床柱。柱はつかないけど、尺角、八寸角、四寸角、みんな、柱のことです(材木業界、メートル法より、いまだに尺貫法。その業界離れて数年になるので、今現在もそうかどうかは不明)
もっと知ってると思ったのにこれしかないんだ。調べれば、もっといろいろあると思います。でも、今気づいたんだけど、「柱」というのは、木の主と書くんだ。なるほど~

それでは、木と関係ないほうの柱。
霜柱、電柱(昔は木だったんだけどね)、脊柱、石柱、門柱、人柱、蚊柱、天柱(鍼灸の経穴です) あ~、もう出てこない。そういえばサッカーで柱谷という選手がいました。確かどこかのチームで監督かコーチをやってると思うんだけど。柱谷まで動員したけど、これで品切れみたいです。頭の中をゆすっても出てきそうにありません。

そういえば昔は出来て当たり前だった「読み書き算盤」、全部危うくなってます。

計算機を使うようになって、算盤を手にすることがなくなりました(それでも、我家ではまだ居間の抽斗に、現役の如く鎮座してます。長い線を引くときに活躍します)。書くのも、手書きがめっきり減ったから、漢字がアヤフヤです。だいたいのイメージはあるんだけど、書こうと思うと、度忘れしたかのごとく書けません。最後の「読み」は、他のふたつよりはできると思ってたのに、悪戦苦闘中。奥が深いと思い知らされてます。

老眼鏡にお世話になってる身としては、わからないことがあると頼りになるのは電子辞書。字が大きいので助かります。買ったのは1年前ぐらい。よく使ったので、2,3日前から電池切れのサインが出てます。ないと始まらないから買いに行かなくちゃ~ 私も使い始めてウン十年、動力切れを起こさないように注意することにします。何寸角か分らないけど、我家を支える細いほうの柱なんだから~ 太いほうの大黒柱殿は、年々太さを増すのが問題です。今ぐらいの太さで十分です。これ以上太い大黒にならないように気をつけて、我家を支えてください。

同日17時追記
午後から出かけたのですが、車の中で、柱のつく言葉を考えてました。おっと、貝柱があったじゃん。琴柱もあるよ。でも、これは「コトジ」のはず、柱を「ジ」と読むって、荒業。御柱というのもあるな。結構、頭の体操になりました。

|

« 間柱は? | トップページ | 3冊目決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 間柱は? | トップページ | 3冊目決定 »