« 音訳2冊目スタート | トップページ | 栄光の姿、今いずこ »

2007年1月31日 (水)

風が吹けば桶屋が儲かる

朝刊に、はんこ屋さんの大きな広告が出てました。

「4月1日の政令都市移行に伴って、住所変更になります。3月、4月は混み合うので、ゴム印の注文はお早めに」

そうか、住所が変わるんだ。
政令都市移行って、何がどうなるか現実感なくて、別の世界で起こってるような気がしてたけど、実際にいろいろ影響はあるのね。

会社の登記もしなおさなきゃいけないのかなあ? それとも自動的に変わるのかな?
まあ、手続きが必要なら、司法書士さんから連絡が入るでしょう。

もう、手形も、小切手も切ってないから、別にゴム印なくても不都合はないんだよね。別に、ゴム印代を惜しむわけじゃないけど、手書きにしようかしら。
仕事を大幅に縮小したので、年に何回か、役所に出す書類にゴム印押すだけだもんね。

しかし、当方はこんな悠長なことを言ってるけど、各社の事務担当者は大変だろうな。
印鑑業界と、印刷業界は、ときならぬ特需ですよね。

私立の学校で、制服が時々変わるのは、それなりのお金が動くからだというウワサを聞いたことがあります(ほんとかどうかは知りません。あくまで単なるウワサ)。なんか、さもありなんという話です。

政令都市移行は、そんなレベルの話ではないけれど、実際、1市民として、何かメリットあるんでしょうか?予算や、権限が、国・県レベルから、市に移管になるといっても、末端はあまり影響がないような気がするんですが・・・・
そもそも、なにがどうなるかさえ、わかってません。今のところは、ゴム印を作り直そうかどうしようかと、考えている按配です。

そういえば、録音図書を発行する宛名カードも、政令都市移行の住所変更で、全部作り直すとか言ってたっけ。キャッ、大変な作業。いえ、別に私がメインでやるわけじゃないんだけど、それなりに動員がかかるんだろうなあ。

関係ないどころの話じゃありませんでした。

|

« 音訳2冊目スタート | トップページ | 栄光の姿、今いずこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 音訳2冊目スタート | トップページ | 栄光の姿、今いずこ »