« 情けない | トップページ | 野次馬参加 »

2007年4月19日 (木)

ギョッ、一転大笑い

一週間に1回出向く仕事先、今日は朝早くからオクサマは用事があって外出。無人の家に入って仕事をしてました。1週間分の入金をまとめて銀行に持っていくべく、机の上に金種別に分けて集計してました。お金関係のことは、経営者の自宅でしています。

そしたら、9時半ごろ、どこかでミシミシッと物音がする。どう考えても、この家にいるのは私一人のはず。泥棒か? 今日は午後から用事もあるし、これぐらいの金額で両手両足しばられて拘束されるのはかなわないなあ~ 最近の強盗はやることが残虐だから、顔を見たといって殺されちゃうかもしれないし~

お金を広げたまま逃げちゃおうか、どうしよう・・・・そう思ってたら、階段を下りてきたのは高校生の長男坊主。こんな時間にどうして家にいるの? 高校生は学校で授業受けてる時間だよ。ボケーッとした顔で、「どうして誰も起こしてくれないんだよう、みんな僕のこと忘れちゃったみたい」と嘆いています。ボケーッとした顔と、凶悪犯の強盗の落差に大笑いしてしまいました。

「ねえねえ、遅刻の理由は何にするの」とか茶々を入れて、「行ってらっしゃい」とお母さん気分で送り出しました。オクサマの弁によると、朝一度ちゃんと起きたのに、みんなが出かけた後、どうも二度寝をしたようです。泥棒でなくて良かったよ。

「やっぱり、この家は母親がいないとダメだ」と可愛らしいことを言ってたので、その旨、オクサマに伝えたら、「ホントに遅刻なんかして・・・」と息子を罵倒しつつ、嬉しそうでした。

私は両手両足しばられることもなく、警察の現場検証に立ち会うこともなく、午後の予定をこなすことができました。メデタシ、メデタシ。これから、万一、強盗が入ってきたら、やっぱり、一目散に逃げることにしよう。

同日20時追記
二度寝坊主が目覚めた理由が分りました。私がトイレに入った扉の音で起きたそうな。あらまあ、知らないうちに一日一善をやってました。トイレに入らず静かにしてたら、奴はずっと寝てたのか~

|

« 情けない | トップページ | 野次馬参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情けない | トップページ | 野次馬参加 »