« ジュビロ関係者各位 | トップページ | 愛ネコと大ヘビ »

2007年1月23日 (火)

無事通過

今日は午前中に、文芸春秋の校正。
赤坂太郎の記事、誤読なく、不明瞭音を指摘されることなく、無事通過しました。嬉しいよう~

結局、雑誌部同期の聞き合わせ会に提出したものではなく、新しく読み直した分を出しました。はめ込み訂正したところが目立ってしまうので、20分ぐらいなら、読み直してしまったほうが早いです。読み直すとチェックしてくれる人はいないので、また違うところで変な読み方をしてしまう可能性はあるのですが~ 無事通過で良かった良かった。
ま、声が低いのは相変わらずです。

引き続き、午後に、部会と新年会開催。
新年会をなぜやるのかが良くわかりました。この時期、来年度、どの部に所属するか申告する書類を出します。
今、私は身の程知らずに「雑誌部」と「声部」に所属していて、かなりあわただしいです。それなのに、新入部員の同期の中から、製作部に1~2人出すように言われ、断るのが下手な私が出ることになってしまいました(私で大丈夫か? おおいに疑問)。
ウ~ン、3つの部に所属するのは無理だ。文芸春秋を読むのは隔月です。読んで、校正、聞き返し、発送と忙しい。当番になると1日半はまるまるダビングにかかりっきり。ちと忙しすぎる。雑誌部をやめようと思ってました。(声部の担当は、何ヶ月かに一度です。昔話など、5分程度の短い話は隔月で読みますが。勿論、こちらも聞き返し、発送は毎月あります)

適当にさぼって手を抜けばいいのに、それが上手に出来ないんですよね。

雑誌部は、文芸春秋だけじゃなく、NHK俳壇、短歌、音楽の友、レコード芸術、他にも何種類か、雑誌を音訳してます。一度雑誌部から籍を抜いちゃうと戻りにくい。せっかく縁が出来たんだから、俳句を読むことにしたらといわれました。それなら、事情に応じて1年に1回だけでもいいしと・・・・たぶん、実際に始めたら、そういうわけにはいかないんですよね。

でも、刺激にもなることだしと思って、雑誌部にも籍を置いて、俳句を読むグループに入ることにします。

製作部も、初めは事務仕事だけだというから大丈夫だろう。そのうち、校正の研修会もあるそうだし~ まあ、ヒマなんだから、面白そうなことはやってみましょう。かくして、また家事の手はどんどん抜くのだ。
「元気で外に出ているほうがいいと思うよ」と相方が言ってるので、天下公認で、心おきなく遊びほうけることにします。

|

« ジュビロ関係者各位 | トップページ | 愛ネコと大ヘビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジュビロ関係者各位 | トップページ | 愛ネコと大ヘビ »