« 今日の優先順位 | トップページ | ふたつのハテナ »

2007年3月 1日 (木)

豚もおだてりゃ木に登る?

昨日の部会の終わりがけに、先輩に「来年も面倒見てもらえます?」とお願いしました。マンツーマンで、ときどき、録音したものを先輩に聞いてもらって、ご指導いただいてますます。

「いいわよ」とか、「忙しいから、今年一年で終わり」という返事が返ってくるものだと思ってました。
そしたら、「もう一年たったから、そろそろ、ホントのことをいってもいいかな?」
アチャー、そう来ましたか!

あまりビシバシ言うとやる気をなくすかなと、控えめにご指導いただいてたのでアリマスカ。
道理で「まだ始めたばかりだからこれぐらいでいいんじゃない」と穏やかな言葉だったもんなあ(他の方には厳しいことを言われてたのにね)。
何かいわれると、あれこれ考えて、迷い道に踏み込むほうです~ そうかといって、おだてられても木に登れず、木の根元で一生懸命背伸びしてるほうですけどね。
二年目、三年目と、指導はどんどん、厳しくなっていったりして~ でも、途中で、こりゃダメだ、もう伸びないと匙を投げられる可能性も高いのですが・・・

部会の途中で、役員としてあちこち出かける際の交通費の扱いが話題になりました(こちとら一向に関係のない話ですが)。その折り「私は違うけど、この会の人たち、余裕のある人たちが多いのよね」という話が出ました。「でも、自分の時間とか、力は提供するけれど、金銭的なことはちょっとと考える人もいるだろうし・・・」と。
関係ないのに、「ハイ、私、時間派のほうです」と元気よく挙手してしまいました。(そんなところで目立つようなことをするなっちゅうの)

能力はないから、力を提供しますとは言いがたいけど、やっぱり、「私、時間、提供します派」だなあ。余裕ある派ではなく、私、大貧民派。生活のレベルの差を感じることは、多々あります。

でも、大貧民、着たきり雀派を名乗って、わが道を行くことにしよう~ 背伸びしても疲れるだけだし、身の丈にあわないことをしても長続きしないものね。

|

« 今日の優先順位 | トップページ | ふたつのハテナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の優先順位 | トップページ | ふたつのハテナ »