« 海坂藩 | トップページ | 運動会日和 »

2006年11月 4日 (土)

口笛ブーム

先日、ラジオで見事な口笛を聞いて以来、我家では口笛ブームです。

というより、何とか口笛を吹こうとしているのがひとり。「どうやったら音階が出るの」と質問攻めにあって困っているのがひとり。

私、口笛を吹くと、ピッ、ピッ、ピーと音は出るんです。でも、単音だけ。音階が出ないんです。どこをどうすれば音階が出るのかわからない。

口笛を吹ける人は、「だって自然に音階は出るから、そんな事聞かれてもわからん」というだけです。

敵は、今朝は「怪傑ハリマオ」と「赤胴鈴之助」を気持ちよく吹いてます。これ幸いと口笛を伴奏にして、朝から大きな声で歌ってました。

「け~んをとってはに~っぽんいちのゆ~めはた~のしいしょう~ね~んけ~んし」

伴奏者からストップがかかりました。「なんか変」とのこと、続けて、「剣の道は厳しいんだから、夢は楽しいんじゃなく、夢は大きいと歌わなくちゃ~」 なるほど、納得、大笑い。本人は正しいと思って歌ってるのに、音程が変とチェックされることは、しばしば(はっきりいうと音痴ってことです)。この頃はメロディだけじゃなくて、歌詞も適当に作ってるのよねぇ。作詞・作曲は私と居直ればいいんだ。家の中で歌うだけなんだから~

赤胴鈴之助といえば我らがジュビロ君。もっぱら、弱きを助け、強きをくじいてます。リーグ戦で優勝争いしている上位相手にはがんばるのに、降格争いしている下位チームにはコロッと負けてます。今日は天皇杯4回戦、J2の柏レイソルが相手です。弱きを助けるってことはないよね。弱きを助けてると、自分が沈没するぞ。

もう、今日は赤胴鈴之助は歌わないほうがいいかな。今日の歌は、怪傑ハリマオにしよう。「真っ赤な太陽、燃~えている、果て~ない南の大空に轟きわたる雄叫びは、正しいものに味方する、ハリマオ、ハリマオ、僕らのハリマオ~」 あってます?

同日16時40分追記

柏レイソル戦、テレビもラジオも中継なくて、ときどき、ジュビロのホームページを見てました。オイオイ、ほんとに弱きを助けるのか?赤胴ジュビロ之助。突然、ページが重くなって更新できなくなりました。オ~イ、どうなったんだ?

天皇杯で検索して、他のページを見たら、延長でも双方得点なし。PKで9対8で勝利。なんとまあ、言葉もありません。

|

« 海坂藩 | トップページ | 運動会日和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海坂藩 | トップページ | 運動会日和 »