« 某銀行の仕事ぶり | トップページ | 地名変更・こんなのあり? »

2006年12月16日 (土)

水上勉ブーム

ここ1週間ほど、「水上勉、みずかみつとむ、みなかみつとむ」等、彼の名前の読み方で検索されてくる方が目立ちます。別に、彼が世間で急に脚光を浴びてるわけでもないと思うのに、どうしてなんだろ?
授業とか、講座で、水上勉の名前ををどう読むかなんてのが取り上げられてるんでしょうか。

このブログを開いても役に立つようなことが書いてなくて申し訳ありません。
先日の「読みの調べのコツ」の講座で教えてくださった平松陽子氏(音訳の部屋のホームページの方)によると、国会図書館は一度、著者の読み方の名前を決めるとそれで通す、変更はしないとのこと。だから、国会図書館で検索しても、「みなかみつとむ」でしか出てこないとのことです。国会図書館の方針なのでしょうが、変な話ですよね。

しばらく前の話ですが、当市の図書館でも、「村上龍」で検索しても1冊もヒットせず。そんなバカなと思ったら、全部、村上竜で登録してありました。村上龍さん、あなたは村上竜さんじゃないですよね。

検索ワードといえば、「ミッソーニ、コート」のふたつの言葉で検索してこられた方がいました。12日の「着たきり雀」の中で、「ミッソーニ 毛皮のコート ユニクロぞ」という駄句を載せたためです。検索元を見てみたら、ミッソーニのページ、ファッション関係のページ、ミッソーニファンのページが並んでる中に、このはっちょの日記が大きな顔をしていました。セレブの中に、はなたれ小僧が混ざった気分。

ミッソーニを買おうと思っていろいろ情報を集めている人がこのページを見たら、何だこりゃ、大ハズレと思うに違いありません。ご愁傷様です。

検索ワードは、ホントに言葉ひとつでかかるので、何気なしに使った言葉が検索にかかって、ブログが見られることになります。ブログを書く楽しみは勿論ありますが、この頃は検索ワードでも結構楽しんでます。

今、久しぶりに検索ワードの順位を見てみたら、1位 直葬、2位 みなかみつとむ、3位 軍刀。みなかみつとむはいいとして、1位と3位が、直葬と軍刀ですよ。書いたのはずいぶん前なのに、継続して検索にかかってます。書いた本人は、そういえばそんな事を書いたなあといういい加減さです。どっちにしても、そんなにお役に立つような内容がなくて申し訳ない。

|

« 某銀行の仕事ぶり | トップページ | 地名変更・こんなのあり? »

コメント

国会図書館のサイトで検索してみましょう。
http://opac.ndl.go.jp/index.html

投稿: 通りすがり | 2006年12月16日 (土) 18時35分

>通りすがりさん
国会図書館の書誌情報、比較的利用しているほうなんですが、国会図書館も、いよいよ、「ミズカミツトム」に変えてくれたのかと、期待して調べてみました。著者名の読みの個人著者標目」依然としてミナカミツトムのままでした。水上勉の2005年発行の本の著者標目で調べたから、方針は変わってないですね。

投稿: はっちょ | 2006年12月16日 (土) 19時31分

追記です。私の場合、書誌情報は、水上勉の本は何があるかを調べるより、水上勉の名前は何と読むかの用途で使っているので、やや特殊な使い方だと思います。この前の講座では、「柄谷行人」氏も、読み方が二通り存在する例であげられていました。どちらかに統一はできないんでしょうかね。
平松陽子さんも、どこかのリンクの紹介で、「ひらまつようし」とあり、訂正を申し入れたものの、お役所仕事のいろんな絡みで、ちゃんとした読みになるのに、4ヶ月かかったそうです。


投稿: はっちょ | 2006年12月16日 (土) 22時15分

>通りすがりさん
呑み込みが悪くてすみません。「国会図書館」という言葉で検索という意味だったんですね。検索してみたら、どうしてこのブログ見てくれる人が多くなったかわかりました。
国会図書館のページで「水上勉」を検索すれば、読み方が変わってるよというご指摘かと思って、前のような追記を書いた次第です。
教えていただいて有難うございました。

投稿: はっちょ | 2006年12月17日 (日) 09時18分

はじめまして。水上先生の故郷に住んでいる者です。ミズカミツトムが正解です。お生まれになったのがミズカミツトムで、それからペンネームはいろいろあります。水上若狭男、水上若狭夫、水上務、雁の寺はみなかみつとむです。他にも、みながみつとむ、みなかみべんなどありますが、先生は昭和61年の日本文芸協会の会議のときにミズカミツトムだと宣言され、62年発行の岩波書店「図書」に「姓名のこと」と題した文の中で「やっぱりミズカミツトムでいきたいと思う」と書かれています。みなかみのほうが、関東では自然な読み方だったのでそれでよかったらしく、いかにも先生らしいと思います。そんなことですわ。

投稿: | 2006年12月19日 (火) 11時41分

>光さん
情報有難うございます。そんなにペンネームが沢山あったとは知りませんでした。また、ご本人の宣言、「図書」での文章など、詳しい経緯をはじめて知りました。とても参考になりました。ご本人の要望どおりの「ミズカミツトム」になるといいですね。国会図書館の担当の方、方針を切り替えませんか?

投稿: はっちょ | 2006年12月19日 (火) 13時13分

はっちょさん、ごていねいにすみません。水上先生の読み方はFAQのトップ1です。頻繁に聞かれるので調べた結果のことです。お役に立てて嬉しいです。新参者ですのでこれからもよろしくお願いします。

投稿: | 2006年12月19日 (火) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 某銀行の仕事ぶり | トップページ | 地名変更・こんなのあり? »