« 不許複製 | トップページ | 大河ドラマの違和感 »

2007年2月25日 (日)

いい加減な後援会員

先日、町内の選挙関連の集まりに出てきました。そしたら、選対チームの中に、私の名前があってびっくりしました。単に名前だけですけれどね~ 選挙運動の期間中に、半日だけ、事務所に詰めることになりました。何年か前にも一度同じことがあったんだけど、そのときはホントにただ居ただけ。来訪者もなく、気楽に世間話をしていました。
今度は、一緒に事務所に詰めるメンバーにお偉方も居るから、そういうわけにはいかないんだろうな。

片足とまではいかないけど、足先ぐらいは地元候補の選挙に関係してるのに、昨日、びっくりすること発覚。

相方の行ってるデイサービス(まだ利用者にはあらず)も同じ選挙区です。そこの方に頼まれて、そこの地元の立候補者の後援会入会申込書いたとのこと。「お前の名前も書いといたから」デスト。そんな、事後承諾で言われても困ります。

町内で後援会入会申込書の記入をお願いにあがったとき、律儀に断る人もありました。
「そんなの、付き合いで書いて、選挙は自分がいれたい人を入れればいいじゃん」と思ってましたが、いい加減主義を実行している人がすぐそばにいました。おまけに人の名前まで無断で書いて~

入会申込書出せば、きっと、お礼とか依頼の電話がかかってきます。そしたら「えーっ、私は○○の選対に入ってるんですけど」と言おうかしら。

いや、それより、相方です。地元より、そのデイサービスのある所のほうがはるかに馴染んでます。ときどき、「アンタは、どこに住んでるの」と言うくらい。彼の一票はどっちに流れるんだ? 名前だけの選対なので、票の動きが読めませぬ。

私も、選挙区が同じふたりの候補者の後援会に入会してました。選対トップ殿、後援会員の数だけで票を読むのは大きな間違いですぞ。

|

« 不許複製 | トップページ | 大河ドラマの違和感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不許複製 | トップページ | 大河ドラマの違和感 »