« 焼納祭 | トップページ | 音訳2冊目スタート »

2007年1月29日 (月)

ポカポカ陽気

月末恒例の仕事で、銀行に行ってきました。勿論歩き、片道20分くらいかな。帰り道にひったくりにあうとヤバイのですが、金を持っていそうな風体をしてないから大丈夫。

このあたりは冬でも陽光さんさん、光の春といったりしますが、この陽気は何だ。光の春どころか、ほんとの春。いえ、春を通り越して、今は5月とか、6月とか言われても納得します。
道すがら、あちこちの家々をのぞいて、「お庭拝見」をしてきました。
梅がほころび始めているかと思えば、満開の梅もあり。菜の花の黄色・・・と、これで1月なんでしょうか?

来年度は、俳句のグループに入るんですが、これじゃ、季語より、実際の季節のほうがはるかに先走りしてそうです。私が俳句を作るわけじゃないからいいけど・・・どうせ、いろいろ勉強することになるんだから、ちょっとはかじってみようかなという気はあるんですけどね。

俳句の世界、全く不案内ですが、季語もどんどん新しいのが追加されてるんでしょうね。冬の季語がどんどん減って、夏の季語がその分増えたりして~
NHK俳句、2月20日必着のお題が「春の雪」です。春の雪どころか、こちとら、冬の雪も無縁です。お目にかかったこともない。風花が舞うと大騒ぎします。

地球温暖化も、生易しいネーミングにするから、いけないのです。なんか、暮らしやすくなるようなイメージですもん。地球灼熱化とか、地球高熱化にすればいいのに~

銀行まで歩いていった日は、帰り道、パン屋さんに寄るのが楽しみ。趣味と実益を兼ねてという道楽仕事でやっているパン屋さんです。開店する曜日は決まっているんですが、当方の予定となかなかあいません。
今日はどうかなと思ったら、「しばらく休みます」の張り紙。あら、残念、おいしかったのになあ。お昼ご飯はパンのつもりだったのにどうしようとテクテク歩いてたら、自動車販売のパン屋さんと行き会いました。ものは試しと買ってみました。おいしいといいんだけどな。今から、そのパンをいただくことにします。

|

« 焼納祭 | トップページ | 音訳2冊目スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 焼納祭 | トップページ | 音訳2冊目スタート »