« 業界ことば・符丁? | トップページ | 柱の総ざらい »

2007年4月26日 (木)

間柱は?

昨日書いた、「音訳の部屋」の建築用語読み方辞典、気になった言葉は「間柱」でした。材木屋は「マバシラ」といいます。「マバシラ」だの、「クダバシラ」という言葉が飛び交うなかで仕事をしていました。帰ってきた相方にも聞いたら「マバシラ」だと太鼓判を押してくれました。

音訳の部屋では、間柱という言葉、読みとして、アの行で、「アイバシラ」、マの行で「マバシラ」とふたつ載ってます。他の語ではふたつの読みがあるときはその旨記載があります。私は「マバシラ」だと思うんだけど、正式名称は「アイバシラ」なのかしらん? そう思いつつ、ネットで検索したら、やっぱりマバシラ。もし、ふたつの読み方があるならそう書いてほしいなあ。音訳の部屋、ちゃんと専門の本にあたってデータベースを作っていると承知してるのに、私の頭の中は、もう「マバシラ」のほうが光り輝いてます。

「音訳の部屋」の平松さんの講座、昨年受講しました。メールのやり取りもしたことあります。ここは、「材木屋はマバシラと言うんですが、ふたつの読み方があるならその旨書いてほしい」とお願いしよう。当方、気は早いんで、早速メールを送りました。

その日のうちに、折り返し返事をいただきました。結果は見事に大ハズレ。言葉ってむずかしい。表記は同じ間柱でも、読み方によって意味が違うそうです。
間柱・・・「アイバシラ」と読むと、茶室などの下地窓の外側につけられる装飾的な竹柱のこと。「マバシラ」と読むと木造、軽量鉄骨建築物の柱間に入れる部材だそうです。
へぇ、そうなんだ。お茶の世界、全く縁がないので知りませんでした。当方は、「マバシラ」一辺倒、知ってるのは材木関係だけです。

平松さん、建築用語読み方辞典にその旨の注を入れてくれました。注が入ったおかげで、マバシラとアイバシラの違いがわかるようになったので、怪我の功名かも(なんぞと居直ってどうする!)
ご丁寧に、他にも気がついたことあったら気軽にご連絡ください。そのほうがわかりやすい、使いやすいものになりますからとメールをいただきました。

グーグルでも、マバシラで690件、アイバシラで22件、ヒットするそうです。当方の調査不足でありました。平松さんの「インターネットでの読み方調査のコツ」の講座を受けたのに、出来の悪い受講生であります。

頭の中の知識に頼らないで、調べるのが最善のようです。これから先何年続けて、何冊の本を音訳することになるかは分りませんが、実際にはマバシラにもアイバシラにも出会うことはなさそうです。でも、もし「間柱」という言葉が出てきたら、どっちだろうとちゃんと考えるだろうな。いろんな分野の、膨大な語句の読み方をデータベース化している「音訳の部屋」はすごい。ネット上で公開すると、それぞれの分野の専門家のチェックが入るので、信頼度はより高くなるようです。
平松さん、見当ハズレのメールでお騒がせしました(そういえば、私は材木屋でもないただの素人でした)。わかりやすい注釈をつけていただいて有難うございました。

|

« 業界ことば・符丁? | トップページ | 柱の総ざらい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 業界ことば・符丁? | トップページ | 柱の総ざらい »