« システム不備 | トップページ | 水上勉ブーム »

2006年12月15日 (金)

某銀行の仕事ぶり

昨日の午前中は、仕事をしていました。メシの種だから、ちゃんと仕事もしないと~

銀行の用事、ほとんどATMで済ませてしまいますが、昨日の仕事先はかなりの額の新券を出金します。両替機というわけに行かないので、入出金とも窓口でやります。
昨日は、銀行では振込など他の用事はなし。現金の入出金だけです。7人待ちなのに、開いてる窓口はひとつだけ。これは待つだろうなと、券だけとって郵便局に先に回りました。時間のかかるような用事の人が窓口を利用するんですよね。郵便局での振込みを済ませて、銀行に戻ると、すぐ番号を呼ばれました。

忙しいせいか、いつもの窓口業務の人ではなく、応援の年配の男性です。毎週決まって新券で出金をお願いしているのですが、不安になったので「新券出金です」と言葉を添えました。

ところがいい加減待っても、出来上がりません。窓口も、3箇所開いて、スイスイ順番待ちの人がはけていきます。待ちくたびれて、うろうろしていたら、ATM裏の銀行員が操作する現金出納機が見えました。かの男性、なんか操作がわからなくて戸惑ってるみたい。いちばん近くの窓口の女性にひとつひとつ確認しながら操作してます。あ~ら、何やってるんでしょ。まだまだ出来ない。いつもなら、今頃はとうに出来てます。

そのうち、彼、どこかに行っちゃいました。もう待ちくたびれて、自分の顔、変わってきたのがわかります。窓口女性に確認。
「○○だけど、まだ?」
「すみません、金庫にお金を取りに行ってます」

なんか、その返事を聞いたらおかしくなってきました。彼はしばらくして戻ってきたんだけど、それから出納の手続きに時間を費やし、それから、また延々と~

私の顔は元に戻ったんだけど、窓口女性の顔が変わってます。しばらくして、かの足手まとい氏が、私のお願いした出金分の現金を、窓口女性のところへ持ってきました。
「確認してありますか」と女性に言われても生返事。女性、何もいわず、サーッと数え始めました。硬貨もかなりの量があったんですが、「こういうのはゴムでまとめないと運びにくいですよね」と、私に向かって言ってはいますが、矛先は足手まとい氏です。

暇つぶしに銀行員の動きを見たり、防犯装置を確認したりと、泥棒の下見みたいな時間も終わり、やっと仕事先に戻ってきました。
「どうしたの、ずいぶん時間がかかったじゃない」と仕事先のオクサマにいわれ(別に叱責されてるわけではありません)、足手まとい氏と窓口女性とのやり取りを再現したら、うけてました。

「いやあ、私じゃなく、ここの奥さんだったら、とうに切れて帰ってるころよ」と言ったら、当の本人は「失礼ね」といってたけど、当たってると思います。

でも、年齢を重ねると、手伝っているつもりで、かえって足手まといになってるのはよくあることです。私も気をつけなくては~ 銀行さんも、人員配置は気をつけましょうね。

|

« システム不備 | トップページ | 水上勉ブーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« システム不備 | トップページ | 水上勉ブーム »